4236 Movies

マトリックス レボリューションズ The Matrix Revolutions (2003)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

仮想世界”マトリックス”を舞台にした、人間とコンピューターとの戦いを描く、製作、監督、脚本ラナアンディ・ウォシャウスキー姉弟、主演キアヌ・リーブスローレンス・フィッシュバーンキャリー=アン・モスヒューゴ・ウィーヴィングジェイダ・ピンケット=スミスランバート・ウィルソン他共演のSFスーパー・アクション大作シリーズの第3作完結編。


SF


スタッフ キャスト ■
監督
ラナ・ウォシャウスキー

アンディ・ウォシャウスキー
製作総指揮
ラナ・ウォシャウスキー

アンディ・ウォシャウスキー
ブルース・バーマン
グラント・ヒル
製作:ジョエル・シルバー
脚本
ラナ・ウォシャウスキー

アンディ・ウォシャウスキー
撮影:ビル・ポープ
編集:ザック・ステンバーグ
音楽:ドン・デイヴィス

出演
ネオ/トーマス・A・アンダーソン:キアヌ・リーブス

モーフィアス:ローレンス・フィッシュバーン
トリニティー:キャリー=アン・モス
エージェント・スミス:ヒューゴ・ウィーヴィング
ナイオビ:ジェイダ・ピンケット=スミス
オラクル:メアリー・アリス
パーセフォニー:モニカ・ベルッチ
ロック司令官:ハリー・レニックス
副官:ルパート・リード
メロビンジアン:ランバート・ウィルソン
セラフ:コリン・チョウ
ジー:ノーナ・ゲイ
ハーマン評議員:アンソニー・ザーブ
グレイス評議員:フランシーヌ・ベル
キッド:クレイトン・ワトソン
ベイン:イアン・ブリス
ゴースト:アンソニー・ウォン
スパークス:ラッキー・ヒューム
カズ:ジーナ・トレス
マギー:エッシー・デイヴィス
ディラード評議員:ロビン・ネビン
アーキテクト:ヘルムート・バカイティス
リンク:ハロルド・ペリノーJr.
ラーマ=カンドラ:バーナード・ホワイト
カマラ:タリニー・ミューダリア
チャラ:レイチェル・ブラックマン
サティー:タンビーア・K・アトウォル
デウス・エクス・マキナ:ヘンリー・ブラシンガム/ケビン・リチャードソン(声)
トレインマン:ブルース・スペンス

ローランド:デヴィッド・ロバーツ
AK:ロバート・マモーネ
コルト:ピーター・ラム
ミフネ:ナサニエル・リーズ
モーゼル:クリストファー・カービー
ウェスト評議員:コーネル・ウェスト

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

2003年製作 129分
公開
北米:2003年11月5日
日本:2003年11月5日
製作費 $110,000,000
北米興行収入 $139,259,760
世界 $427,343,300


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ホバークラフト・シップ”ハンマー”船長ローランド(デヴィッド・ロバーツ)は、モーフィアス(ローレンス・フィッシュバーン)やトリニティー(キャリー=アン・モス)を救出する。

トリニティーは、昏睡状態に陥ったネオ/トーマス・A・アンダーソン(キアヌ・リーブス)に寄り添う。

ただ一人の生存者”カデューシャス”の一等航海士ベイン(イアン・ブリス)も意識を失っていた。

マシーンがザイオンに到達するのが、20時間を切ったことが分かるのだが、オラクル/予言者の護衛セラフ(コリン・チョウ)からの連絡を受け、モーフィアスはオラクルの元に向かう。

ネオは、マトリックスに向かう途中の駅で、少女サティー(タンビーア・K・アトウォル)に話しかけられ、トレインマン(ブルース・スペンス)が行く手を阻もうとしていることを知らされる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「
マトリックス」(1999)
・「
マトリックス リローデッド」(2003)
・「
マトリックス レボリューションズ」(2003)

*(簡略ストー リー)
昏睡状態のネオ/トーマス・A・アンダーソンを救おうとしたモーフィアスとトリニティーは、予言者オラクルに会い、ネオが、マトリックスとマシーンの間に迷い込んだことを知る。
モーフィアスとトリニティーは、プログラムのメロビンジアンが、ネオの行動を妨害していることを知り、彼を脅してネオを救い出す。
ネオはオラクルの元に向かい、マトリックスを滅ぼすパワーを得ようとしているエージェント・スミスとの関係と、行き先が分からなければ未来がないことを伝えられ現実の世界に戻る。
その間ザイオンでは、マシーンの襲撃が迫り、防衛体制が整えられる。
ロゴスの船長ナイオビと合流したモーフィアスらは、彼女の提案する経路で、危険を承知でザイオンに帰還しようとする。
その時ネオは、理由が分からないままに、マシーン・シティに向かう決意する。
無謀な行動ではあったが、ナイオビはネオを信じて船を提供し、トリニティーとの愛を確かめた彼は出航するのだが・・・。
__________

半年前に公開された、シリーズ最大のヒットとなった前作の興奮冷めやらぬ中、世界60か国同時公開も話題になった作品。

相変わらず、見応えのある驚異の映像はとてつもない迫力であり、前作での疑問点を解明できる筋立てと、当然ながら、戦いの終結により、仮想空間マトリックスも、美しい世界に変貌して終わる、爽やかな幕切れも印象深い。

見せ場である、主人公達の生身の戦いは目を見張映像の連続なのだが、APU(人型戦闘兵器)の戦闘場面は凄まじい迫力ではあるのだが、違う作品のように感じてしまい、いささか本作には合わない気もする。

興行収入は三部作中で最も低かったが、北米で約1億3900万ドル、全世界は約4億2700万ドルのヒットとなった。

現実、仮想空間共に満身創痍で戦いを続け、救世主としての使命を果たす主人公を熱演するキアヌ・リーブス、ネブカドネザル艦長であり、主人公を最後まで信じるローレンス・フィッシュバーン、戦いの犠牲者となる主人公の恋人役キャリー=アン・モス、あらゆるものを取り込み、強大なパワーを得るシリーズの顔エージェント・スミスのヒューゴ・ウィーヴィング、行動力と勇気でザイオンを守る艦長ジェイダ・ピンケット=スミス、前二作のグロリア・フォスターが亡くなったための代役だが、存在感ある演技が注目のオラクル/預言者役のメアリー・アリス、ネオの行動を妨害するプログラム、ランバート・ウィルソン、その妻で端役程度だったことが寂しいモニカ・ベルッチ、艦隊司令官ハリー・レニックス、ホバークラフト”ハンマー”艦長デヴィッド・ロバーツ、オラクルの護衛役コリン・チョウ、ネブカドネザルのオペレーター、ハロルド・ペリノーJr.の妻で、ザイオンのドッグ攻防戦で活躍するノーナ・ゲイ、評議員アンソニー・ザーブ、フランシーヌ・ベル、APU部隊を指揮するナサニエル・リーズ、彼の指示でドッグのゲートを開ける少年役のクレイトン・ワトソン、エージェント・スミスが乗り移る船員イアン・ブリス、エグザイル(不要ファイル)のプログラム少女タンビーア・K・アトウォル、その父親タリニー・ミューダリア、母親レイチェル・ブラックマン、マシーンの世界を制御する最高位プログラム、ヘンリー・ブラシンガム/ケビン・リチャードソン(声)、ネオの行動を妨害するプログラム、ブルース・スペンス、マトリックスの設計者ヘルムート・バカイティス等が共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020