4709 Movies

殺しのナンバー The Numbers Station (2013)

CIA工作員に極秘指令を送る乱数放送局襲撃事件を描く、主演ジョン・キューザックマリン・アッカーマンリアム・カニンガム他共演、監督カスパー・バーフォードによるスリラー。
★★★☆☆

アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト ■
監督:カスパー・バーフォード

製作
ショーン・ファースト

ブライアン・ファースト他
製作総指揮
アンドリュー・スポールディング

ダグ・マンコフ
脚本:F・スコット・フレイジャー

撮影:オッター・グドナソン
編集
クリス・ギル

ペール・サンドホルト
音楽:ポール・レナード=モーガン

出演
エマーソン・ケント:ジョン・キューザック

キャサリン:マリン・アッカーマン
マイケル・グレイ:リアム・カニンガム
マックス:リチャード・ブレイク
デヴィッド:ブライアン・ディック
メレディス:ルーシー・グリフィス
デルニ:ジョーイ・アンサー
レイチェル・デヴィビス:ハンナ・マリー

アメリカ/イギリス 映画
配給 Image Entertainment

2013年製作 89分
公開
北米:2013年4月26日
日本:2013年6月22日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニュージャージー州、ジャクソン
CIA工作員エマーソン・ケント(ジョン・キューザック)は、裏切り者を抹殺する指令を受けて実行に移すが、それを目撃したターゲットの娘レイチェル・デイヴス(ハンナ・マリー)を見逃そうとする。

しかし、上司のマイケル・グレイ(リアム・カニンガム)は、ケントの制止を無視して容赦なくレイチェルを射殺する。

取り調べを受けたケントは処分されることになり、イギリスの田舎町の放送局に赴任することになる。

2カ月後、サフォーク、ブラックレグ・マイナー放送局。
ケントは、オペレーターのキャサリン(マリン・アッカーマン)と組み、交代制で暗号をヨーロッパ中の工作員に指令として送っていた。

...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ニュージャージー州。
CIA工作員のエマーソン・ケントは、裏切り者の抹殺指令を受けるものの、その娘を見逃そうとしたため処分される。
イギリスサフォークの田舎町の放送局に赴任することになったケントは、同僚のオペレーター、キャサリンと他のチームとの交代制でヨーロッパ中の工作員に乱数を利用した指令を送っていた。
ある日ケントとキャサリンは、局に着いたところを何者かに襲われ、彼は内部に入り侵入者を倒す。
負傷したキャサリンを治療したケントは、司令部からの”退任”せよという命令を受けるのだが、それは、指令を送るオペレーターの殺害を意味していた・・・。
__________

技術の発展が目ざましい現代で、最前線の工作員に送る指令が、乱数の暗号の発信で行われているという設定が実に興味深い。

外界と遮断された密室の襲撃と、それに抵抗するほぼ単独の戦いは、近代的な設備や武器なども登場しないため、どこか古風に描かれているためなかなか面白い。

ややご都合主義的な脚本と演出は気になるのだが、様々な役柄がこなせるジョン・キューザックの芸幅の広さが確認でき、彼とチームを組むマリン・アッカーマンも、セクシーさを封印し知的な役柄を熱演している。

主人公の上司役のリアム・カニンガム、襲撃犯のリーダー、リチャード・ブレイク、その部下ジョーイ・アンサー、放送局の交代要員ブライアン・ディックルーシー・グリフィス、主人公が見逃そうとする少女ハンナ・マリーなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022