4186 Movies

地上最大のショウ The Greatest Show on Earth (1953)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

スペクタクルの巨匠セシル・B・デミルが製作を兼ねて監督し、巨大サーカス一座で起こる様々な人間模様を描き見事アカデミー作品賞を獲得した超大作。
主演ベティ・ハットンコーネル・ワイルドチャールトン・ヘストンジェームズ・スチュワートドロシー・ラムーアグロリア・グレアム共演。


アクション/アドベンチャー

ジェームズ・スチュアート / James Stewart / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:セシル・B・デミル
製作:セシル・B・デミル
脚本
フレドリック・M・フランク

セオドア・セント・ジョン
撮影:ジョージ・バーンズ
衣装:イデス・ヘッド
編集:アン・ボーシェンス
音楽:ヴィクター・ヤング

出演
ベティ・ハットン:ホリー
コーネル・ワイルド:ザ・グレート・セバスチャン
チャールトン・ヘストン:ブラッド・ブレイデン
ジェームズ・スチュワート:バトンズ
ドロシー・ラムーア:フィリス
グロリア・グレアム:エンジェル
ヘンリー・ウィルコックスン:グレゴリーFBI捜査官
ライル・ベトガー:クラウス
ローレンス・ティアニー:ヘンダーソン
ジョン・ケロッグ:ハリー
エメット・ケリー:本人
ビング・クロスビー:観客
ボブ・ホープ:観客
エドモンド・オブライエン:アナウンサー

アメリカ 映画
配給 パラマウント・ピクチャーズ
1953年製作 152分
公開
北米:1953年1月10日
日本:1953年4月
製作費 $4,000,000
北米興行収入 $36,000,000


アカデミー賞 ■
第25回アカデミー賞
受賞
作品・原作賞
アーヴィング・タルバーグ賞(セシル・ B・デミル)
ノミネート
編集・衣装デザイン賞(カラー)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
世界最大のサーカス”リングリング・ブラザース=バーナム・アンド・ベイリー”の座長ブラッド・ブレイデン(チャールトン・ヘストン)は、大都市のみの巡業を主張する重役達に対し、集客力のある空中曲芸のスター”グレート”セバスチャン(コーネル・ワイルド)と契約したことで、年間巡業の許可をもらう。

セバスチャンは、プレイボーイで厄介者との噂があるが、座員のためを考え、ブラッドは仕方なく契約したのだった。

その結果、一座の花形空中ブランコ乗りのホリー(ベティ・ハットン)のセンターリングは、セバスチャンに譲らなければならなくなる。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
世界最大のサーカスの座長ブラッド・ブレイデンは、年間巡業を成功させるために、空中曲芸のスター”グレート”セバスチャンを、一座に引き入れる。
セバスチャンがトラブルメイカーと知りながらも、一座のために手を打ったブラッドは、恋人である花形空中ブランコ乗りホリーのセンターリングも奪うことになってしまう。
全てが巡業のためとはいえ、ショックを受けたホリーは、セバスチャンにライバル心を燃やす。
それを利用したセバスチャンは、ホリーに言い寄り、やがて彼女も、ブラッドから心が離れていくのだが・・・。
__________

世界最大のサーカス”リングリング・ブラザース=バーナム・アンド・ベイリー”の実際のショウをスクリーン上で再現している。
その圧倒的スケールの、素晴らしいサーカスを体験できるのは嬉しいばかりだ。

座員達の人間模様なども細かく描かれ、さらにサーカス団の乗る列車衝突の迫力映像などは、いかにもデミル作品らしい。

ヴィクター・ヤングの、ドラマを大いに盛り上げる軽快な音楽も印象に残る。

第25回アカデミー賞では、作品・原作賞、そして、セシル・ B・デミルが、アーヴィング・タルバーグ賞を受賞した。
ノミネート
編集・衣装デザイン賞(カラー)

フル回転で出演する、ベティ・ハットンの熱演は驚きでもある。
とにかく、健康的な美しさとはちきれんばかりの元気のよさ、とてもにわか仕立てとは思えない身のこなしは、見事としか言いようがない。

彼女は後に消息不明になり、教会の家政婦になっていた事実が発覚し、大スクープにもなった数奇な人生を歩んだ。

撮影当時29歳とは思えない、チャールトン・ヘストンの座長役の貫禄には圧倒される。
それまでほとんど無名だった彼が、才能を開花させた記念すべき作品でもある。

サーカスのシーンだけを見ても十分楽しめる作品の中で、出色の演出は、ジェームズ・スチュワートの起用方法と彼自身の見事な演技だ。

出演者の中で最高のビッグ・ネームである彼は、本作で一度もメイクを落とさず素顔を見せない。
素顔は指名手配の写真だけという、大スターの起用方法も、デミルだからこそ許される、と言ったところだろうか。

素顔が見えないにも拘らず、彼の表情には、何とも言えない優しさがにじみ出ている。
クライマックスで、医者としての使命を果たして連行されるシーンは、思わずホロリとさせられる。

プレイボーイとして登場する、空中曲芸スターのコーネル・ワイルドの演技も見逃せないところで、後半では人情味も見せるいい役柄であった。

ベティ・ハットンをはじめ、出演陣の多くはスタンドインなしで演技に挑み、役者魂を見せている。
特に、演技派でもあるグロリア・グレアムの像の扱いには感心する。

サーカスだけでなく、それを見る観客の表情もさまざまで実に楽しい。
真剣なまなざしの子供達、子供そっちのけで夢中になる大人などなど・・・。

また、観客の中に、ビング・クロスビーボブ・ホープがいたり、ラストは、アナウンスのみの出演となる名優、エドモンド・オブライエンで締めくくられる。

一座の踊り子ドロシー・ラムーアFBI捜査官のヘンリー・ウィルコックスン、像使いのライル・ベトガー、見世物小屋を仕切るローレンス・ティアニー、その手下ジョン・ケロッグ、道化師エメット・ケリーなど多くの実際の座員などが出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020