4310 Movies

ミケランジェロ・プロジェクト The Monuments Men (2014)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ナチス・ドイツに奪われた美術品奪取作戦チーム”モニュメンツ・メン”の活躍を描く、製作、監督、脚本、主演ジョージ・クルーニー、製作、脚本、出演グラント・ヘスロヴマット・デイモンビル・マーレイジョン・グッドマンヒュー・ボネヴィルボブ・バラバンジャン・デュジャルダンケイト・ブランシェット他共演の実話を基にした戦争ドラマ。


ドラマ(戦争)

ジョージ・クルーニー / George Clooney 作品一覧
マット・デイモン / Matt Damon 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:ジョージ・クルーニー

製作
ジョージ・クルーニー
グラント・ヘスロヴ
製作総指揮:バーバラ・ホール
原作
”The Monuments Men”
ロバート・M・エドゼル
ブレット・ウィッター
脚本
ジョージ・クルーニー
グラント・ヘスロヴ
撮影:フェドン・パパマイケル
編集:スティーヴン・ミリオン
音楽:アレクサンドル・デスプラ

出演
フランク・ストークス:ジョージ・クルーニー
フランク・ストークス(老年期):ニック・クルーニー
ジェームズ・グレンジャー:マット・デイモン
リチャード・キャンベル:ビル・マーレイ
ウォルター・ガーフィールド:ジョン・グッドマン
ドナルド・ジェフリーズ:ヒュー・ボネヴィル
プレストン・サヴィッツ:ボブ・バラバン
ジャン=クロード・クレルモン:ジャン・デュジャルダン
サム・エプスタイン:ディミトリー・レオニダス
クレール・シモーヌ:ケイト・ブランシェット
ヴィクトール・シュタール:ユストゥス・フォン・ドホナーニ
ラングトン大佐:サム・ヘイゼルダイン
フィールディング少佐:マイルス・ジャップ
歯科医:ミヒャエル・ブランドナー
エミール:アレクサンドル・デスプラ
ルネ・アルマンド:セルジュ・アザナヴィシウス
フランクリン・ルーズベルト大統領:マイケル・ダルトン
ハリー・S・トルーマン大統領:クリスチャン・ロドスカ
軍医:グラント・ヘスロヴ

アメリカ 映画
配給
20世紀FOX(世界)
コロンビア・ピクチャーズ(北米)
2014年製作 118分
公開
北米:2014年2月7日
日本:2015年11月6日
製作費 $70,000,000
北米興行収入 $78,031,600
世界 $154,984,040


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ベルギーヘント
聖バーフ大聖堂”から、”ヘントの祭壇画”が運び出される。

1943年3月、フランスパリ
ジュ・ド・ポーム国立美術館”に到着したヘルマン・ゲーリングは、親衛隊将校のヴィクトール・シュタール(ユストゥス・フォン・ドホナーニ)に迎えられ、集められた美術品の保管場所に向かい、数々の名画などを確認して満足する。

ゲーリングから、その場にあったシャンペンを勧められたシュタールは、職員のクレール・シモーヌ(ケイト・ブランシェット)にグラスを持ってくるようにと指示する。

グラスを取りに行ったクレールは、それに唾を吐き、同僚にも同じことをさせる。

自分の別荘に美術品を運ぶよう指示したゲーリングは、ベルヒテスガーデンに滞在中のヒトラー総統への贈り物だとシュタールに伝える。
...全てを見る(結末あり)



解説 評価 感想
ロバート・M・エドゼルとブレット・ウィッターの著書”The Monuments Men”を基に製作された作品。

簡略ストー リー)
第二次世界大戦末期。
ナチス・ドイツは、美術館や教会、またはユダヤ人などから奪った美術品をドイツに運んでいた。
それを知ったハーバード大学のフランク・ストークスは、その奪還作戦チームである、学者などで編成する”モニュメンツ・メン”を結成する。
兵士でない民間人として戦場に向かったストークスらは、敗走と共に移送した美術品を捜すために、命を懸けた戦いを始めるのだが・・・。
__________

美術専門家などで編成されたチーム”モニュメンツ・メン”が、ナチに奪われた美術品を捜し取り戻そうとする姿を描いた、実話を基にした戦争ドラマ。

第二次世界大戦史上でもよく知られた作戦えおモデルにした作品であり、物語で描かれる、人類の遺産を守ろうとする作戦目的などは誰もが納得し、豪華スター共演も話題になったドラマなのだが、メリハリに欠ける脚本とパンチが足りない演出のために、だらけてしまう雰囲気は否めない。

ジョージ・クルーニーと盟友グラント・ヘスロヴの共同作品であることで期待されたものの、批評家、一般共に評価は低くかった。
北米興行収入は約7800万ドルに留まるものの、全世界では1億5500万ドルのヒットとなった。

実名をあげた実録ドラマではないが、歴史的背景に沿った内容は、戦争映画ファンにとっては、確認の意味でまずまず楽しめる。

人類の遺産である文化財をナチから奪取するために戦地に向かう”モニュメンツ・メン”のリーダー、ジョージ・クルーニー、その老年期を演ずるジョージ・クルーニーの実父ニック・クルーニー、主人公の友人であるメトロポリタン美術館のキュレーター、マット・デイモンシカゴの建築家ビル・マーレイ、彫刻家のジョン・グッドマンミケランジェロの”聖母子像”を守ろうとして命を落とすイギリス人歴史家のヒュー・ボネヴィル、演劇プロデューサー兼美術鑑定家のボブ・バラバンフランス人美術商のジャン・デュジャルダンドイツ出身のアメリカ陸軍二等兵ディミトリー・レオニダスフランス人美術館員でグレンジャー(マット・デイモン)に協力するケイト・ブランシェット、美術品を奪いドイツに運ぶ親衛隊将校ユストゥス・フォン・ドホナーニブルージュ連合軍側司令官サム・ヘイゼルダイン、美術品を奪い返す少佐マイルス・ジャップドイツ人歯科医のミヒャエル・ブランドナー、グレンジャーをパリに案内するフランス人で、本作の音楽を担当するアレクサンドル・デスプラパリの美術館長セルジュ・アザナヴィシウスフランクリン・ルーズベルト大統領のマイケル・ダルトン、ハリー・S・トルーマン大統領のクリスチャン・ロドスカ、他、軍医役でグラント・ヘスロヴなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020