4238 Movies

ハングオーバー!! 史上最悪の二日酔い、国境を越える The Hangover Part II (2011)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

大ヒットした爆笑コメディ「ハングオーバー!」(2009)の続編で、スタッフ、キャストはほぼ前作と同じで製作された作品。
結婚式を控えタイに向かった友人4人組が、再び起してしまう大失態と騒動を描く、製作、監督、脚本トッド・フィリップス、主演ブラッドレイ・クーパーエド・ヘルムズザック・ガリフィアナキスジャスティン・バーサポール・ジアマッティ共演のコメディ。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:トッド・フィリップス
製作総指揮
トーマス・タル

ジョン・ジャシュニ
ウィリアム・フェイ
スコット・バドニック
クリス・ベンダー
J・C・スピンク
製作
トッド・フィリップス

ダニエル・ゴールドバーグ
原作
ジョン・ルーカス

スコット・ムーア
脚本
スコット・アームストロング

トッド・フィリップス
クレイグ・メイジン
撮影:ローレンス・シャー
編集
デブラ・ニール=フィッシャー

マイケル・L・セール
音楽:クリストフ・ベック

出演
フィル・ウィネック:ブラッドレイ・クーパー

ステュアート”ステュ”プライス:エド・ヘルムズ
アラン・ガーナー:ザック・ガリフィアナキス
ダグ・ビリングス:ジャスティン・バーサ
レスリー・チャウ:ケン・チョン
シド・ガーナー:ジェフリー・タンバー
ローレン:ジェイミー・チャン
テディ:メイソン・リー
サミール:ブライアン・カレン

ピーター・キングズリー:ポール・ジアマッティ
トレイシー・ビリングス:サーシャ・バレス
ステファニー・ウィネック:ジリアン・ヴィグマン
キミー:ヤスミン・リー
フォーン:ニルット・シリジャンヤー
ジョー:ニック・カサヴェテス
本人:マイク・タイソン

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

2011年製作 102分
公開
北米:2011年5月26日
日本:2011年7月1日
製作費 $80,000,000
北米興行収入 $254,464,310
世界 $581,464,310


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
タイバンコク
フィル・ウィネック(ブラッドレイ・クーパー)、アラン・ガーナー(ザック・ガリフィアナキス)、ダグ・ビリングス(ジャスティン・バーサ)は、ステュアート”ステュ”プライス(エド・ヘルムズ)の結婚式に出席する予定だった。

式当日、花嫁ローレン(ジェイミー・チャン)は、ステュに連絡が取れず、付き添いのダグの妻トレーシーは、フィルからの連絡を受ける。

フィルは、2年前のラスベガスの時と同じく、再び失態をしてしまったと言ってトレイシーに謝る。

1週間前。
結婚式のことがアランに知られてしまい、フィルとダグにも頼まれたステュは、彼を招待するかで悩む。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「ハングオーバー!」(2009)
・「ハングオーバー!! 2」(2011)
・「ハングオーバー!!! 最後の反省会」(2013)

*(簡略ストー リー)
歯科医ステュが結婚することになり、婚約者ローレンの故郷であるタイで、結婚式を挙げることになる。
友人フィルとダグに、ラスベガスの事件以来ショックから立ち直れないアランも招待するよう言われたステュは、仕方なく彼も誘い、留学中のローレンの弟テディと共に、彼らはタイに向かう。
しかし、フィル、ステュ、アランの三人は、再び、記憶のない、事件を起した夜を過ごしてしまい、テディが行方不明になったことに気づく。
三人は、何も思い出せないまま、アランはスキンヘッド、ステュは顔にタトゥが彫られ、なぜかその場にギャングのチャウがいることを知る。
チャウは、コカインの過剰摂取で死んでしまい、三人は慌てて遺体を隠す。
彼らと行動を共にしていなかったダグの連絡で、テディが警察にいると聞いた三人は、早速、彼を引き取りに行くのだが・・・。
__________

エキゾチックな雰囲気漂う、タイのオール・ロケなどでのスケールアップした内容、やや外れたナンセンス・ギャグや、主人公達が巻き起こすトラブルなど、飽きの来ない展開は大いに楽しめる。

前作の大ヒットを受け、製作費は8000万ドル大幅にアップした。
(前作3500万ドル)

北米興行収入は、約2億5400万ドルと前作を下回るものの、全世界では1億ドル以上増収し、約5億8100万ドルの大ヒットとなった。

本シリーズの魅力は、コメディ一辺倒ではない、主人公達が起した、記憶のない大騒動を探る
ミステリー・タッチの展開である。

本作でもそれは生かされながら、下品なギャグやどぎつい描写も刺激的であり、大いに笑わせてくれる。

再び起した失態に、頭を抱えるブラッドレイ・クーパー、顔にタトゥが彫られて焦る花婿エド・ヘルムズ、今回も事件のきっかけを作る”注意欠陥障害”のザック・ガリフィアナキス、独りホテルで仲間の様子を見守るジャスティン・バーサ、その妻サーシャ・バレス、ギャングのケン・チョン、アラン(Z・ガリフィアナキス)の父ジェフリー・タンバー、ステュ(E・ヘルムズ)の結婚相手ジェイミー・チャン、その弟でアン・リーの息子メイソン・リー、その父親ニルット・シリジャンヤー、ストリップ・クラブのオーナー、ブライアン・カレンインターポールポール・ジアマッティ、フィル(B・クーパー)の妻役ジリアン・ヴィグマン、ストリップ・クラブのゲイのダンサー、ヤスミン・リー、タトゥ・ショップのニック・カサヴェテス、そして、クライマックスで前作に続きマイク・タイソンが登場する。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020