4213 Movies

オスカー The Oscar (1966)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

イヴの総て」(1950)を髣髴させるオープニング、同作が演劇界を描いたのに対し本作はハリウッドの内幕を赤裸々に描く、主演スティーヴン・ボイドトニー・ベネットエルケ・ソマーエリノア・パーカー他共演、監督ラッセル・ラウズによるドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:ラッセル・ラウズ
製作:クラレンス・グリーン
製作総指揮:ジョセフ・E・レヴィン
原作:リチャード・セイル
脚本
ハーラン・エリスン

ラッセル・ラウズ
クラレンス・グリーン
撮影:ジョセフ・ルッテンバーグ
編集:チェスター・W・スキッファー
美術・装置
ハル・ペレイラ

アーサー・ロネーガン
ロバート・R・ベントン
ジェームズ・E・ペイン
衣装デザイン:イデス・ヘッド
音楽:パーシー・フェイス

出演
スティーヴン・ボイド:フランク・フェーン
トニー・ベネット:ハイミー・ケリー
エルケ・ソマー:ケイ・バーグダル
エリノア・パーカー:ソフィー・カンターロ
ミルトン・バール:アルフレッド”キャピー”キャプステトラー
ジョセフ・コットン:ケネス・リーガン
ジル・セント・ジョン:ローレル・スコット
アーネスト・ボーグナイン:バーニー・イエール
エディ・アダムス:トリナ・イエール
ウォルター・ブレナン:オリン・C・クエンティン
ピーター・ロフォード:スティーヴ・マークス
ジーン・ヘイル:シェリル・バーカー
ブロデリック・クロフォード:保安官
エド・ベグリー:グロバード
ジェームズ・ダン:テレビ局重役
ボブ・ホープ:本人
マール・オベロン:本人
フランク・シナトラ:本人
ナンシー・シナトラ:本人
ヘッダ・ホッパー:本人
イデス・ヘッド:本人

アメリカ 映画
配給 Embassy Pictures
1966年製作 119分
公開
北米:1966年3月4日
日本:1967年6月


アカデミー賞 ■

第39回アカデミー賞
・ノミネート
美術(カラー)・衣装デザイン賞(カラー)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
サンタモニカアカデミー賞授賞式会場。
ボブ・ホープの司会で式は始まるが、今年の主演男優賞にノミネートされたフランク・フェーン(スティーヴン・ボイド)を、同じ会場で、複雑な表情で見つめている男ハイミー・ケリー(トニー・ベネット)がいた。
__________

数年前ハイミーは、フェーンとダンサーのローレル・スコット(ジル・セント・ジョン)と共に、危ない橋を渡りながら貧しい巡業暮らしをしていた。

ある日、彼らは、悪徳保安官(ブロデリック・クロフォード)に、売春の仲介容疑の濡れ衣を着せられ逮捕されてしまう。

ケイの車を売って保釈金を払い、釈放された三人は、再起をかけてヒッチハイクでニューヨークに向かう。

グロバード(エド・ベグリー)のクラブで、ケイはダンサーに雇われる。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

リチャード・セイルの、同名小説の映画化。

*(簡略ストー リー)
相棒のハイミーと恋人ローレルと共に、貧しい巡業暮らしを続けていたフランク・フェーンは、ニューヨークに向かう。
野心家のフェーンは、ローレルを捨ててハイミーとも別れる。
フェーンは、パーティーで出会ったデザイナーのケイの会社で雑用係として働いていたが、ある日、俳優のスカウトであるソフィーに認められ、演劇の道に進むことになる。
その後フェーンは、オフ・ブロードウェイで演技を磨き、ソフィーとエージェントのキャピーの協力を得て、ついにハリウッドに進出することができる。
強かなフェーンは、あらゆる手段を使い業界のトップにのし上がろうとする。
ハイミーを呼び寄せたフェーンはトップ・スターとなり、豪勢な生活を始め、ケイとも再会して結婚する。
しかし、やがてフェーンの人気も陰り始め、人々は彼の元を離れていく・・・。
__________

銀幕のスターとしての地位を保つため、周囲の人々や友人家族までを利用する人間の醜さや、平素に生きることの尊さを考えさせられる作品。

舞台がハリウッドだけに、アカデミー賞にノミネートされた美術セットや衣装の豪華さ、派手な生活ぶりが随所で見られて興味深い。

第39回アカデミー賞では、美術(カラー)、衣装デザイン賞(カラー)にノミネートされた。

詐欺師まがいの貧しい巡業役者から、ハリウッドのスターに上りつめる、強かな男を演じたスティーヴン・ボイドの熱演は光る。

野望を果たすために、人を手玉に取りながら成り上がっていく男の、恐ろしさと哀れさを見事に表現している。

映画デビューとなる歌手トニー・ベネットも、主人公を見捨てきれず、彼にすがるしかない気弱な正直者を好演している。

クライマックスで主人公を見限る場面では、真迫る演技を見せてくれる。

デザイナーのイデス・ヘッドの助手らしく、ファッション・センスを披露してくれるエルケ・ソマーは、出演女優の中でも群を抜く美しさだった。

また、主人公を取り巻く俳優陣に加え、多数の名優が本人役で出演しているのも、豪華さに華を添えている。

カリスマ・デザイナーのイデス・ヘッドまで度々登場している。

主人公に入れ込む新人スカウトのエリノア・パーカー、主人公のエージェントのミルトン・バール、映画業界の大物ジョセフ・コットン、主人公に捨てられる恋人でダンサーのジル・セント・ジョン、主人公を恐喝する私立探偵のアーネスト・ボーグナイン、その妻役エディ・アダムス、テレビ・スポンサーのウォルター・ブレナン、落ちぶれた元俳優役ピーター・ロフォード、新人女優ジーン・ヘイル、悪徳保安官のブロデリック・クロフォード、クラブ・オーナー役のエド・ベグリー、テレビ局の重役のジェームズ・ダン、そして本人役でボブ・ホープマール・オベロンフランク・シナトラナンシー・シナトラ、本作の公開を待たずに亡くなるコラムニストのヘッダ・ホッパーなどが出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020