4216 Movies

タイムマシン The Time Machine (2002)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

イギリスのSF作家H・G・ウェルズが1895年に発表した、古典的名作である同名小説を基に製作された作品で1960年に続き2度目の映画化。
恋人を殺された大学教授が空間移動装置の”タイムマシン”を発明し、彼女の運命を変えようとする過程で地球の危機を知り新たな人生を歩もうとするまでを描く、監督サイモン・ウェルズゴア・ヴァービンスキー、主演ガイ・ピアースサマンサ・マンバジェレミー・アイアンズ他共演のSFアドベンチャー大作。


SF


スタッフ キャスト ■
監督
サイモン・ウェルズ

ゴア・ヴァービンスキー
製作総指揮
アーノルド・レイボヴィット

ローリー・マクドナルド
ジョーグ・サラレグイ
製作
ウォルター・F・パーク

デヴィッド・バルデス
原作:H・G・ウェルズ
脚本:ジョン・ローガン
撮影:ドナルド・マカルピン
編集:ウェイン・ウォーマン
音楽:クラウス・バデルト

出演
アレクサンダー・ハーデゲン:ガイ・ピアース

マーラ:サマンサ・マンバ
ケイレン:オメーロ・マンバ
ウーバー=モーロック:ジェレミー・アイアンズ
ボックス・NY114:オーランド・ジョーンズ
エマ:シエンナ・ギロリー
ウォチット夫人:フィリーダ・ロウ
デイビッド・フィルビー博士:マーク・アディ

アメリカ 映画
配給
ワーナー・ブラザーズ(世界)
ドリームワークス(北米)
2002年製作 95分
公開
北米:2002年3月8日
日本:2002年7月20日
製作費 $80,000,000
北米興行収入 $56,684,820
世界 $123,729,180


アカデミー賞 ■
第75回アカデミー賞
・ノミネート
メイクアップ賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1899年1月、ニューヨーク
コロンビア大学で教鞭を執る、応用機械工学の権威でもあるアレクサンダー・ハーデゲン博士(ガイ・ピアース)は、恋人エマ(シエンナ・ギロリー)にプロポーズする。

しかし、アレクサンダーがエマに指輪を渡した直後、彼女は、現れた暴漢に射殺されてしまう。

4年後。
エマの死後、アレクサンダーは友人デイビッド・フィルビー博士(マーク・アディ)にも会おうとせず、部屋に閉じこもり、ある研究に没頭していた。

そしてアレクサンダーは、ついに時空を越える移動装置”タイムマシン”を完成させる。

過去に戻り、エマを救おうと、彼女が殺された場所から遠ざかり、違う行動をとったアレクサンダーだったが、エマは、不運にも馬車に轢かれて死亡してしまう。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1899年、ニューヨーク
コロンビア大学の教授アレクサンダー・ハーデゲンは、恋人エマにプロポーズする。
しかし。エマは暴漢に射殺されてしまい、失意のアレクサンダーは、ある研究に没頭する。
4年後、アレクサンダーは、過去に戻りエマを救う目的で、空間移動装置の”タイムマシン”を発明することに成功する。
時空を越える実験を続けるアレクサンダーだったが、エマの運命を変えられないことを知る。
仕方なくアレクサンダーは未来へと向かい、地球に危機が迫っていることを知る。
さらにアレクサンダーは、80万年後の世界に着き、無気力な種族を獲物にするリーダーから、”タイムマシン”で恋人を救えない矛盾を知らされる。
そして、アレクサンダーは、新たな決意を抱き、人類の危機を回避するために、戦おうとするのだが・・・。
__________

監督が、原作者H・G・ウェルズの曾孫のサイモン・ウェルズということで話題になった作品だが、彼は撮影途中に体調を崩し、ゴア・ヴァービンスキーに降板したという経緯がある。

原作とはかなり違った展開もあるが、20世紀初頭の舞台設定であるため、レトロな雰囲気のタイムマシンのデザイン、特撮を駆使した空間移動のシーンなどは、目を見張る出来栄えとなっている。

旅立つ動機が原作とは違うので、一概に比較は出来ないが、80万年の旅の末にたどり着く、未来の原始的な世界の造形物などは興味深いものの、モンスター軍団”モーロック”が登場する辺りからは、原作の持つ子供心に似たような、夢を追う主人公のイメージから掛け離れてしまい、ホラー映画のようになってしまったのは残念だ。

8000万ドルの製作費をかけた作品にも拘らず、北米の人気は上がらず、約5700万ドルの興行収入に留まる。
しかし、全世界では約1億2400万ドルのヒットとなった。

冒険心を抱く”夢の旅”というよりも、悲壮感が漂う主人公を演ずるガイ・ピアースは、見方によって好き嫌いが別れるような気もする。

理想郷で暮らす未来の種族サマンサ・マンバオメーロ・マンバ、化け物モーロックのリーダー、ジェレミー・アイアンズ、情報案内システムのオーランド・ジョーンズ、主人公の恋人シエンナ・ギロリー、家政婦フィリーダ・ロウ、友人のマーク・アディなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020