4509 Movies

サイレンサー/殺人部隊 Murderers’ Row (1966)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1962年に発表された、ドナルド・ハミルトンの小説”Murderers’ Row”を基に製作された「サイレンサー」シリーズ第2作。
首都を壊滅させようとする国際犯罪組織の陰謀を阻止しようとするエージェント”マット・ヘルム”の活躍を描く、監督ヘンリー・レヴィン、主演ディーン・マーティンアン=マーグレットカール・マルデン他共演のスパイ・アクション・コメディ。


アクション/アドベンチャー

ディーン・マーティン Martin and Lewis / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ヘンリー・レヴィン

製作:アーヴィング・アレン
原作:ドナルド・ハミルトンMurderers’ Row
脚本:ハーバート・ベイカー
撮影:サム・リーヴィット
編集:ウォルター・A・トンプソン
音楽:ラロ・シフリン

出演
マット・ヘルム:ディーン・マーティン
スーザン”スージー”ハミルトン:アン=マーグレット
ジュリアン・ウォール:カール・マルデン
ココ・デュケット:カミラ・スパーヴ
マクドナルド:ジェームズ・グレゴリー
ラヴィー・クラヴェジィット:ビヴァリー・アダムス
ノーマン・ソラリス博士:リチャード・イーストハム
アイアンヘッド:トム・リース
ビリー・オーカット:デューク・ハワード
警備員:テッド・ハートリー
デヴロー警部:マルセル・ヒライヤー
ミス・ジャニュアリー:コリンヌ・コール
ローガス博士:ロバート・テリー
本人:ディーン・ポール・マーティン
本人:デジ・アーナズJr.
本人:ビリー・ヒンチ

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
1966年製作 105分
公開
北米:1966年12月20日
日本:1967年1月27日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
国際犯罪組織”ビッグO(オー)”のリーダー、ジュリアン・ウォール(カール・マルデン)は、宇宙最大の爆弾”太陽”を利用して、ワシントンD.C.を10日以内に攻撃することを考えていた。

ウォールは、部下のアイアンヘッド(トム・リース)らに、邪魔な存在である各国の諜報員を抹殺させる。

アメリカの情報組織ICE(Intelligence and Counter Espionage)のエージェントであるマット・ヘルム(ディーン・マーティン)は、休職して写真家として活躍していた。

ミス・ジャニュアリー(コリンヌ・コール)の撮影を終えたヘルムは、秘書のラヴィー・クラヴェジィット(ビヴァリー・アダムス)に、予定とは違うミス・ジュライが来たことを伝える。

上司のマクドナルド(ジェームズ・グレゴリー)からの電話を受けたヘルムは、忙しいと言って電話を切ってしまう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「サイレンサー/沈黙部隊」(1966)
・「サイレンサー/殺人部隊」(1966)
・「サイレンサー/待伏部隊」(1967)
・「サイレンサー/破壊部隊」(1968)

*(簡略ストー リー)
国際犯罪組織”ビッグO(オー)”のリーダー、ウォールは、太陽を利用した特殊な光線でワシントンD.C.を壊滅させることを考える。
アメリカの情報組織ICE(Intelligence and Counter Espionage)のエージェントであるマット・ヘルムは、敵の目を欺くために死亡したように見せかける。
上司のマクドナルドから、光線の材料となる鉱石の送り先と、そのカギを握る科学者ソラリス博士の所在を突き止めるよう指示され、”コート・ダジュール”に向かうのだが・・・。
__________

ドナルド・ハミルトンの小説を基に製作されたシリーズの第2作。

首都ワシントンD.C.を壊滅させようとする国際犯罪組織”ビッグO(オー)”の陰謀を阻止しようとする、アメリカの情報組織ICEのエージェント”マット・ヘルム”の活躍を描くスパイ・アクション・コメディ。

イマイチパンチが足りないヘンリー・レヴィンの演出が気になるが、お馴染みのお色気とユーモア満載の内容に加え、スケール感のあるアクションなども楽しめる作品には仕上がっている。

ハマリ役となったエージェント”マット・ヘルム”を演ずるディーン・マーティンは、様々な美女と接しながら任務を遂行する主人公を、個性を活かして熱演している。

主人公に協力する、陰謀に巻き込まれた科学者の娘役のアン=マーグレットは、キュートで魅力ある女性を好演し、ファンを大いに楽しませてくれる。

首都を壊滅させる計画を実行するビッグOのリーダー、カール・マルデン、そのパートナーである美しいカミラ・スパーヴ、主人公に指令を与える上司のジェームズ・グレゴリー、主人公の秘書ビヴァリー・アダムス、ヒロインの父親であるビッグOに利用される科学者リチャード・イーストハム、ビッグOの殺し屋トム・リース、ヒロインのボーイフレンド、デューク・ハワード、ビッグOの警備員テッド・ハートリーニース警察の警部のマルセル・ヒライヤー、主人公のモデル、コリンヌ・コール、ビッグOの科学者ロバート・テリー、本人役でディーン・マーティンの息子ディーン・ポール・マーティンデジ・アーナズルシル・ボールの息子デジ・アーナズJr.,ビリー・ヒンチなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021