4213 Movies

フラッシュダンス Flashdance (1983)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

プロのダンサーになる夢を追い続ける若い女性の熱い思いを描く、製作ジェリー・ブラッカイマードン・シンプソン、監督エイドリアン・ライン、主演ジェニファー・ビールスマイケル・ヌーリーシンシア・ローズリリア・スカラ他共演の青春映画。


ドラマ(青春)


スタッフ キャスト ■
監督:エイドリアン・ライン
製作総指揮
ジョン・ピータース

ピーター・グーバー
製作
ジェリー・ブラッカイマー

ドン・シンプソン
脚本
トーマス・ヘドリー

ジョー・エスターハス
撮影:ドナルド・ピーターマン
編集
バド・S・スミス

ウォルター・マルコネリー
音楽:ジョルジオ・モロダー

出演
アレックス・オーウェンス:ジェニファー・ビールス

ニック・ハーレイ:マイケル・ヌーリー
ティナ・テック:シンシア・ローズ
ハンナ・ロング:リリア・スカラ
ジーニー・ザボ:サニー・ジョンソン
リッチー:カイル・T・ヘフナー
ジョニー・C:リー・ヴィング
ジェイク・モウビー:ロン・カラバトソス
ケィティー・ハーレイ:ベリンダ・バウアー
サニー:リズ・セイガル
モウビーズ・バーの常連客:ロバート・ウール

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ

1983年製作 94分
公開
北米:1983年4月15日
日本:1983年7月
北米興行収入 $94,900,000


アカデミー賞 ■
第56回アカデミー賞
・受賞
歌曲賞
Flashdance… What a Feeling
アイリーン・キャラ

・ノミネート
撮影・編集・歌曲賞”Maniacマイケル・センベロ


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ペンシルベニアピッツバーグ
18歳のアレックス・オーウェンス(ジェニファー・ビールス)は、昼間は溶接工として働き、夜はモウビーズ・バーのステージに出演するダンサーだった。

アレックスは、プロ・ダンサーになる夢を追っていたのだが、彼女の働く工場のボス、ニック・ハーレイ(マイケル・ヌーリー)が、アレックスのダンスを見て彼女に惹かれてしまう。

倉庫を改造した部屋に住み、日々努力を重ねたアレックスは、名門バレエ団を受験しようとする。

しかし、バレエの基礎を学んでいないアレックスは、引け目を感じ逃げ去るようにその場を離れる。

工場で、ニックに声をかけられたアレックスは、彼から食事に誘われるが、ボスとは付き合わないことを伝えて、それを断る。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
溶接工として働く18歳の女性アレックス・オーウェンスは、夜はバーのステージに上がりプロ・ダンサーを目指し鍛錬の日々を送っていた。
アレックスのボスのニックは、彼女に惹かれ食事に誘うものの断られてしまう。
名門バレエ団のオーディションにを受けることに躊躇するアレックスだったが、彼女は恩師ハンナに励まされ、さらにダンスに打ち込む。
その後、ニックのアプローチを受け入れたアレックスは、彼と愛し合うようになり、オーディションに申し込み、受験資格を得るのだが・・・。
__________

作品の内容よりも、その後ヒット作を連発させるハリウッドのヒットメイカー、ドン・シンプソンジェリー・ブラッカイマー、そして、監督エイドリアン・ラインにとっての出世作となった。

エレクトリック・ミュージックの大家であるジョルジオ・モロダーの音楽も楽しめる。

日本では、ミュージカル・パフォーマンスの傑作のように言われている作品だが、押し付けがましいサクセス・ストーリーと、際立ったダンスシーンがある訳でもない平凡な作品という印象だ。

最初から成功する前提で物語を作っているせいか、主人公の苦悩や挫折が映像で伝わらず、溶接工として働く姿などは茶番にしか見えない。

ジェニファー・ビールスのダンスが代役なのは周知の事実だが、いかに彼女と見間違うように見せるかの努力をするくらいなら、最初から共演者シンシア・ローズのようなプロをヒロインにしてもらいたいとつくづく思う。

とは言うものの、評価は低かったにもらず北米興行収入は約9500万ドルのヒットとなった作品。

これは、アイリーン・キャラらによる歌曲の素晴らしさによるもので、そのサウンドトラックも世界的な大ヒットとなった。

第56回アカデミー賞では、その主題曲”Flashdance… What a Feeling”が歌曲賞を受賞した。
・ノミネート
撮影・編集・歌曲賞”Maniacマイケル・センベロ

ダンスがだめなら演技で勝負と言いたいところなのだが・・・、ヒロインのジェニファー・ビールス、そのボスで恋人マイケル・ヌーリー、単独のパフォーマンスを見せてくれるのが嬉しい、バーのダンサー、シンシア・ローズ、80代半ばとは思えない若々しさで、矍鑠たる演技を見せてくれる主人公の恩師役のリリア・スカラ、同じ夢を追う若者で、フィギュア・スケーターのサニー・ジョンソン、コメディアンを目指すその恋人カイル・T・ヘフナー、トップレス・バーの呼び込みリー・ヴィング、バーのオーナーのロン・カラバトソス、ダンサー役のリズ・セイガル、ニック(M・ヌーリー)の元妻ベリンダ・バウアー、そして、バーの常連客でロバート・ウールが端役出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020