4222 Movies

長い灰色の線 The Long Gray Line (1955)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
 5star

ウェスト・ポイント・陸軍士官学校で50年もの間、士官候補生の育成に献身した、マーティ・マーの自伝“Bring Up the Brass”を基に、監督ジョン・フォード、主演タイロン・パワーモーリン・オハラウォード・ボンド共演のヒューマン・ドラマの秀作。


ドラマ(ヒューマン)

ジョン・フォード / John Ford 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:ジョン・フォード

製作:ロバート・アーサー
原作:マーティ・マー“Bring Up the Brass”
脚本:エドワード・ホープ
撮影:チャールズ・ロートンJr.
編集:ウィリアム・A・ライオン
音楽:ジョージ・ダニング

出演
タイロン・パワーマーティン”マーティ”マー
モーリン・オハラ:メアリー・オドネル
ウォード・ボンド:ハーマン・J・キーラー大佐
ハリー・ケリーJr.ドワイト・ D・アイゼンハワー
ロバート・フランシス:ジェームズ・サンドストロムJr.
ドナルド・クリスプ:マーティン(父)
ショーン・マクローリー:ディニー・マー
ベッツィ・パーマー:キティ・カーター
フィリップ・ケリー:チャールズ・ドットソン
ウィリアム・レスリー:レッド・サンドストロム
パトリック・ウェイン:シェラブ・オーヴァートン
ピーター・グレイヴス:ルドルフ・ハインツ
マーティン・ミルナー:ジム・オカーベリー
ジャック・ペニック:軍曹

アメリカ 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ
1955年製作 137分
公開
北米:1955年2月9日
日本:1955年1月22日
製作費 $1,748,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ホワイトハウス

ウェスト・ポイントの体育副教官を50年間勤めたマーティ・マー(タイロン・パワー)は、退職命令を受け、教え子であるアイゼンハワー大統領に、職務継続を直訴する。
__________

1903年。
アイルランド移民のマーティ・マーは、ウェスト・ポイントの給士係に採用される。

給士係が割に合わないと感じたマーティは、軍隊に志願するものの、移民の彼には理解できない、規則や任務に戸惑ってしまう。

しかし、面倒見のいいマーティは、次第に候補生から慕われるようになる。

そんなマーティは、若い候補生の気持ちを考えず、保身に走るルドルフ・ハインツ軍曹(ピーター・グレイヴス)と対立してしまう。

やがてマーティは、闘技主任のハーマン・J・キーラー大尉(ウォード・ボンド)の目に留まり、彼の助手になる。

マーティは、キーラー大尉の家のメイドとしてアイルランドからやってきた、メアリー・オドンネル(モーリン・オハラ)に一目惚れしてしまう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
アイルランド移民のマーティ・マーは、給士としてウェスト・ポイント内に職を得る。
その仕事が気に入らないマーティは、軍に志願し、候補生に慕われるながら闘技主任の助手となる。
やがて、同じ移民のメアリーと結婚したマーティは、父と弟も国から呼び寄せ、二度の大戦に教え子を送り出し退役の日を迎える。
マーティは、50年間過ごしたウェスト・ポイントが全てであり、教え子の、大統領アイゼンハワーに、現役続行の許可を直訴する・・・。
__________

コロンビア・ピクチャーズのワンマン社長であるハリー・コーンが、大統領アイゼンハワーの功績を賞賛する作品を作ろうと考え、彼が登場するマーティ・マーの自伝の映画化権を買取り製作された作品である。

ウェスト・ポイント全面協力による、美しいロケも素晴らしく、アメリカ人の心を捉え作品は大ヒットを記録した。

士官候補生”長い灰色の線”の見事な行進も効果的に使われている。

テレビ時代に対抗するため、ジョン・フォードは、否定的ではあったシネマスコープを初めて使い、彼らしい、詩情豊かな人情味溢れる、家族、友人や教え子達との触れ合いを描いた、ヒューマン・ドラマの傑作であり、マーティ・マーの功績を称える、ラストの、候補生による栄誉分列行進は涙なくして見られない。

また、フォード自身もそうであるように、 主人公や妻のアイルランド気質を万遍なく盛り込んだ、フォード作品ならではの作風は、ファンにとって嬉しいばかりだ。

美男スターとして知られたタイロン・パワーだが、彼はそれに満足せず、本作の主人公に抜擢されて見事に才能を開花させ、遺作となる「情婦」(1957)と並ぶ、一世一代の名演を見せてくれる。

わが谷は緑なりき」(1941)以来、フォードの最もお気に入りの女優でもある、アイルランド出身のモーリン・オハラは、夫や候補生に献身的に尽くし、静かに息を引き取る祖国出身の主人公の妻役を好演ている。

フォード一家の代表格、ウォード・ボンドの、豪快な闘技教官も、フォード作品ならではのキャラクターだ。

撮影時点で70歳を超えている「わが谷は緑なりき」(1941)でアカデミー助演賞を受賞した名優ドナルド・クリスプの、矍鑠たる演技も素晴らしい。

若き日のアイゼンハワーを演ずるハリー・ケリーJr.パトリック・ウェインらのフォード一家の面々、本作が遺作となってしまう、期待の若手俳優ロバート・フランシスマーティに励まされて見事に卒業するものの妻子を残して戦死するウィリアム・レスリー、その妻役ベッツィ・パーマー、主人公の弟ショーン・マクローリー、フットボールのオールアメリカンを諦めて、優秀な成績で卒業するフィリップ・ケリーマーティと対立する軍曹ピーター・グレイヴス、若き候補生マーティン・ミルナー、他フォード一家ジャック・ペニックなども出演する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020