4217 Movies

ザ・ホークス The Hoax (2007)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

謎の大富豪”ハワード・ヒューズ”を取材して、自伝執筆を捏造したクリフォード・アーヴィングが起した詐欺事件を描く、監督ラッセ・ハルストレム、主演リチャード・ギアアルフレッド・モリーナマーシャ・ゲイ・ハーデンジュリー・デルピースタンリー・トゥッチイーライ・ウォラック他共演のドラマ。


ドラマ


スタッフ キャスト ■
監督:ラッセ・ハルストレム
製作総指揮
アンソニー・カタガス

ゲイリー・レヴィンソン
製作
マーク・ゴードン

ベッツィ・ビアーズ
ボブ・ヤーリ
原作:クリフォード・アーヴィング”The Hoax”
脚本:ウィリアム・ウィーラー

撮影:オリヴァー・ステイプルトン
編集:アンドリュー・モンドシェイン
音楽:カーター・バーウェル

出演
クリフォード・アーヴィングリチャード・ギア

リチャード”ディック”サスキンドアルフレッド・モリーナ
エディス・アーヴィング:マーシャ・ゲイ・ハーデン
アンドレア・テイト:ホープ・デイヴィス
ニーナ・ヴァン・パラントジュリー・デルピー
シェルトン・フィッシャー:スタンリー・トゥッチ
ノア・ディートリッヒイーライ・ウォラック
ハロルド・マグロウJr.:ジョン・カーター
ラルフ・グレイヴジェリコ・イヴァネク

アメリカ 映画
配給 ミラマックス

2007年製作 116分
公開
北米:2007年4月6日
日本:2011年4月30日
製作費 $25,000,000
北米興行収入 $7,165,000
世界 $11,772,460


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1971年10月20日、ニューヨーク
売れない作家クリフォード・アーヴィング(リチャード・ギア)は、出版社”マグロウヒル”の編集者アンドレア・テイト(ホープ・デイヴィス)と、ビルの屋上である大物の到着を待つ。

4ヶ月前。
アーヴィングは、テイトに確実だと言われていた新作の出版が没になり、妻エディス(マーシャ・ゲイ・ハーデン)や相棒である調査員で作家のリチャード”ディック”サスキンド(アルフレッド・モリーナ)に慰められる。

バハマナッソー
窮地に立たされたアーヴィングは思い悩んでいたが、滞在したホテルの所有者である、隠遁生活を送っているはずの謎の大富豪”ハワード・ヒューズ”が現われることになり混乱する。

ニューヨークに戻ったアーヴィングは、テイトが自分に見切りを付けたたと判断し、彼女に”今世紀最大の作品”を書いていると豪語してしまう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

ドラマの主人公クリフォード・アーヴィングは、その後、この事件を題材にした小説”The Hoax”を1981年に発表している。

*(簡略ストー リー)
売れない作家クリフォード・アーヴィングは、出版社”マグロウヒル”の編集者テイトに、新作の出版を没にされてしまう。
納得いかないアーヴィングは、テイトに今世紀最大の作品を執筆中だと豪語してしまう。
しかし、アーヴィングは、何の当てもなく張ったりで口にしてしまったことを、相棒で調査員リチャード”ディック”サスキンドに伝え焦ってしまう。
そんなアーヴィングはあることを閃き、隠遁生活を送っている謎の大富豪”ハワード・ヒューズ”の伝記を書いているとテイトに伝え、彼からの手紙を偽造しそれを信じ込ませる。
マグロウヒル”との契約を成立させたアーヴィングは、ディックと共に”H・ヒューズ”の半生を調べ始める。
その後、門外不出の情報などを首尾よく入手したアーヴィングディックは、疑われながらも何とか裏工作とでっち上げた話で切り抜け、原稿料を手に入れる。
そしてアーヴィングは、当然、会ったこともない”H・ヒューズ”に成り切ってまで伝記執筆に執念を燃やし、それが次第にエスカレートして行き、現実と虚像の区別がつかなくなってしまう・・・。
__________

ドラマでもその辺りは触れられるが、主人公アーヴィングディックの計画は、当初から”ハワード・ヒューズ”が否定すれば成り立つはずがない。
しかし、そこは”謎”に包まれた人物が相手というところと、国家権力を操作するほどの大物の企みを絡めた陰謀があった?という脚色で面白味のある内容に仕上がっている。

1970年代初頭の雰囲気や、実名企業や有名人が登場するリアルな物語は、前半は軽快なコメディ・タッチで展開するが、中盤以降はサスペンスに巨大権力の陰謀がうごめく泥臭い話になり、本来なら、簡単に捻り潰されそうな一作家が、その陰謀に利用されていく怖さも感じさせる、ラッセ・ハルストレムの奥深い演出も見ものだ。

豪華キャスト並びにスタッフ人を擁し、当然、小作ではないのだが、商業的には成功しなかった作品でもある。

製作費 $25,000,000
北米興行収入 $7,164,995
世界 $11,772,461
当時40歳の主人公クリフォード・アーヴィングを演ずるため、60歳に近づこうとしていた主演のリチャード・ギアは髪の毛を染め、大バクチを打つつもりが、権力に翻弄され精神的にも追い詰められていく男を熱演している。

魅力あるキャラクターで、不安を抱えながら主人公をサポートするリチャード”ディック”サスキンドを演ずるアルフレッド・モリーナ、主人公の妻マーシャ・ゲイ・ハーデン、”マグロウヒル”の編集者ホープ・デイヴィス、主人公の元愛人で男爵夫人ニーナ・ヴァン・パラントジュリー・デルピー、”マグロウヒル”の親会社社長スタンリー・トゥッチH・ヒューズの元側近ノア・ディートリッヒを演ずる、90歳を超す大ベテランのイーラ・ウォラック、”マグロウヒル”社主ハロルド・マグロウJr.のジョン・カーター、”ライフ”編集長ラルフ・グレイヴジェリコ・イヴァネクなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020