4233 Movies

エスケープ・フロム・L.A. Escape From L.A. (1996)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1981年に公開された、SFアクション「ニューヨーク1997」の続編で、もちろん、ジョン・カーペンターカート・ラッセルが再びコンビ組んだ作品。
政府の機密扱いの装置が奪われ、国家の存亡を揺るがす事件となり、凶悪犯が、恩赦と引換えにそれを奪取するまでを描く、監督、脚本、音楽ジョン・カーペンター、製作、脚本、主演カート・ラッセルA・J・ランガースティーヴ・ブシェミステイシー・キーチパム・グリアクリフ・ロバートソンピーター・フォンダ共演のSFアクション大作。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■
監督:ジョン・カーペンター
製作
カート・ラッセル

デブラ・ヒル
脚本
ジョン・カーペンター

デブラ・ヒル
カート・ラッセル
撮影:ゲイリー・B・キッブ
編集:エドワード・A・ワーシルカ
音楽
ジョン・カーペンター

シャーリー・ウォーカー

出演
ボブ”スネーク”プリスキン:カート・ラッセル

ユートピア:A・J・ランガー
エディ:スティーヴ・ブシェミ
クエボ・ジョーンズ:ジョージ・コラフェイス
マロイ:ステイシー・キーチ

ブレイゼン:ミシェル・フォーブス
ハーシー・レ・パームス/カージャック・マローン:パム・グリア
大統領:クリフ・ロバートソン
タスリマ:ヴァレリア・ゴリノ
パイプライン:ピーター・フォンダ
ダーティ・サージェント:ピーター・ジェイソン
下院議員:ポール・バーテル
公衆衛生局長官:ブルース・キャンベル
サーファー:ブレッキン・メイヤー
スキンヘッド:ロバート・キャラダイン
サイゴン・シャドウ:ジェフ・イマダ
ハーシーの部下:アル・レオン
テスト・チューブ:リーランド・オーサー

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ

1996年製作 100分
公開
北米:1996年8月9日
日本:1996年11月23日
製作費 $50,000,000
北米興行収入 $25,477,370
世界 $42,277,370


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1998年。
犯罪都市となったロサンゼルスの市民を守るために、国家警察が結成される。

大統領候補(クリフ・ロバートソン)は、神の怒りから、大地震が起きると予測する。

2000年8月23日。
予想通り大地震は起きて、終身任期の大統領(クリフ・ロバートソン)が誕生し、首都は、彼の故郷バージニア州のリンチバーグへ移される。

地震により、ロサンゼルスは島となり、その全体が流刑の地となり、凶悪犯などが集められ、沿岸地帯でそれを監視した。

新大統領が最初に制定した事は、脱走不可能なその地に、市民権を剥奪された者は入れられ、二度と戻れないようにする法律だった。

2013年、ロサンゼルス、金曜日、19時。
かつて、大統領を救出したこともある元特殊部隊員で、今では凶悪犯のボブ”スネーク”プリスキン(カート・ラッセル)が護送されて来る。

...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
2013年。
2000年に起きた大地震で、ロサンゼルスは島となり、犯罪者の流刑場となる。
大統領の娘ユートピアは、国家機密扱いの装置を奪い、父に退陣を要求してロサンゼルスに潜む。
ユートピアは、その装置を利用して北米を支配しようとするテロ組織のリーダー、クエボと通じていた。
大統領と警察長官マロイは、元特殊部隊員でもある凶悪犯ボブ”スネーク”プリスキンを連行し、全ての犯罪に対する恩赦を条件に装置の奪取を命ずる。
スネークは、10時間で命を落とすウィルスを投与されていたため、仕方なくそれに従い、ロサンゼルスに向う。
そして、荒廃した凶悪犯の巣と化した街で、スネークは装置を奪取するために、単独でクエボを捜すのだが・・・。
__________

主人公は同名人物であるが、前作の舞台となった、ニューヨークマンハッタン島の終身刑務所の件が触れられないため、リメイクとして考えられる作品でもある。

15年前とは言え、前作「ニューヨーク1997」(1981)の製作費600万ドルから5000万ドルにアップされただけあり、その特撮や様々な趣向がなかなか凝っている。

荒廃したロサンゼルスの名所なども見もので、特に処刑場と化したメモリアル・コロシアムは、ロケ現場とは表記されていないが、セットや特撮にも思えない。

前作にも劣らない登場キャラクター、それを演ずるスターも実力派揃いで、全編を通して楽しめる。

最終破壊兵器などは、それほど新鮮味がないが、ハンググライダーでの奇襲攻撃や、生身の人間の逞しさが全身から伝わる、主人公を演ずるカート・ラッセルの個性が光る。

単にテロリストに加担している様子で登場するA・J・ランガーだったが、父である大統領クリフ・ロバートソンこそが狂言的な人物であったという恐ろしさ、彼を補佐する警察長官ステイシー・キーチ、地図屋兼情報屋でテロリストのジョージ・コラフェイスと通ずるスティーヴ・ブシェミ、警察長官の部下ミシェル・フォーブス、地下組織の女リーダー、パム・グリア、街の女ヴァレリア・ゴリノ、警官ピーター・ジェイソン下院議員ポール・バーテル、公衆衛生局長官ブルース・キャンベル、元NASAエンジニアのリーランド・オーサー、サーファーのブレッキン・メイヤー、他、ロバート・キャラダインアル・レオンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020