4352 Movies

サイレンサー/沈黙部隊 The Silencers (1966)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ドナルド・ハミルトンの小説”The Silencers”(1962)と”Death of a Citizen”(1960)を基に製作された「サイレンサー」シリーズ第1作。
核実験を利用して世界征服を企む国際犯罪組織の陰謀を阻止しようとするエージェント”マット・ヘルム”の活躍を描く、監督フィル・カールソン、主演ディーン・マーティンステラ・スティーヴンスダリア・ラヴィビクター・ブオノ他共演のスパイ・アクション・コメディ。


アクション/アドベンチャー

ディーン・マーティン Martin and Lewis / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:フィル・カールソン

製作:アーヴィング・アレン
原作
ドナルド・ハミルトン
The Silencers
Death of a Citizen
脚本:オスカー・ソウル
撮影:バーネット・ガフィ
編集:チャールズ・ネルソン
音楽:エルマー・バーンスタイン

出演
マット・ヘルム:ディーン・マーティン
ゲイル・ヘンドリックス:ステラ・スティーヴンス
ティナ:ダリア・ラヴィ
タン=ツェ:ビクター・ブオノ
ジョー・ウィグマン:アーサー・オコンネル
サム・ガンサー:ロバート・ウェッバー
マクドナルド:ジェームズ・グレゴリー
バーバラ:ナンシー・コヴァック
アンドレイエフ:ロジャー・C・カーメル
サリタ:シド・チャリシー
ラヴィー・クラヴェジィット:ビヴァリー・アダムス
ドミノ:リチャード・デヴォン

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
1966年製作 102分
公開
北米:1966年3月16日
日本:1966年6月4日
製作費 $3,500,000
北米興行収入 $16,318,120


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
国際犯罪組織”ビッグO(オー)”の工作員アンドレイエフ(ロジャー・C・カーメル)は、アメリカの情報組織ICE(Intelligence and Counter Espionage)のエージェント、マット・ヘルム(ディーン・マーティン)を抹殺するため、部下のドミノ(リチャード・デヴォン)らにヘルムの名を刻んだ弾丸を渡す。

ICE。
ヘルムの上司マクドナルド(ジェームズ・グレゴリー)は、ある女性エージェントのパートナーとして、休職中のヘルムを復職させようとする。

写真家として優雅に暮らしていたヘルムは、マクドナルドからの電話を無視して、秘書のラヴィー・クラヴェジィット(ビヴァリー・アダムス)と楽しい時間を過ごす。

雑誌社からの連絡を受けたヘルムは、ラヴィーと共にアカプルコに向かうことになる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「サイレンサー/沈黙部隊」(1966)
・「サイレンサー/殺人部隊」(1966)
・「サイレンサー/待伏部隊」(1967)
・「サイレンサー/破壊部隊」(1968)

*(簡略ストー リー)
休職中のアメリカ情報組織ICE(Intelligence and Counter Espionage)のエージェント、マット・ヘルムは、現われた同僚のティナと共に、国際犯罪組織”ビッグO(オー)”の、核実験を利用した世界征服計画を阻止する任務につく。
ティナと共にフェニックスに向かったヘルムは、ビッグOから寝返った科学者が、ダンサーのサリタに渡すテープを手に入れようとする。
旅行者だと言うゲイルと出会ったヘルムは、クラブのステージ上で殺されたサリタからテープを受け取った彼女を敵のスパイだと思い疑うのだが・・・。
__________

ドナルド・ハミルトンの小説を基に製作され作品で、”007シリーズ”の成功によるスパイ映画ブームに乗ったシリーズ第1作。

核実験にミサイル攻撃を仕掛けて世界征服を企む、国際犯罪組織”ビッグO(オー)”の陰謀を阻止しようとする、アメリカの情報組織ICEのエージェント”マット・ヘルム”の活躍を描くスパイ・アクション・コメディ。

コメディであるために”007シリーズ”に比べるとかなり滑稽な内容ではあるが、アクションなどを含めて十分に楽しめる作品に仕上がっている。

何と言っても、酒好きでプレイボーイのエージェント”マット・ヘルム”を演ずるディーン・マーティンが、持ち味を活かした演技で熱演し、歌なども随所に挿入され、ファンを大いに楽しませてくれる。

主人公にスパイと疑われながら協力する、風変わりな女性を魅力的に演ずるステラ・スティーヴンス、前年の「ロード・ジム」(1965)とは全く違う役柄が興味深い、主人公の同僚ではあるが二重スパイだったダリア・ラヴィ、国際犯罪組織”ビッグO”のリーダー、ビクター・ブオノ、その部下である工作員アーサー・オコンネル、同じくロバート・ウェッバー、主人公の上司ジェームズ・グレゴリー、ビッグOの工作員ナンシー・コヴァックロジャー・C・カーメルリチャード・デヴォン、主人公の秘書ビヴァリー・アダムス、そして、ダンサーとして登場するシド・チャリシーが見事なパフォーマンスを披露してくれる。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020