4218 Movies

ショウほど素敵な商売はない There’s No Business Like Show Business (1954)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ラマー・トロッティの原作を基に、アーヴィング・バーリンが、1946年のミュージカル”アニーよ銃をとれ”のために作った曲”There’s No Business Like Show Business”を原題にした作品。
激動の時代を生き抜いた芸能一家の笑いと涙の家族愛をミュージカルで描く、監督ウォルター・ラング、主演エセル・マーマンドナルド・オコナーマリリン・モンローダン・デイリーミッツィ・ゲイナー他共演によるヒューマン・ドラマの秀作。


ドラマ(ミュージカル)

マリリン・モンロー / Marilyn Monro / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ウォルター・ラング
製作:ソル・C・シーゲル
原作:ラマー・トロッティ
脚本
ヘンリー・エフロン

フィービー・エフロン
撮影:レオン・シャムロイ
編集:ロバート・L・シンプソン
衣装デザイン
チャールズ・ルメア

ウィリアム・トラヴィラ
マイルズ・ホワイト
音楽
アーヴィング・バーリン

アルフレッド・ニューマン
ライオネル・ニューマン

出演
モリー・ドナヒュー:エセル・マーマン

ティム・ドナヒュー:ドナルド・オコナー
ヴィッキー:マリリン・モンロー
テレンス・ドナヒュー:ダン・デイリー
スティーヴ・ドナヒュー:ジョニー・レイ
ケイティ・ドナヒュー:ミッツィ・ゲイナー
ルー・ハリス:リチャード・イースタム
チャールズ・ビッグス:ヒュー・オブライアン
エディー・ドゥーガン:フランク・マクヒュー
ダイニーン神父:リス・ウィリアムス
ダンサー:ジョージ・チャキリス

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

1954年製作 117分
公開
北米:1954年12月16日
日本:1955年4月10日


アカデミー賞 ■
第27回アカデミー賞
・ノミネート
原案・衣装デザイン
ミュージカル音楽賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1919年。
ヴォードヴィリアンのテレンス・ドナヒュー(ダン・デイリー)とモリー(エセル・マーマン)のショウが終わり、二人は観客に一座の一員として長男のスティーヴを紹介する。

1923年。
ドナヒュー一家は、長女ケイティと次男ティムを加えて巡業を続ける。

モリーは、子供達の成長と共に、彼らの教育についての考えをテレンスに相談し、セント・マイケルズ寄宿学校に子供達を預けることにする。

その間ドナヒュー夫妻のステージは、大人のムードが漂うものに変貌していく。

その頃、学校を抜け出そうとしたスティーヴとティムが見つかってしまい、ドナヒュー夫妻はダイニーン神父(リス・ウィリアムス)に呼び出されてしまう。

子供達が、両親と過ごすことを願っているということを知ったテレンスとモリーは、家を買い家族で暮らす決心をする。

その後の大恐慌で、人々は劇場から遠ざかり、テレンスとモリーは職を失ってしまう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ヴォードヴィリアンのテレンスとモリー夫妻、スティーヴとティム、そしてケイティのドナヒュー一家は、ファミリー一座として各地で巡業を続けていた。
モリーは、子供達の成長と共に教育についてを考え、彼らを寄宿学校に預ける。
その後、ドナヒュー夫妻の芸は、大人の雰囲気が漂うものに変貌していく。
そんな時、両親と暮らしたい子供達は学校を抜け出してしまい、家族は家を買い一緒に暮らすことになる。
しかし、世の中は大恐慌の時代となり不況が続き、ドナヒュー家はその影響を受けて、家族は職を失ってしまう。
食べていくために、テレンスは寄席芸人にまで成り下がり、モリーはCMソングの下働きで家族を支える。
そして一家は、子供達の成長を機に、それぞれの才能を生かしたドナヒュー一座として復活する。
やがて、子供達は独立し、人生を歩み始めるのだが・・・。
__________

第27回アカデミー賞では、原案、衣装デザイン、ミュージカル音楽賞にノミネートされた。

とにかく、ファンではなくても馴染みのある、アーヴィング・バーリンの名曲の数々は圧巻で、戦勝国でありながらも、疲弊した人々の心に勇気を与えた彼の音楽を堪能できると共に、家族の絆と人間の逞しさを力強く描いた、ウォルター・ラングの演出も見ものだ。

ミュージカル”アニーよ銃をとれ”のオリジナル・キャストでもある、エセル・マーマン最初のワイドスクリーン映画であり、”シネマスコープ”の大スクリーンに映し出される、絢爛豪華な映像と、自分のペースで熱唱する彼女の迫力ある歌には圧倒される。

エセル・マーマンよりも7歳も年下ということもあり、長身のダン・デイリーだが、彼女の存在感に、一家の長としての威厳を見せてもかなわないところなども、正にエセル・マーマンらしい役どころと言える。

アメリカの舞台芸術の素晴らしさを、見事に映像化した撮影はレオン・シャムロイアーヴィング・バーリンとは旧知の仲である、アルフレッドライオネル・ニューマン兄弟が、音楽を担当している。

マリリン・モンローとはやや釣り合わない感じだが、やんちゃな末っ子を好演して、見事な独演なども披露するドナルド・オコナー、妖艶な舞台歌手の場面は魅力はあるが、シリアスな演技には物足りなさを感じてしまう、やや”飾り物”的な存在の歌手マリリン・モンロー、家長として一家を支えるダン・デイリー、歌手として全盛であり、その歌声も十分聞かせてくれるジョニー・レイ、快活な長女でダンサーとして花開くミッツィ・ゲイナー、その婚約者のヒュー・オブライアン、興行主リチャード・イースタム、ヴィッキー(M・モンロー)の最初の代理人フランク・マクヒュー、寄宿学校の神父リス・ウィリアムス、そして、モンローのバック・ダンサー役でジョージ・チャキリスが端役出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020