4218 Movies

ヘザース Heathers (1988)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

校内を支配する三人組“ヘザース”の言いなりだった高校生が、過激な転校生との出会いにより引き起こす危険な行動を描く、監督マイケル・レーマン、主演ウィノナ・ライダークリスチャン・スレーター他共演の青春コメディ。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:マイケル・レーマン
製作:デニス・ディ・ノヴィ
製作総指揮:クリストファー・ウェブスター
脚本:ダニエル・ウォーターズ

撮影:フランシス・ケニー
編集:ノーマン・ホリン
音楽:デヴィッド・ニューマン

出演
ベロニカ・ソーヤー:ウィノナ・ライダー

ジェイソン”JD”ディーン:クリスチャン・スレーター
ヘザー・デューク:シャナン・ドハーティー
ヘザー・マクナマラ:リザンヌ・フォーク
ヘザー・チャンドラー:キム・ウォーカー
ポーリン・フレミング:ペネロープ・ミルフォード
ベッツィー・フィン:レネ・エステヴェス
リッパー神父:グレン・シャディックス

アメリカ 映画
配給 ニューワールド・ピクチャーズ

1988年製作 103分
公開
北米:1989年3月31日
日本:1990年12月8日
製作費 $3,000,000
北米興行収入 $1,108,460


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
高校生ベロニカ・ソーヤー(ウィノナ・ライダー)は、ファーストネームが同じのヘザー・デューク(シャナン・ドハーティー)、ヘザー・マクナマラ(リザンヌ・フォーク)、ヘザー・チャンドラー(キム・ウォーカー)という三人組”ヘザース”の言いなりになっている毎日を送りうんざりしていた。

そんなベロニカは、転校生ジェイソン”JD”ディーン(クリスチャン・スレーター)が自分を意識していることを気にする。

ヘザー・チャンドラーから、大学生のパーティーに誘われたベロニカは、その場を楽しむことができず、彼女にバカにされて、ヘザースに殺意まで抱くようになる。

JDが周囲に惑わされない性格だと知ったベロニカは、自宅の部屋に忍び込んできた彼が気に入り、外出して愛し合う。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
高校生ベロニカ・ソーヤーは、同じ名の三人組“ヘザース”の言いなりである毎日にうんざりしていた。
そんな時ベロニカは、転校生JDが周囲に惑わされない正確だと知り親しくなり愛し合うようになる。
その後、ヘザースに殺意まで抱くようになっていたベロニカは、JDと共謀して、その一人に洗剤入りのミルクを飲ませてしまう。
ヘザーが死んでしまったため焦ったベロニカは、JDと共に、それを自殺に見せかける。
混乱の兆しが見える校内がざわめき始める中、ベロニカは、からかわれた男子生徒二人をJDの協力で殺害し、今回も自殺に見せかける。
考えをめぐらせ始めたベロニカだったが、ある計画を実行しようとしていたJDの行動は次第にエスカレートしていく・・・。
__________

単なる青春コメディの雰囲気で始まる物語は、周囲とは異なる考えを持つ転校生の登場から過激な展開となる。

結局は、歪んだ社会構造を正そうとする者の、常軌を逸した行動がエスカレートしていく様を描く、シニカルな内容の異色の青春ドラマとなっている。

今観るとそれほど刺激的にも思えない内容だが、1980年代末の公開当時は、かなり話題になった作品。

日本の高校生では考えられない、タイトルにもなっている”ヘザース”三人組の、その当時を思い起こさせるファッションなども注目だ。

地味だが、スターになる素質を感じさせる主人公のウィノナ・ライダー、過激な転校生クリスチャン・スレーター、ヘザースの三人シャナン・ドハーティーリザンヌ・フォークキム・ウォーカー、教師ペネロープ・ミルフォード、生徒レネ・エステヴェス、神父グレン・シャディックスなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020