4509 Movies

ザ・フライ2 二世誕生 The Fly II (1989)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★☆☆☆

1957年に雑誌”プレイボーイ”に掲載されたジョルジュ・ランジュラン”のThe Fly”を基に、1958年に公開された傑作恐怖映画「ハエ男の恐怖」のリメイク作品「ザ・フライ」(1986)の続編。
ハエと結合してしまった科学者の遺伝子を受けついだ息子の苦悩を描く、製作メル・ブルックス、脚本フランク・ダラボン他、主演エリック・ストルツダフネ・ズニーガリー・リチャードソン他共演、監督クリス・ウェイラスによるホラー。


スリラー/ホラー


スタッフ キャスト ■
監督:クリス・ウェイラス
製作
スティーヴン=チャールズ・ジャッフェ

メル・ブルックス
製作総指揮:スチュアート・コーンフェルド
原作:ジョルジュ・ランジュランThe Fly
脚本
ミック・ギャリス

ジム・ウィート
ケン・ウィート

フランク・ダラボン
撮影:ロビン・ヴィジョン
音楽:クリストファー・ヤング

出演
マーティン・ブランドル:エリック・ストルツ

ベス・ローガン:ダフネ・ズニーガ
アントン・バートック:リー・リチャードソン
ステイシス・ボランズ:ジョン・ゲッツ
スコービー:ゲイリー・チョーク
ジェインウェイ:アン・マリー・リー
ノーマン・シェパード:フランク・C・ターナー

トリンブル:ウィリアム・S・テイラー
シムズ:ジェリー・ワッサーマン

女性:ロリーナ・ゲイル
ベロニカ・ロニー・クエイフ:サフロン・ヘンダーソン
セス・ブランドル(映像):ジェフ・ゴールドブラム

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

1989年製作 105分
公開
北米:1989年2月10日
日本:1989年5月3日
北米興行収入 $20,021,320
世界 $38,903,180


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
”バートック産業”。
社長アントン・バートック(リー・リチャードソン)が見守る中、ベロニカ・ロニー・クエイフ(サフロン・ヘンダーソン)が幼虫の様なものを出産し、その中から赤ん坊が取り出される。

バードックは、ジェインウェイ博士(アン・マリー・リー)をリーダーとした特別チームを組み、生れた子供を育てようとする。

子供の成長は普通児とは比べ物にならない速さで進み、特別異変の染色体遺伝子が休眠中であることを、ジェインウェイはバートックに報告する。

バートックは、学習能力も高く睡眠もとらないというマーティンに初めて会い愛情を注ぐ。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
科学研究施設社長のバートックは、異様な状態で産まれた子供マーティンを監視しながら育てる。
マーティンは5歳で成人に成長し、並外れた頭脳を生かし、瞬間移動装置の研究に従事する。
コンピューター・プログラマーのベスと親交を深めながら実験を続けたマーティンは、体の異変に気づき始める。
その後マーティンは、天才科学者であった父セスが、装置の完成前に死んでしまったことをバートックから知らさる。
父の果たせなかった実験を完成させるため、それに利用されていることに気づいたマーティンは苦悩し、研究所から脱出するのだが・・・。
__________

1958年の傑作恐怖映画「ハエ男の恐怖」と、同じく秀作と言えるリメイク「ザ・フライ」(1986)の続編ということで期待され話題にもなった作品。

しかし、前2作とは比較にならないほどの内容、単なるB級ホラー・ムービーとしか思えないおぞましい描写などは酷評されてしまった。

天才少年の成長過程を描く序盤までは興味深く見れるが、外見が好青年風のエリック・ストルツがおぞましい姿に変わる後半から、更に”怪物”に変身するクライマックスに至っては、観るに堪えないという内容だ。

後半は姿が変わってしまうため普通の容姿でいる時間は短い、天才としての才能と異変遺伝子を受け継いでしまう主人公エリック・ストルツ、彼に協力するダフネ・ズニーガ、研究所の社長リー・リチャードソン、前作にも登場した元雑誌編集長を演ずるジョン・ゲッツ、警備主任ゲイリー・チョーク、科学者アン・マリー・リー、フランク・C・ターナー、ウィリアム・S・テイラー、職員ジェリー・ワッサーマン、主人公の母親サフロン・ヘンダーソン、そして、主人公の父、ジェフ・ゴールドブラムが映像だけで登場する。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021