4260 Movies

サイレンサー/待伏部隊 The Ambushers (1967)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ドナルド・ハミルトンの小説”The Ambushers”(1963)と”The Menacers”を基に製作された「サイレンサー」シリーズ第3作。
奪われた世界初の電磁波推力飛行に成功した空飛ぶ円盤の奪還作戦を描く、監督ヘンリー・レヴィン、主演ディーン・マーティンセンタ・バーガージャニス・ルールジェームズ・グレゴリーアルバート・サルミ他共演のスパイ・アクション・コメディ。


アクション/アドベンチャー

ディーン・マーティン Martin and Lewis / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ヘンリー・レヴィン

製作:アーヴィング・アレン
原作:ドナルド・ハミルトンThe Ambushers”・”The Menacers
脚本:ハーバート・ベイカー
撮影
バーネット・ガフィ
エドワード・コールマン
編集:ハロルド・F・クレス
音楽:ウーゴ・モンテネグロ

出演
マット・ヘルム:ディーン・マーティン
フランチェスカ・マデイロス:センタ・バーガー
シーラ・ソマーズ:ジャニス・ルール
マクドナルド:ジェームズ・グレゴリー
ホセ・オルテガ/レオポルド・カセリアス:アルバート・サルミ
クィンターナ:クルト・カッツナー
ナシーム:デヴィッド・マウロ
ラヴリー・クラベジット:ビバリー・アダムズ
ロッコ:ジョン・ブラシア

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
1967年製作 102分
公開
北米:1967年12月22日
日本:1968年3月16日
製作費 $4,000,000
北米興行収入 $10,000,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
世界最初の電磁波推力で飛行できる空飛ぶ円盤が完成し、アメリカの情報組織ICE(Intelligence and Counter Espionage)のマクドナルド(ジェームズ・グレゴリー)は、その離陸と飛行を見守る。

離陸に成功して順調に飛行を続けたたものの、妨害を受けた空飛ぶ円盤は制御不能となり、地上に誘導されてジャングルに着陸する。

パイロットのシーラ・ソマーズ(ジャニス・ルール)は、謎の男(アルバート・サルミ)が現れたために驚く。

ICE再教育センター。
エージェントのマット・ヘルム(ディーン・マーティン)は、以前、同じ任務に就いたことがあるシーラが、正気を失っている様子に驚く。

ヘルムは、傷だらけの状態で記憶を失いジャングルで発見されたシーラが、男に殺されると言って恐れていつことを知る。

マクドナルドからの連絡を受けたヘルムは、シーラの件で新しい任務を与えられることになり、秘書のラヴリー・クラベジット(ビバリー・アダムズ)を派遣したことを知らされる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「サイレンサー/沈黙部隊」(1966)
・「サイレンサー/殺人部隊」(1966)
・「サイレンサー/待伏部隊」(1967)
・「サイレンサー/破壊部隊」(1968)

*(簡略ストー リー)
世界最初の電磁波推力で飛行できる空飛ぶ円盤が、何者かに奪われる。
アメリカの情報組織ICE(Intelligence and Counter Espionage)の長官マクドナルドは、エージェントのマット・ヘルムに調査を命ずる。
空飛ぶ円盤のパイロットだったシーラが記憶を失って戻っていたため、彼女と夫婦を装い秘密組織を調べることになったヘルムは、アカプルコのビール会社に向かう。
ヘルムは、社長のクィンターナと彼と関係する秘密組織の首領カセリアスに接近する。
空飛ぶ円盤を奪われた際に、カセリアスに拷問されたシーラは、彼を殺そうとするものの失敗する。
カセリアスに命を狙われたヘルムとシーラは、謎の女フランチェスカに救われ、彼女と協力することになるのだが・・・。
__________

ドナルド・ハミルトンの原作を基に製作された「サイレンサー」シリーズ第3作品。

007シリーズ”の成功でスパイ映画ブームとなり、人気スターのディーン・マーティンが、プレイボーイのエージェントに扮して奮闘する内容はお色気コメディとして大いに受けた。

監督は前作に続きヘンリー・レヴィンが担当し、その軽快な演出により、コメディ・アクションとして大いに楽しめる。

主人公の周辺はエージェントを含めて女性ばかりであり、1960年代を感じさせるファッションや雰囲気、音楽も注目だ。

主演のディーン・マーティンは、酒好き女好きの彼のイメージを活かしたハマリ役を見事に演じている。

謎の女として主人公を利用しつつ協力するセンタ・バーガー、主人公と共に空飛ぶ円盤奪還作戦を実行するパイロットのジャニス・ルール、主人公の上司ジェームズ・グレゴリー、空飛ぶ円盤を奪った秘密組織の首領アルバート・サルミ、彼と手を組むビール会社の社長クルト・カッツナー、主人公を監視する円盤を買い取ろうとする男デヴィッド・マウロ、主人公の秘書ビバリー・アダムズ、他ジョン・ブラシアなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020