4234 Movies

グッバイガール The Goodbye Girl (1977)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
5star

役者の恋人に捨てられたシングルマザーと同居することになった役者の青年が、当初は対立するものの、恋愛や仕事運に恵まれずお互いを気遣ううちに愛情が芽生え、やがて幸せを掴むでを描く、監督ハーバート・ロス、脚本ニール・サイモンリチャード・ドレイファスマーシャ・メイソン共演のラブ・ロマンスの秀作。


ドラマ(ロマンス)


スタッフ キャスト ■
監督:ハーバート・ロス
製作:レイ・スターク
脚本:ニール・サイモン
撮影:デヴィッド・M・ウォルシュ
編集:ジョン・F・バーネット
音楽:デイヴ・グルーシン

出演
リチャード・ドレイファス:エリオット・ガーフィールド
マーシャ・メイソン:ポーラ・マクファーデン
クィン・カミングス:ルーシー・マクファーデン
ポール・ベネディクト:マーク
バーバラ・ローデス:ドナ・ダグラス
ニコール・ウィリアムソン:オリヴァー・フライ
テレサ・メリット:クロスビー夫人
パトリシア・ピアシー:ロンダ
マリリン・ソコル:リンダ
アニタ・ダングラー:モーガンウェイス夫人
パワーズ・ブース:リチャード三世キャスト

アメリカ 映画
配給 MGM ワーナー・ブラザーズ
1977年製作 110分
公開
北米:1977年11月30日
日本:1978年10月7日
北米興行収入 $102,000,000


アカデミー賞 ■
第50回アカデミー賞
・受賞
主演男優賞(リチャード・ドレイファス)
・ノミネート
作品
主演女優(マーシャ・メイソン)
助演女優(クィン・カミングス)
脚本賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨーク
ポーラ・マクファーデン(マーシャ・メイソン)は、10歳の娘ルーシー(クィン・カミングス)と買い物から帰ると、恋人の置き手紙を見つける。

俳優の恋人と共に、三人でハリウッド行きを夢見ていたポーラは、彼が自分達を捨ててイタリアに行ってしまったことを知り愕然としてしまう。

失意の母ポーラを、確り者のルーシーは慰める・・・。

33歳のポーラは、生計を維持するためにダンサーに復帰しようとレッスンに励むのだが、体がついていかない。

そんなある日ポーラは、アパートの管理人クロスビー夫人(テレサ・メリット)に、恋人が、部屋を又貸ししたことを知らされる。

ある雨の夜、出て行ったポーラの恋人から部屋を譲り受けた、エリオット・ガーフィールド(リチャード・ドレイファス)がアパートに現れる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ニューヨーク
シングルマザーのポーラは、役者の恋人に捨てられ、娘ルーシーと共に途方に暮れてしまう。
やがて、追い討ちをかけるように、恋人が部屋を又貸ししてしまったために、役者のエリオット・ガーフィールドという青年が現れる。
仕方なく同居することになった二人は、あらゆることで対立し、ポーラは全財産を引っ手繰りに奪われ、エリオットも芝居が酷評され、二人はどん底の状態となる。
そんな惨めな二人は、やがて惹かれ合うようになり愛が芽生えるが、エリオットに映画出演のビッグチャンスが舞い込む。
浮かれるエリオットだったが、ポーラとルーシーは再び不安を感じ、彼の旅立ちを手放しで喜ぶことが出来ない・・・。
__________

地味な作品ながら、北米興行収入で1億ドルを突破する驚異的な大ヒットとなった。

第50回アカデミー賞では、作品賞以下5部門にノミネートされ、リチャード・ドレイファスが主演男優賞を受賞した。
・ノミネート
作品
主演女優(マーシャ・メイソン)、
助演女優(クィン・カミングス)
脚本賞

アカデミー賞授賞式で、リチャード・ドレイファスシルヴェスター・スタローンからオスーを渡された瞬間、マーロン・ブランドが「波止場」(1954)で作った、主演男優賞最年少受賞記録を破ることになる。

25年後、「戦場のピアニスト」(2002)でエイドリアン・ブロデイが、この記録を破ることになる。

完璧主義者ながらウィットに富んだ、いかにも役者らしい役柄を見事に演じたリチャード・ドレイファスの、優しさが伝わる熱演は大絶賛された。

オスー受賞を逃すマーシャ・メイソンは、とにかくうま過ぎる、という感じがマイナスだったのかもしれない。

同じくノミネートに終わった、クィン・カミングスの、キュートでおしゃまな演技も注目で、とても10歳には思えない繊細な演技も見せてくれる。

同年の「愛と喝采の日々」(1977)でアカデミー監督賞候補になったハーバート・ロスなのだが、本作の方を高く評価する声が多かったのも事実。
(私自身もそう思う)

マーシャ・メイソン(当時)のために書いたニール・サイモンの脚本は、人の優しさや温かい心などを、ユーモアも交え絶妙なタッチで表現しいる。

陳腐な解釈の演出家ポール・ベネディクト、その芝居に登場する端役で、パワーズ・ブースも出演している。

ポーラ(M・メイソン)の同僚役バーバラ・ローデス、主人公の役者仲間パトリシア・ピアシー、映画監督役ニコール・ウィリアムソンなどが共演している。

ラスト、エリオットのギターを抱き、雨に濡れながら彼を見送るポーラを映しながら流れる、デヴィッド・ゲイツの主題歌”Goodbye Girl”の甘い歌声が流れた瞬間、涙が溢れたのは私だけではなかったはずだ。
主人公達と一体化したような、こみ上げてくる幸せな気持ち、何十年経っても、その記憶は一生忘れられない。
名作とはそういうものだ。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020