That's Movie Talk!     3975 Movies

ハングオーバー The Hangover (2009) 4/5 (1)

  •  
  •  
  •  
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

バチェラー・パーティーを楽しんだ花婿と3人の仲間達が、無意識に行ってしまった大騒動を描く、製作、監督、出演トッド・フィリップス、主演ブラッドレイ・クーパーエド・ヘルムズザック・ガリフィアナキスジャスティン・バーサヘザー・グラハム共演のコメディ。


コメディ


スタッフ キャスト ■
監督:トッド・フィリップス
製作総指揮
トーマス・タル

ジョン・ジャシュニ
ウィリアム・フェイ
スコット・バドニック
クリス・ベンダー
J・C・スピンク
製作
トッド・フィリップス

ダニエル・ゴールドバーグ
脚本
ジョン・ルーカス

スコット・ムーア
撮影:ローレンス・シャー
編集:デブラ・ニール=フィッシャー
音楽:クリストフ・ベック

出演
フィル・ウィネック:ブラッドレイ・クーパー

ステュアート”ステュ”プライス:エド・ヘルムズ
アラン・ガーナー:ザック・ガリフィアナキス
ダグ・ビリングス:ジャスティン・バーサ
ジェイド:ヘザー・グラハム
トレイシー・ガーナー:サーシャ・バレス
シド・ガーナー:ジェフリー・タンバー
メリッサ:レイチェル・ハリス
レスリー・チャウ:ケン・チョン
エディ・パレルモ:ブライアン・カレン
ドラッグの売人ダグ:マイク・エップス
レナード:ジェーナード・バークス
エレベーターの男:トッド・フィリップス
本人:マイク・タイソン
本人:ウェイン・ニュートン
本人:フィル・ミケルソン

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

2009年製作 99分
公開
北米:2009年6月5日
日本:2010年7月3日
製作費 $35,000,000
北米興行収入 $277,313,370
世界 $467,483,910


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ロサンゼルス
結婚式を5時間後に控えた花嫁トレイシー・ガーナー(サーシャ・バレス)は、花婿ダグ・ビリングス(ジャスティン・バーサ)と連絡が取れずにいた。

そこに、バチェラー・パーティーで、ダグとラスベガスに行ったフィル・ウィネック(ブラッドレイ・クーパー)から電話が入る。

フィルは、ダグが行方不明になってしまったことをトレイシーに伝え、式には間に合わないと嘆く。

2日前。
トレイシーの父シド(ジェフリー・タンバー)からベンツを借りたダグは、彼女の弟アラン(ザック・ガリフィアナキス)、教師のフィル、そして歯科医のステュアート”ステュ”プライス(エド・ヘルムズ)と共にラスベガスに向かう。

途中、3年も付き合って同棲している恋人メリッサ(レイチェル・ハリス)に、ナパに行くと言ってラスベガス行きを隠すステュは、妻子持ちのフィルにからかわれる。

ラスベガス入りした4人は、宿泊先の”シーザース・パレス”のスウィートルームにチェックインする。

カジノに向かう準備をしていたステュは、結婚式後、メリッサにプロポーズすると言ってフィルとダグに婚約指輪を見せる。

メリッサの男好きを知るフィルはそれに反対するが、とりあえず4人は屋上にに向かい、ダグの結婚を祝う。

翌朝4人の部屋は荒れ果て、トイレにはトラがいる始末、慌てるアランを落ち着かせるフィルは、ステュに昨夜、何があったのかを尋ねる。

ステュはそれに答えられず、前歯が抜けていることに気づき、アランはダグの姿が見えないことを二人に知らせる。

その後、部屋に赤ん坊がいることに気づき、三人は仕方なく子供を連れてダグを捜し始める。

プールサイドで、昨夜のことを検証し始めた三人は、ステュがATMで800ドル出金し、車に乗り、フィルが病院に行ったことなどが所持品で分かるが、他は何も思い出せない。

