4237 Movies

ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝 The Mummy: Tomb of the Dragon Emperor (2008)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

アクション・アドベンチャー”ハムナプトラ”シリーズの第三作。
古代中国の皇帝の呪いに立ち向かう冒険家の戦いを描く、製作スティーヴン・ソマーズ、監督ロブ・コーエン、主演ブレンダン・フレイザーマリア・ベロジェット・リージョン・ハナーミシェル・ヨー他共演のアクション・アドベンチャー大作。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト
監督:ロブ・コーエン
製作総指揮:クリス・ブリガム
製作
スティーヴン・ソマーズ
ショーン・ダニエル
ボブ・ダクセイ
脚本
マイルズ・ミラー
アルフレッド・ガフ
撮影:サイモン・ダガン
編集
ケリー・マツモト
ジョエル・ネグロン
音楽:ランディ・エデルマン

出演
リチャード”リック”オコーネル:ブレンダン・フレイザー
エヴリン”エヴィー”カナハン・オコーネル:マリア・ベロ
皇帝・ハン:ジェット・リー
ジョナサン・カナハン:ジョン・ハナー
ツイ・ユアン:ミシェル・ヨー
アレックス・オコーネル:ルーク・フォード
ミン将軍:ラッセル・ウォン
リン:イザベラ・リョン
ヤン将軍:アンソニー・ウォン
マッド・ドッグ/マグワイア:リーアム・カニンガム
ロジャー・ウィルソン:デヴィッド・カルダー

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2008年製作 114分
公開
北米:2008年8月1日
日本:2008年8月16日
製作費 $145,000,000
北米興行収入 $102,176,170
世界 $401,126,430


アカデミー賞
第72回アカデミー賞

・ノミネート
録音賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
戦乱の中国、漢皇帝(ジェット・リー)は、強大な武力で中国全土を制圧し、抵抗する者を弾圧した。

捕虜は奴隷となり万里の長城を築き、死体や弱った者はその下に埋められた。

霊媒師から五元要素”火、水、土、木、金”の術を学び万能の力を得た皇帝は、手に入れられない不死の力を求める。

不老不死の秘法に通じている妖術師ツイ・ユアン(ミシェル・ヨー)の噂を聞いた皇帝は、信頼するミン・グオ将軍(ラッセル・ウォン)に彼女を探すよう命ずる。

連れてこられたツイ・アンが気に入った皇帝は、彼女に手を出すことをミン将軍に禁じ、不老不死の秘法を見つけるよう二人に命ずる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「ハムナプトラ/失われた砂漠の都」(1999)
・「ハムナプトラ2/黄金のピラミッド」(2001)
・「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝」(2008)

*(簡略ストー リー)
1946年、イギリス
第二次大戦も終わり、冒険家のリチャード”リック”オコーネルと妻エヴリンは、静かな生活を送っていた。
ある日リックは、持ち主を不死の泉へ導くというブルーダイヤ“シャングリラの眼”を、上海の博物館に戻すとい任務を外務省から依頼される。
リックとエヴリンは、兄ジョナサンも上海にいることから、それを引き受けて旅立つ。
上海に着いたリックとエヴリンは、ジョナサンが経営するナイトクラブで、2000年前の皇帝陵を発掘した息子アレックスと出くわす。
アレックスがアメリカ留学中のはずであったため驚くリックは、彼の発掘したミイラを見るために訪れた博物館で、世界を制覇するため、漢皇帝復活を企むヤン将軍らに”シャングリラの眼”を奪われてしまう。
甦った皇帝は、ヤン将軍を従えてその場から逃走し、リックらはそれを追うのだが・・・。
__________

前2作の監督スティーヴン・ソマーズが製作に専念して、ロブ・コーエンがメガホンを握り、主人公を演ずるブレンダン・フレイザーの妻役はマリア・ベロに代わり、中国が舞台ということでジェット・リーミシェル・ヨーの出演も注目のアクション大作。

インディアナ・ジョーンズ」シリーズの亜流などと言われながらも人気はあるのだが、本作は、アメリカでの批評家の評価は最悪に近いのもとなってしまった。

作品ごとに伸ばしてきた興行成績も、前作に比べて北米では半減するが、全世界で4億ドルを超す大ヒットとなった。

製作費 $145,000,000

レイチェル・ワイズの降板でエヴリン役を演じた実力派のマリア・ベロは、母親としてはレイチェル・ワイズよりも適役と言えるが、インパクトに乏しく、22歳の息子がいる”父親”に見えないブレンダン・フレイザーも、前2作に比べるとやや精彩に欠ける。

それに加え、北京オリンピックに合わせて舞台を中国にしたのは宣伝効果として納得いくものの、ジェット・リーの悪役皇帝は完全にミスキャスト、主人公の息子アレックス役のルーク・フォードも印象が薄い。

ミシェル・ヨーのみが、彼女らしい聡明な美しい中国女性という役柄を、いつもながら華麗に演じている。

全く関係のない、”ハムナプトラ”というタイトルをそのまま付ける無神経さにも呆れるばかりだが、原題が”The Mummy”(ミイラ)では、日本語で表現するのも難しいだろう。

秦始皇帝陵の兵馬俑坑をモチーフにした、終盤の大スペクタクルはなかなか見応えがあり、ミイラの映像も見事だ。

次回作は南米が舞台という布石を残し、息子の存在を含め益々「インディアナ・ジョーンズ」シリーズに似てきた感じだ。

商才を発揮し始めたエヴリン(マリア・ベロ)の兄ジョン・ハナー、皇帝に葬られた将軍役ラッセル・ウォン、彼とツイ・ユアン(ミシェル・ヨー)の娘イザベラ・リョン、皇帝復活を企む将軍のアンソニー・ウォン、リック(ブレンダン・フレイザー)の外人部隊時代の友人リーアム・カニンガム、友人だった主人公を裏切る博物館の教授デヴィッド・カルダーなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020