4238 Movies

ハングオーバー!!! 最後の反省会 The Hangover Part III (2013)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

爆笑ドタバタ・コメディの大ヒット・シリーズ第3弾で最終作。
ギャングのボスに、奪われた金塊を取り戻すよう命ぜられた4人が巻き起こす騒動を描く、

製作、監督、脚本トッド・フィリップス、主演ブラッドレイ・クーパーエド・ヘルムズザック・ガリフィアナキスジャスティン・バーサジョン・グッドマンメリッサ・マッカーシーヘザー・グラハム共演による抱腹絶倒のコメディ。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:トッド・フィリップス
製作
トッド・フィリップス

ダニエル・ゴールドバーグ
製作総指揮
スコット・バドニック

トーマス・タル
J・C・スピンク
脚本
トッド・フィリップス

クレイグ・メイジン
原作(キャラクター)
ジョン・ルーカス

スコット・ムーア
撮影:ローレンス・シャー
編集
デブラ・ニール=フィッシャー

ジェフ・グロス
音楽:クリストフ・ベック

出演
フィル・ウィネック:ブラッドレイ・クーパー

スチュアート”ステュ”プライス:エド・ヘルムズ
アラン・ガーナー:ザック・ガリフィアナキス
レスリー・チャウ:ケン・チョン
ダグ・ビリングス:ジャスティン・バーサ
マーシャル:ジョン・グッドマン
キャシー:メリッサ・マッカーシー
ジェイド:ヘザー・グラハム
ステファニー・ウィネック:ジリアン・ヴィグマン
シド・ガーナー:ジェフリー・タンバー
リンダ・ガーナー:ソンドラ・カリー
トレイシー・ビリングス:サーシャ・バレス
ダグ:マイク・エップス
ローレン・プライス:ジェイミー・チャン

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

2013年製作 100分
公開
北米:2013年5月23日
日本:2013年6月28日
製作費 $103,000,000
北米興行収入 $112,200,070
世界 $362,000,070


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
バンコクの騒動から2年後。
バンコクの南約60キロ、クロンプレム刑務所
所内で暴動が起きる中、収監されていたレスリー・チャウ(ケン・チョン)が脱獄する。

キリンを買い、それを運ぶハイウェイで大騒動を起こしたアラン・ガーナー(ザック・ガリフィアナキス)は、父親のシド(ジェフリー・タンバー)にその行動を非難される。

シドは、アランの意味不明な答えに激怒して見限り、興奮のあまり発作を起こして死亡する。

シドの葬儀で、再びおかしなスピーチをしたアランを見て、親友の通称”ウルフパック”のフィル・ウィネック(ブラッドレイ・クーパー)、スチュアート”ステュ”プライス(エド・ヘルムズ)、アランの義兄ダグ・ビリングス(ジャスティン・バーサ)は頭を抱える。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「ハングオーバー!」(2009)
・「ハングオーバー!! 2」(2011)
・「ハングオーバー!!! 最後の反省会」(2013)

*(簡略ストー リー)

ロサンゼルス
アランの奇行に、親友達、通称”ウルフパック”のフィル、ステュ、ダグは頭を抱える。
ダグは、義弟であるアランを施設に入れることを考え、フィルとステュらと共にアランを説得してアリゾナに向かう。
途中、ギャングのボス、マーシャルに拉致された4人は、国際犯罪者チャウに奪われた金塊を取り戻すよう命ぜられる。
アランがチャウと連絡を取り合っていたためだったのだが、ダグを人質に取られたフィルらは仕方なくそれに従う。
メキシコでチャウを見つけた3人は、彼に友情を示し、ダグを助けるために協力を得て金塊を手に入れようとするのだが・・・。
__________

1作目の”思い出”の地ラスベガスが再び登場するなど、完結篇に相応しく過去との関連性があり面白みを増す・・と言いたいところなのだが、惰性という雰囲気は否めない平凡なコメディという感じだろうか。

上記のように、前作つながりのシーンは懐かしくもあり興味深く観れるが、”レスリー・チャウ”が主人公的な展開が、今一、超メジャー級のコメディにしては物足りない原因だろうか。

ラジー賞では、”ワースト・リメイク”にノミネートされてしまった。

製作費は1作目の約3倍、約1億ドルとなったが、興行収入は激減し、北米で約1億1200万ドル、全世界ではなんと2億ドル以上も前作からダウンする約3億6200万ドルだった。
並の作品ならば大ヒットだが・・・。

今回は二日酔いとは無関係だが、再び騒動に巻き込まれる仲間達のブラッドレイ・クーパーエド・ヘルムズザック・ガリフィアナキス、人質なので影が薄いジャスティン・バーサ、本作では主演級の活躍を見せる犯罪者のケン・チョン、ギャングのボスを貫録で演ずるジョン・グッドマン、質屋の店番役のメリッサ・マッカーシー、1作目でも登場した元ストリッパー、ヘザー・グラハム、フィル(B・クーパー)の妻役ジリアン・ヴィグマン、アラン(Z・ガリフィアナキス)の父親役ジェフリー・タンバー、その妻ソンドラ・カリー、ダグ(J・バーサ)の妻サーシャ・バレス、ギャングのマイク・エップス、ステュ(E・ヘルムズ)の妻ジェイミー・チャンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020