4292 Movies

インターンシップ The Internship (2013)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

失業した営業マンが”Google”のインターシップに参加して奮闘する姿を描く、監督ショーン・レヴィ、制作、原案、脚本、主演ヴィンス・ヴォーンオーウェン・ウィルソンローズ・バーンマックス・ミンゲラディラン・オブライエンジョシュ・ブレナージョン・グッドマンロブ・リグルウィル・フェレル他共演のコメディ。


コメディ


スタッフ キャスト
監督:ショーン・レヴィ

製作
ヴィンス・ヴォーン
ショーン・レヴィ
製作総指揮
アーノン・ミルチャン
ダン・レヴィン
ジョシュ・マクラグレン
メアリー・マクラグレン
サンドラ・J・スミス
スコット・ステューバー
原案:ヴィンス・ヴォーン
脚本
ヴィンス・ヴォーン
ジャレッド・スターン
撮影:ジョナサン・ブラウン
編集:ディーン・ジマーマン
音楽:クリストフ・ベック

出演
ビリー・マクマホン:ヴィンス・ヴォーン
ニック・キャンベル:オーウェン・ウィルソン
ダナ・シムズ:ローズ・バーン
グレアム・ホートリー:マックス・ミンゲラ
スチュアート・トゥオンブリー:ディラン・オブライエン
ライル・スポルディング:ジョシュ・ブレナー
ネーハ・パテル:ティヤ・シルカー
ヨーヨー・サントス:トビット・ラファエル
ロジャー・チェティ:アーシフ・マンドヴィ
アンドリュー”ヘッドフォン”アンダーソン:ジョシュ・ギャッド
シド:エリック・アンドレ
ザック:ハーヴェイ・ギーエン
サミー・ボスコ:ジョン・グッドマン
マリエレナ・グティエレス:ジェシカ・ゾア
サル:ブルーノ・アマト
ベンジャミン:B・J・ノヴァク
ランディ:ロブ・リグル
メーガン:ジョアンナ・ガルシア
ケヴィン:ウィル・フェレル
本人:セルゲイ・ブリン

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
2013年製作 119分
公開
北米:2013年6月7日
日本:未公開
製作費 $58,000,000
北米興行収入 $$44,672,760
世界 $93,492,840


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
営業マンのビリー・マクマホン(ヴィンス・ヴォーン)とニック・キャンベル(オーウェン・ウィルソン)は、商談相手のボブから自分たちの会社が倒産したことを知らされて驚く。

上司のサミー・ボスコ(ジョン・グッドマン)にそのことを確認したビリーとニックは、仕方なく会社を去る。

ニックは、妹のジーニーに恋人のケヴィン(ウィル・フェレル)の店で働くこと勧められるものの、気が進まない。

家を差し押さえられたビリーは、恋人のメーガン(ジョアンナ・ガルシア)にも捨てられる。

職を探したビリーは、”Google”のインターシップに応募することを考える。

ケヴィンのマットレス・ショップ”スリープン・スヌーズ”で働き始めたニックは、ビリーが現れたために、仕事中だと言って追い払おうとする。

Googleのことを話したビリーは興奮するものの、IT関連には詳しくないニックは戸惑う。

仕事を得るためのインターシップだと説明したビリーは、興味を示さないニックを説得する。

ケヴィンに侮辱され続けていたニックは、辞める決心をして、ビリーと共にその場を去る。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
営業マンのビリー・マクマホンとニックは、会社が倒産したために解雇される。
家と恋人を失ったビリーは、ニックを誘って”Google”のインターシップに応募し、なんとか合格して本社の”Googleplex”に向かう。
インターシップの責任者チェティは、ビリーとニックに興味を示したライルに彼らのチームを任せる。
セミナーや講義が始まり、ITに詳しいはずがないビリーとニックは、エリートのグレアムにバカにされながら、大学生三人とライルと共に、正社員になるためにチャレンジを始めるのだが・・・。
__________

制作、原案、脚本、主演のヴィンス・ヴォーンオーウェン・ウィルソンの「ウエディング・クラッシャーズ」(2005)以来の共演、多くの話題作を手掛けるショーン・レヴィが監督したことで注目された作品。

失業した営業マン・コンビが”Google”のインターシップに参加し、奮闘しながら巻き起こす騒動を描くコメディ。

一般的な世界企業のイメージからは想像できない、”Google”の社風などが見事に描かれている。
Google全面協力による本社”Googleplex”での撮影により、”異質の空間”の様子が伝わってくる映像は必見だ。

批評家の評価は低かったものの、軽快なショーン・レヴィの演出、ヴィンス・ヴォーンオーウェン・ウィルソンの熱演もあり、上記のように、Googleファンにとっては実に興味深い作品に仕上がっている。

北米興行収入は約4500万ドル、全世界では1億ドルに迫るまずまずのヒットとなった。

細かいことにとらわれず奔放ではあるが、人間味を感じさせる男を演ずるヴィンス・ヴォーン、彼と息の合ったナイスガイを演ずるオーウェン・ウィルソンの熱演は見ものだ。

当初はニック(オーウェン・ウィルソン)を敬遠するものの、次第に彼の人間性に惹かれるGoogleの社員ローズ・バーン、主人公らをイジメる意地の悪いライバルのマックス・ミンゲラ、主人公とチームを組むマネージャーである社員のジョシュ・ブレナー、同じくメンバーで、クールで素っ気ない携帯電話依存症のディラン・オブライエン、”キンク”の熱狂的な愛好家ティヤ・シルカー、マザコンのトビット・ラファエル、インターシップの責任者アーシフ・マンドヴィ、主人公らに興味を持つ”Google Search”の責任者ジョシュ・ギャッド、社員のエリック・アンドレ、グレアム(マックス・ミンゲラ)のチームメンバーで彼にイジメられるハーヴェイ・ギーエン、主人公の上司ジョン・グッドマン、ライル(ジョシュ・ブレナー)が惹かれるダンス・インストラクターのジェシカ・ゾア、主人公らに広告を勧められるピザ・ショップのオーナー、ブルーノ・アマト、主人公らをネット面接するB・J・ノヴァク、主人公を雇う電動車椅子の販売者ロブ・リグル、主人公の恋人ジョアンナ・ガルシア、ニックの妹の恋人でマットレス・ショップのオーナー、ウィル・フェレル、そしてGoogle創業者セルゲイ・ブリンがさりげなく登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020