4371 Movies

アロハ Aloha (2015)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

民間衛星の打ち上げ事業に携わる失敗続きの軍事コンサルタントの恋と人生の再生を描く、 製作、監督、脚本キャメロン・クロウ、主演ブラッドリー・クーパーエマ・ストーンレイチェル・マクアダムスビル・マーレイジョン・クラシンスキーダニー・マクブライドアレック・ボールドウィン他共演のロマンチック・コメディ。


ロマンチック・コメディ


スタッフ キャスト
監督:キャメロン・クロウ

製作:キャメロン・クロウ
製作総指揮
スコット・ルーディン
イーライ・ブッシュ
イロナ・ハーツバーグ
ベンジャミン・ウェイスブレン
脚本:キャメロン・クロウ
撮影:エリック・ゴーティエ
編集:ジョー・ハッシング
音楽:ヨンシー&アレックス

出演
ブライアン・ギルクレスト:ブラッドリー・クーパー
アリソン・イン大尉:エマ・ストーン
トレイシー・ウッドサイド:レイチェル・マクアダムス
カーソン・ウェルチ:ビル・マーレイ
ジョン”ウッディ”ウッドサイド:ジョン・クラシンスキー
”フィンガーズ”レイシー大佐:ダニー・マクブライド
ディクソン大将:アレック・ボールドウィン
ボブ・ラージェント:ビル・キャンプ
グレイス・ウッドサイド:ダニエル・ローズ・ラッセル
ミッチェル・ウッドサイド:ジェイデン・マーテル
カーティス中佐:エディ・ガテギ
カーソンの伝記作家:イワナ・ミリセヴィッチ
本人:バンピー・カネヘレ

アメリカ 映画
配給
Sony Pictures Releasing(北米)
20世紀FOX(世界)
2015年製作 105分
公開
北米:2015年5月29日
日本:未公開
製作費 $37,000,000
北米興行収入 $21,067,120
世界 $26,250,000


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
予算削減などもあり、”NASA”の宇宙開発は、衛星を打ち上げて宇宙を支配しようとする大富豪が引き継いだ。

軍人を辞め軍事コンサルタントとなったブライアン・ギルクレスト(ブラッドリー・クーパー)は、土地を開発しようとする世界屈指の億万長者カーソン・ウェルチ(ビル・マーレイ)の仕事を請け負った。

アフガニスタンでの仕事でしくじったブライアンは、両脚の18か所を骨折して職を失った。

ようやく小さな仕事を得たブライアンは、カーソンの代理としてハワイに戻る。

輸送機を操縦する空軍パイロットで知人のジョン”ウッディ”ウッドサイド(ジョン・クラシンスキー)に声をかけたブライアンは、仕事のことを訊かれ、移設されるゲートの地鎮祭を手配すると答える。

ジョンは、ブライアンの元恋人だった自分の妻トレイシー(レイチェル・マクアダムス)が驚くと彼に伝える。

ヒッカム空軍基地
”フィンガーズ”レイシー大佐(ダニー・マクブライド)は、ジョンを迎えに来たトレイシーの息子ミッチェル(ジェイデン・マーテル)の相手をしていた。

ジョンの機は着陸し、ブライアンは、迎えてくれたレイシーから、トレイシーがいることを知らされる。

自分に気づいたトレイシーが気になるブライアンは、連絡将校である”F22”のエリート・パイロットで、”宇宙軍団”に出向中のアリソン・イン大尉(エマ・ストーン)をレイシーから紹介される。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
予算削減で”NASA”の宇宙開発は、衛星を打ち上げて宇宙を支配しようとする大富豪が引き継いだ。
ハワイ、軍事コンサルタントのブライアン・ギルクレスト(ブラッドリー・クーパー)は、民間宇宙開発を進める大富豪カーソン・ウェルチの仕事を請け負い、空軍のサポートを受けて、知人である先住民自治区代表バンピーに会うことになる。
ブライアンは、移設されるゲートの地鎮祭を手配するため、空軍のエリート・パイロットのアリソンと共にバンピーの元に向かうのだが・・・。
__________

民間衛星の打ち上げ事業に携わる、失敗続きの軍事コンサルタントの恋と人生の再生を描くロマンチック・コメディ。

キャメロン・クロウが製作と脚本を兼ねて監督し、人気スターのブラッドリー・クーパーエマ・ストーン他の共演が話題になった作品。

民間が進める宇宙開発をサポートする軍の現状と、その間に入る軍事コンサルトの関係などが興味深く描かれている。

若手、個性派、ベテランを含めた豪華キャスティングも注目なのだが、ややご都合主義的なところもあり、批評家、一般の評価は低く興行的にも失敗した作品。
製作費 $37,000,000
北米興行収入 $21,067,120
世界 $26,250,000

舞台が神話の地ハワイであるため、精神、神秘的な雰囲気を漂わせようとするのはいいが、地元の先住民自治区代表が感じるものだけを協調した方が良かったような気がする。

エマ・ストーンの役がハワイ人のクォーターという設定や、アジア系の登場人物が少ないことに対する意見があるが、上記の通り、先住民自治区代表のバンピー・カネヘレの、威厳を感じさせる雰囲気ある登場シーンだけでも十分であり、問題ないと思うのだが・・・。
クライマックスの、”父と娘”の無言の触れ合いはホロリとさせてくれる。

誰にでもある問題を抱えているだけで、人生に失敗したという大袈裟な状況でもないようにも思える軍事コンサルタントのブラッドリー・クーパー、彼の”監視役”である空軍のエリート・パイロットで、惹かれ合うようになるエマ・ストーン、主人公の元恋人レイチェル・マクアダムス、その夫で空軍パイロットのジョン・クラシンスキー、主人公を雇う宇宙開発を進める大富豪ビル・マーレイ、民間宇宙開発のサポートを担当する空軍大佐のダニー・マクブライド、主人公を憎む”太平洋空軍”司令官のアレック・ボールドウィン、軍事コンサルタントのビル・キャンプ、トレイシー(レイチェル・マクアダムス)の娘ダニエル・ローズ・ラッセル、その弟ジェイデン・マーテル空軍中佐のエディ・ガテギ、カーソンの伝記作家(ビル・マーレイ)のイワナ・ミリセヴィッチ、先住民自治区代表のバンピー・カネヘレなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021