4903 Movies

アンホーリー The Unholy (2021)

魔女として処刑された女性の霊に襲われる人々の恐怖を描く、製作サム・ライミ、製作、監督、脚本エヴァン・スピリオトポウロス、主演ジェフリー・ディーン・モーガン、クリケット・ブラウン、ウィリアム・サドラーケイティ・アセルトンケイリー・エルウィスディオゴ・モルガド他共演のホラー。

アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト
監督:エヴァン・スピリオトポウロス
製作
サム・ライミ
エヴァン・スピリオトポウロス
ロブ・タパート
製作総指揮
ロメル・アダム
アンドレア・アジェミアン
原作:ジェームズ・ハーバートShrine
脚本:エヴァン・スピリオトポウロス
撮影:クレイグ・ロブレスキー
編集:ジェイク・ヨーク
音楽:ジョセフ・ビシャラ

出演
ジェラルド”ジェリー”フェン:ジェフリー・ディーン・モーガンアリス・パジェット:クリケット・ブラウン
ウィリアム・ヘイガン神父:ウィリアム・サドラー
ナタリー・ゲイツ医師:ケイティ・アセルトン
ジャイルズ司教:ケイリー・エルウィス
デルガード司教:ディオゴ・モルガド
ギアリー:ベイツ・ワイルダー
メアリー・エルノア:マリーナ・マゼパ
モニカ・スレイド:クリスティーン・アダムス
トビー・ウォルシュ:ダニー・コルボ/ソニー・コルボ
ソフィア・ウォルシュ:ジセラ・チップ
ダン・ウォルシュ:ダスティン・タッカー
マックス:マイケル・シュトラウス
アリスを崇拝する少女:マディソン・ラプランテ
プレスコット神父:ビル・ソープ

アメリカ 映画
配給 Sony Pictures Releasing
2021年製作 99分
公開
北米:2021年4月2日
日本:未公開
製作費 $10,000,000
北米興行収入 $15,532,140
世界 $30,832,140


ストーリー
1845年2月31日、マサチューセッツ州、バンフィールド。
ある女性(マリーナ・マゼパ)が魔女として捕らえられ、仮面を釘で打たれた後に火炙りとなる。
女性の霊は、一緒に葬られた人形の中に閉じ込められる。
虚偽報道で仕事を失い落ちぶれたジャーナリストのジェラルド”ジェリー”フェン(ジェフリー・ディーン・モーガン)は、マックス(マイケル・シュトラウス)の依頼でバンフィールドで起きた異常現象の取材に向かう。
取材をするものの、牛に子供がイタズラしただけだったために帰ろうとしたジェリーは、その場の異様な木が気になる。
ジェリーは、木の根元に埋まっていた人形を見つけて、”1845年2月31日”という日付を確認する。
人形が農家のお守りだと知ったジェリーは、それが壊された時に牛の怪死が始まったという物語を作り、人形を踏みつけて記事にしようとする。
人形をその場に放置して、町を去ろうとしたジェリーは、街道で女性を轢きそうになり事故を起こす。
女性を追ったジェリーは、彼女が昼間の木に向かったことに気づく。
木に向かい”魂を捧げる”と話した少女は、ジェリーの前で意識を失う。
ジェリーは少女を教会に運び、彼女がウィリアム・ヘイガン神父(ウィリアム・サドラー)の姪アリス・パジェット(クリケット・ブラウン)で聾唖だと知り驚く。
駆け付けた主治医のナタリー・ゲイツ(ケイティ・アセルトン)と話をしたジェリーは、アリスが木に語りかけていたことを伝えるものの信じてもらえない。
本当の異常現象の可能性があると考えたジェリーは、翌日マックスに連絡し、アリスのことを取材することを伝えて町に残るのだが・・・。


解説 評価 感想

1983年に発表された、ジェームズ・ハーバートのホラー小説”Shrine”を基に製作された作品。

製作サム・ライミ、脚本家として知られるエヴァン・スピリオトポウロスの、製作と脚本を兼ねた監督デビュー作ということで注目された。
ジェフリー・ディーン・モーガン、クリケット・ブラウン、ウィリアム・サドラーケイティ・アセルトンケイリー・エルウィスディオゴ・モルガドなどが共演している。

キリスト教の世界観を描いた作品としては平凡な内容であり、ホラーとして驚くべき恐怖を感じさせるシーンも少ないためか評価は低く、興行収入も北米で約1550万ドル、全世界でも約3100万ドルに終わった。

主演のジェフリー・ディーン・モーガンは、虚偽報道により落ちぶれたジャーナリストを演じ、悪霊にとり憑かれた少女を守ろうとする主人公を熱演している。

聾唖でありながら、先祖の霊に利用され奇跡を起こす少女クリケット・ブラウン、彼女の叔父である教区の神父ウィリアム・サドラー、彼の主治医であり主人公に協力するケイティ・アセルトン、少女の行いを奇跡と認定する司教ケイリー・エルウィス、同じくバチカンから派遣される司教ディオゴ・モルガド、主人公の取材を受ける地元の牧場主ベイツ・ワイルダー、1845年に魔女として処刑された女性マリーナ・マゼパ、新聞社のデスク役クリスティーン・アダムス、少女が起こす奇跡で歩けるようになる少年ダニー・コルボとソニー・コルボ、その両親ジセラ・チップとダスティン・タッカー、主人公に取材を依頼するマイケル・シュトラウス、奇跡を起こす少女を崇拝するマディソン・ラプランテ、1845年に女性を処刑する神父のビル・ソープなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022