4551 Movies

王になろうとした男 The Man Who Would Be King (1975)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1888年に発表された、ラドヤード・キプリングの短編”王になろうとした男”を基に製作された作品。
秘境の地で王になろうとした風変わりな二人のイギリス人の冒険を描く、監督、脚本ジョン・ヒューストン、主演ショーン・コネリーマイケル・ケインクリストファー・プラマー他共演のアドベンチャー・アクション。


アクション/アドベンチャー

ショーン・コネリー / Sean Connery 作品一覧


スタッフ キャスト
監督:ジョン・ヒューストン

製作:ジョン・フォアマン
原作:ラドヤード・キプリング王になろうとした男
脚本
ジョン・ヒューストン
グラディス・ヒル
撮影:オズワルド・モリス
編集:ラッセル・ロイド
美術・装置
アレクサンドル・トローネル
トニー・イングリス
ピーター・ジェームズ
衣装デザイン:イデス・ヘッド
音楽:モーリス・ジャール

出演
ダニエル・ドラヴォット:ショーン・コネリー
ピーチー・タリフェロ・カーネハン:マイケル・ケイン
ラドヤード・キプリングクリストファー・プラマー
グルン/ビリー・フィッシュ:サイード・ジャフリー
弁務官:ジャック・メイ
カフー・セリム:カーローム・ベン・ボーイ
ウータ/首長:ドグミ・ラルビ
ロクサネ:シャキーラ・ケイン

アメリカ/イギリス 映画
配給
コロンビア・ピクチャーズ(世界)
アライド・アーティスツ・ピクチャーズ・コーポレーション(北米)
1975年製作 129分
公開
イギリス:1975年12月18日
北米:1975年12月17日
日本:1976年6月12日
製作費 $8,000,000
北米興行収入 $13,200,000


アカデミー賞
第48回アカデミー賞

・ノミネート
脚色・編集・美術・衣装デザイン賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1885年、インド
オフィスで原稿を書いていた”ノーザン・スター”紙の特派員ラドヤード・キプリングクリストファー・プラマー)は、背後から忍び寄る薄汚い男に気づく。

覚えていないかと言われたキプリングは、何も思い出せない。

飲物が欲しいと言う男(マイケル・ケイン)はグラスの酒を受取り、この場所で”ダニー”と共に契約を交わしたと話し、キプリングは、男がピーチー・タリフェロ・カーネハンだと気づく。

カーネハンは、わずか3年前のことだとは思えないと言って、その時のことを話し始める。
__________
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1885年、インド
オフィスで原稿を書いていた”ノーザン・スター”紙の特派員ラドヤード・キプリングは、現れた薄汚い男から、かつてこの場で契約を交わしたカーネハンだと言われて話しを聞く。
3年前、”フリーメイソン”の懐中時計をカーネハンに盗まれたことで彼と知り合ったキプリングは、兵士だったカーネハンと友人のダニエル・ドラヴォットから、秘境の地”カフィリスタン”に向かい王になる計画があると言われる。
風変わりな二人に興味を持ったキプリングは、王になることを誓う彼らと共に契約書にサインする。
気が狂った行者と弟子に扮したドラヴォットとカーネハンは、キプリングに見送られながら、”アレキサンダー大王”が征服して以来、白人が足を踏み入れたことがないカフィリスタンに向かうために旅立つのだが・・・。
__________

原作者ラドヤード・キプリングが、インドでの体験記を基にした短編”王になろうとした男”の映画化作品。

元軍人である奇抜な発想を持つ風変わりな冒険家二人の奇妙な旅と、彼らに興味を持つ特派員キプリングがいかにして関わったかが描かれている、冒険映画ファンにはたまらない内容となっている。

奇想天外なストーリーに加え、主人公二人の特異なキャラクターを生かした、ジョン・ヒューストンのダイナミックな脚本と演出が見所の作品。

美術やイデス・ヘッドの衣装、モーリス・ジャールの音楽なども注目で、主にモロッコで行われたロケもスケール感がある。

キプリングもメンバーであった”フリーメイソン”や、”アレキサンダー大王”の伝説的物語が重要なポイントとして描かれているのも興味深い。

第48回アカデミー賞では、脚色、編集、美術、衣装デザイン賞にノミネートされた。

冒険映画に相応しい、豪放磊落で勇敢、ロマンチストでもある愛すべきキャラクターを演じた、ショーン・コネリーマイケル・ケインの熱演は光る。

風変わりな主人公の二人に興味を持つラドヤード・キプリング役のクリストファー・プラマー、主人公を補助するグルカ族の兵士サイード・ジャフリー、現地弁務官のジャック・メイ、最高位の僧侶カーローム・ベン・ボーイ、部族の首長ドグミ・ラルビ、そして、マイケル・ケイン夫人でもある、ドラヴォット(ショーン・コネリー)が后にしようとする女性シャキーラ・ケインなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021