4310 Movies

早熟のアイオワ The Poker House (2008)

  •  
  • 13
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

女優のロリ・ペティの少女時代の体験を基にして製作された作品。 ジャンキーでアル中である売春婦の母親とその周辺の者達から、妹達を守ろうとしながら逞しく生きる少女を描く、監督、脚本ロリ・ペティ、主演ジェニファー・ローレンスセルマ・ブレアクロエ・グレース・モレッツボキーム・ウッドバイン他共演のドラマ。


ドラマ

クロエ・グレース・モレッツ / Chloë Grace Moretz / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ロリ・ペティ

製作
スティーブン・J・キャネル
マイケル・ドゥベルコ
原案:ロリ・ペティ
脚本
ロリ・ペティ
デヴィッド・アラン・グリア
撮影:ケン・セング
編集:ティルサ・ハックショー
音楽:マイク・ポスト

出演
アグネス:ジェニファー・ローレンス
サラ:セルマ・ブレア
ビー:ソフィア・ベアリー
キャミー:クロエ・グレース・モレッツ
デュヴァル:ボキーム・ウッドバイン
スタイミー:デヴィッド・アラン・グリア
ダルラ:ダニエル・キャンベル

アメリカ 映画
配給 Phase 43 Films
2008年製作 93分
公開
北米:2008年9月29日
日本:2014年2月22日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1976年、アイオワ州、カウンシルブラフス
14歳のアグネス(ジェニファー・ローレンス)は、ジャンキーでアル中の母親サラ(セルマ・ブレア)、12歳の妹ビー(ソフィア・ベアリー)と8歳のキャミー(クロエ・グレース・モレッツ)共に、夜な夜なギャンブルや売春が行われている”ポーカー・ハウス”と言われる家で暮らしていた。

早朝、ビーを起こして新聞配達に行かせたアグネスは、サラの恋人で売春を強要しているデュヴァル(ボキーム・ウッドバイン)が現れたために話をする。

デュヴァルに惹かれるアグネスは、新聞に掲載された自分のバスケットボールの記事の話などをしながらキスする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1976年、アイオワ州、カウンシルブラフス
14歳のアグネスは、恋人のデュヴァルから売春を強要されているジャンキーでアル中の母親サラ、妹のビーとキャミーと共に、夜な夜なギャンブルと売春が行われている”ポーカー・ハウス”と言われる家で暮らしていた。
学業優秀でバスケットボールでも活躍するアグネスは、サラから売春するようにと迫られながえら、周囲の者達から必死にビーとキャミーを守ろうとするのだが・・・。
__________

「ハートブルー」(1991)や「プリティ・リーグ」(1992)などで知られる女優のロリ・ペティが体験した少女時代の辛い過去を、自らの脚本で監督した作品。

小作ではあるが注目されるのは、同年にデビューした撮影当時15歳のジェニファー・ローレンスの演技で、2年後の「ウィンターズ・ボーン」(2010)で早くもアカデミー主演賞にノミネートされ、更に2年後に同賞を獲得する、彼女のその才能を確認できる貴重な作品。

14歳までに俳優になることを決意したというジェニファー・ローレンスだが、その意志の強さが強調されるようなシーンがある。
バスケットボールの試合で、残り時間わずかでチームに加わり、7分で20点以上を決めるシーンがあるのだが、”必ず勝つ”とコーチに断言する表情は、既に人生の目標を手に入れる術を既に知っている実際の彼女を見ているように思える。

ジェニファー・ローレンスの父親ゲイリーが、相手チームのコーチとして出演している。

ジェニファー・ローレンスの妹役のクロエ・グレース・モレッツは、子役として既に活躍していただけあり、お茶目で口が達者な少女役を印象的に演じている。

ジャンキーでアル中の主人公の母親セルマ・ブレア、彼女に売春を強要して主人公にもそれを迫りレイプする男ボキーム・ウッドバイン、主人公が守ろうとする妹ソフィア・ベアリーとクロエ・グレース・モレッツ、バーの客デヴィッド・アラン・グリア、キャミー(クロエ・グレース・モレッツ)の友人の姉ダニエル・キャンベルなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020