4240 Movies

マトリックス The Matrix (1999)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

仮想世界”マトリックス”を利用し、全てを支配しようとするコンピューターに立ち向かうため、”救世主”に選ばれた天才プログラマーの戦いを描く、製作、監督、脚本を兼ねるラナアンディ・ウォシャウスキー姉弟、主演キアヌ・リーブスローレンス・フィッシュバーンキャリー=アン・モスヒューゴ・ウィーヴィング他共演のSFスーパー・アクション大作で、シリーズ化された第一作。


SF


スタッフ キャスト ■
監督
ラナ・ウォシャウスキー

アンディ・ウォシャウスキー
製作総指揮
バリー・M・オズボーン

ラナ・ウォシャウスキー
アンディ・ウォシャウスキー
アーウィン・ストフ
ブルース・バーマン
製作:ジョエル・シルバー
脚本
ラナ・ウォシャウスキー

アンディ・ウォシャウスキー
撮影:ビル・ポープ
編集:ザック・ステンバーグ
音楽:ドン・デイヴィス

出演
トーマス・A・アンダーソン/ネオ:キアヌ・リーブス

モーフィアス:ローレンス・フィッシュバーン
トリニティー:キャリー=アン・モス
エージェント・スミス:ヒューゴ・ウィーヴィング
タンク:マーカス・チョン
ドーザー:アンソニー・レイ・パーカー
サイファー:ジョー・パントリアーノ
エイポック:ジュリアン・アラハンガ
マウス:マット・ドーラン
スウィッチ:ベリンダ・マクローリー
エージェント・ブラウン:ポール・ゴダード
エージェント・ジョーンズ:ロバート・テイラー
オラクル:グロリア・フォスター
ラインハート:デヴィッド・アストン
チョイ:マーク・グレイ
FedExの男:デヴィッド・オコナー
ドゥジュール:エイダ・ニコデモ

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

1999年製作 136分
公開
北米:1999年3月31日
日本:1999年9月11日
製作費 $63,000,000
北米興行収入 $171,479,930
世界 $463,517,380


アカデミー賞 ■
第72回アカデミー賞
・受賞
視覚効果・編集・音響・音響編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
モーフィアス(ローレンス・フィッシュバーン)との電話を盗聴されたトリニティー(キャリー=アン・モス)は、現われた警官を撃退する。

トリニティーは、エージェント・スミス(ヒューゴ・ウィーヴィング)にも気づかれていることを知り、通りの公衆電話に向うようモーフィアスに指示されえた彼女は、その場から脱出する。

追跡を逃れ、トリニティーは、ベルの鳴る公衆電話の受話器をとり、大型トラックで突っ込んできたエージェント・スミスの襲撃をかろうじてかわす。

トリニティーに逃げられたエージェント・スミスは、部下のエージェント・ブラウン(ポール・ゴダード)とエージェント・ジョーンズ(ロバート・テイラー)から、次のターゲットが”ネオ”だと知らされ、既にその準備に入っていることを知らされる。

コンピュータ・プログラマーのトーマス・A・アンダーソン(キアヌ・リーブス)は、コンピューターのモニター上に、”マトリックスが見ている・・白いウサギの後を追え”と表示された文字を確認して不審に思う。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「
マトリックス」(1999)
・「
マトリックス リローデッド」(2003)
・「
マトリックス レボリューションズ」(2003)

*(簡略ストー リー)
ハッカーでもあるコンピュータ・プログラマーのトーマス・A・アンダーソン、通称”ネオ”は、接触してきたトリニティーから、危険が迫っていることを知らされる。
”マトリックス”とは何か、という疑問に悩まされる毎日を送っていたネオは、その後、”救世主”を捜すモーフィアスからの連絡を受ける。
しかし、監視プログラムのエージェント・スミスに捕らえられたネオは、協力を要請される。
それを拒んだネオだったが、夢か現実かが判断できないまま、トリニティーの案内でモーフィアスの元に案内される。
マトリックスが何かを追求するネオは、元の世界に戻るか、奥底を探求するかの選択を迫られる。
それを探ろうと決断したネオは、訓練プログラムを体験し、モーフィアスから、機械との戦いに立ち向かう使命を知らされ、そして、オラクル(預言者)の元に向うのだが・・・。
__________

既にVFXなどが成熟しつつあった時代、更なる工夫を凝らした、その上を行く新感覚の映像が驚きと共に話題を呼んだ。

製作、監督、脚本を兼ねるラナアンディ・ウォシャウスキー姉弟の、スタイリッシュな感性が光る作品。

第72回アカデミー賞では、視覚効果・編集・音響音響編集賞を受賞した。

北米興行収入は約1億7100万ドル、全世界では約4億6400万ドルの大ヒットとなった。

芸術的とも言える、ワイヤーアクションバレットタイムを多用した斬新なアクション映像に加え、既にブレイクしていた人気スター、キアヌ・リーブスの魅力が生かされ、アクションだけでない、物語に深みも感じさせてくれる実に味わい深い作品だ。

多くのアクションシーンでのゆったりした映像は、パワフル且つ重量感が伝わってくる。

血生臭い戦いの世界の主人公として、若々しく精悍な顔立ち、美しささえ感じるキアヌ・リーブスの、体を張った熱演は観る者を画面に引き込む。

完全無欠に見えながら、機械(プログラム)に屈しかける姿など、様々な表情を見せながら”救世主”をサポートする、ローレンス・フィッシュバーンの好演も注目だ。

二人を尊敬しながら、主人公を愛する運命を背負う、凛々しく逞しいキャリー=アン・モス、不死身のエージェント/プログラムを怪演するヒューゴ・ウィーヴィング、主人公の仲間達、マーカス・チョン、その兄アンソニー・レイ・パーカー、裏切者ジョー・パントリアーノジュリアン・アラハンガマット・ドーラベリンダ・マクローリー、エージェントのポール・ゴダードロバート・テイラー、預言者グロリア・フォスター、主人公からプログラムを受取るマーク・グレイ、その恋人エイダ・ニコデモなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020