その後、自分達がパトカーを盗んだことも分かった三人は、それに乗り病院に向かう。

三人は、フィルがドラッグを飲まされ記憶を失い、ある教会で誰かが結婚したらしいということを担当医から聞かされる。

教会に着いた三人は、オーナーのエディ・パレルモ(ブライアン・カレン)から、ステュがジェイド(ヘザー・グラハム)という子連れの女性と結婚したことを知らされる。

三人はエディからジェイドの住所を聞き、暴漢に襲われながらそれを逃れ、彼女のアパートに向かう。

ジェイドはステュを探していたことを彼に伝え、三人は彼女がストリッパーだということ知る。

そこに、突然、警察官が現れ、パトカー強盗の罪で三人は逮捕されてしまい、フィルは警察署から、もう一泊するという連絡をトレイシーに入れる。

月曜まで、裁判が開かれないと聞かされた三人は困惑するが、小学生の警察署見学で、スタンガンの実験台になったことで釈放される。

警察に押収されていたベンツを取り戻した三人は、トランクに全裸の東洋人レスリー・チャウ(ケン・チョン)がいるのに気づき、彼は三人を殴り逃走する。

その後アランは、昨夜、屋上に行く前に、酒の中にドラッグを入れたことを告白する。

ステュは呆れてしまうが、フィルがホテルに戻ってみることを提案する。

三人が部屋に戻ると、なんとそこにはマイク・タイソンが待ち構えていた。

タイソンはアランを殴り倒し、彼の右腕レナード(ジェーナード・バークス)は、なぜトラを盗んだかを三人に問い質し、それを屋敷に運ぶよう指示する。

トラに与える肉に、ドラッグを混ぜて眠らせた三人は、トラを車に乗せてタイソンの屋敷に運ぼうとする。

しかし、走行中にトラが目覚めてしまい、車を降りた三人はそれを押してタイソンの屋敷に到着する。

タイソンは、監視カメラに映っていた、羽目を外すダグを含めた4人が、トラをパトカーに乗せて連れて行く映像を三人に見せる。

ホテルに戻ろうとした三人の車に、チャウの乗った車が突っ込み、彼と教会で襲ってきた暴漢が現れる。

ギャングのチャウは、昨夜、カジノで4人のツキに賭けようとしていた際、8万ドルが奪われたことを三人に追求する。

チャウの車に、ダグがいるらしいことを知った三人だったが、翌朝までに現金で8万ドルを返すよう言われる。

部屋に戻り、現金を探した三人はそれが見つけられず、焦った末に、アランが映画の「レインマン」をヒントに、”ブラックジャック”での”カード・カウンティング”で大儲けを企む。

見事に8万2400ドルを稼いだ三人は、チャウとの待ち合わせの場所に向かう。

チャウとダグを引き渡す取引をした三人だったが、解放されたのは、アランにドラッグを売った売人ダグ(マイク・エップス)だった。

ファイルはトレイシーに電話を入れ、ダグが行方不明で式に間に合わないことを伝える。

しかし、ステュが売人のダグとの会話で、彼の居場所が分かり、ホテルの屋上に向かう。

2日間も屋上にいて、酷って日焼けをしたダグを見つけた三人は、彼を連れてホテルをチェックアウトする。

ステュは、再会を約束したジェイドに別れを告げ、4人は車を飛ばしロサンゼルスに向かう。

その後ダグが、”ベラージオ”のカジノでの、チャウの8万ドル分のチップを持っていたことに気づき4人は喜ぶ。

途中、走行中にタキシードを調達して4人はようやく到着し、何とか式に間に合う。

無事に式も終わり、メリッサがパーティーの最中に、連絡も取れなかったステュが、ラスベガスにいたことを責める。

普段温厚なステュはメリッサに反撃し、彼女の浮気などを来客の前で暴露し見限ってしまう。

そして4人は、何も覚えていないラスベガスでの出来事を写してあるらしいカメラを見つけ、それを確かめる。


解説 評価 感想 ■

参考:
・「ハングオーバー!」(2009)
・「ハングオーバー!! 2」(2011)
・「ハングオーバー!!! 最後の反省会」(2013)

*(簡略ストー リー)
結婚するダグとバチェラー・パーティーを楽しむため、親友フィル、ステュ、アランはラスベガスに向かう。
翌日、荒れ果てていたホテルの部屋で、ダグがいなくなったことに気づいた三人は、そこにいた赤ん坊を連れて彼を捜し始める。
昨夜の記憶が何もないまま、手掛かりを見つけて教会にへと向かった三人だったが、ステュが、ジェイドという子連れのストリッパーと結婚したことが分かる。
そして三人は、ドラッグのせいで信じ難い行動をとってしまったことに気づきながらも、必死にダグを捜そうとするのだが・・・。
__________

日本では注目度の低かったトッド・フィリップス快心の大爆笑コメディ。

多彩なキャストが注目で、北米興行収入は約2億7700万ドル、全世界では約4億6700万ドルの大ヒットとなった作品。

ゴールデングローブ賞のミュージカル・コメディ部門で最優秀作品賞を受賞した。

純粋なコメディではあるが、謎のトラや赤ちゃんを出現させて、その不可解な謎を解いていくという、ミステリー・タッチの作風も面白い。

やや下品だが気の利いたジョークの連発や、カジノのシーンでの「レインマン」(1988)のパロディなども実に可笑しい。
同作でカジノ側のスパイを演じていたルシンダ・ジェニーが、その場面とほぼ同様のドレス姿で登場するところなどもなかなか凝っている。

それぞれの個性が生かされた、トラブルに巻き込まれる4人、妻子持ちの教師役ブラッドレイ・クーパー、共演者に留まらず、かなり存在感ある役を演ずる歯科医役エド・ヘルムズ、花婿の義弟、風変わりな男のザック・ガリフィアナキス、失踪する花婿役のジャスティン・バーサ、ステュ(E・ヘルムズ)と結婚する子持ちのストリッパーのヘザー・グラハム、花嫁役のサーシャ・バレス、その父親役ジェフリー・タンバー、ステュの恋人役レイチェル・ハリス、ギャング役のケン・チョン、教会のオーナー役のブライアン・カレン、ドラッグの売人マイク・エップス、本人役マイク・タイソン、その右腕ジェーナード・バークス、エレベーターのシーンに登場するトッド・フィリップス、他、本人役で”ラスベガスの帝王”ウェイン・ニュートン、プロゴルファーのフィル・ミケルソンなどもカメオ出演している。



  •  
  •  
  •  
  •  
That's Movie Talk! © 2019 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up