4236 Movies

フライト・オブ・フェニックス The Flight of the Phoenix (2004)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1964年に発表された、イギリス人作家エルストン・トレヴァー同名小説を、その翌年に映画化した作品「飛べ!フェニックス」(1965)のリメイク。
砂漠に不時着した輸送機搭乗者の決死の脱出劇を描く、監督ジョン・ムーア、主演デニス・クエイドタイリース・ギブソンジョバンニ・リビシミランダ・オットートニー・カランヒュー・ローリー共演によるアドベンチャー・アクション。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■
監督:ジョン・ムーア
製作総指揮:リック・キドニー
製作
ウィリアム・オルドリッチ

ジョン・デイヴィス
アレックス・ブラム
ウィック・ゴッドフリー
原作:エルストン・トレヴァー
脚本
スコット・フランク

エドワード・バーンズ
撮影:ブレンダン・ガルヴィン
編集:ドン・ジマーマン
音楽:マルコ・ベルトラミ

出演
フランク・タウンズ:デニス・クエイド

AJ:タイリース・ギブソン
エリオット:ジョバンニ・リビシ
ケリー・ジョンソン:ミランダ・オットー
アレックス・ロドニー:トニー・カラン
イアン:ヒュー・ローリー
ジェームズ・リドル:スコット・マイケル・キャンベル
レイディ:ケヴォルク・マリキアン
サミ:ジェイコブ・バルガス
ジョン・デイヴィス:ジャレッド・パダレッキ
ジェレミー:カーク・ジョーンズ

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX

2004年製作 112分
公開
北米:2004年12月17日
日本:2005年4月9日
製作費 $45,000,000
北米興行収入 $21,009,200
世界 $34,586,270


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
モンゴル、タンサグ盆地、アマコア社、第19試掘油井。
現場監督のケリー・ジョンソン(ミランダ・オットー)は、油井が閉鎖されることを知り、責任者イアン(ヒュー・ローリー)に食って掛かる。

会社の方針だというイアンは、ケリーの話に耳を貸さない。

ケリーは、到着した撤収用の輸送機パイロットのフランク・タウンズ(デニス・クエイド)を追い払おうとするが、彼も自分の仕事をするだけで、彼女の考えなどどうでもよかった。

タウンズは、副操縦士のAJ(タイリース・ギブソン)と作業を進め、廃材と作業員、そして謎の男エリオット(ジョバンニ・リビシ)を乗せ飛び立つ。

しかし、輸送機はゴビ砂漠で大規模な砂嵐に遭いアンテナが吹き飛び、タウンズは急上昇しようとする。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
油井閉鎖に伴う、作業員と機材撤収用の輸送機が、砂嵐に巻き込まれ砂漠に不時着してしまう。
無線も壊れて、孤立状態のパイロットのフランク・タウンズら生存者は、ひたすら救助を待とうとする。
しかし、居合わせた試験機の設計技師エリオットが、機体の無傷の部分を組み合わせ、単発機を造る提案をする。
当然それに反対するタウンズだったが、食料や水に限界がある中、仕方なく機体改造に同意する。
困難を極めた作業の末、彼らの機”フェニックス”はついに完成するが、作業の指揮を執っていたエリオットが、模型飛行機の設計者とわかり、一同は絶望する・・・。
__________

舞台設定や女性の登場などは変わっているが、内容的には旧作とほぼ同じストーリー。
奇抜なアイデアと多彩な登場人物を描いた、興味深い作品であった旧作に比べると、斬新さやドラマチックな展開に欠けている。

但し、本作しか見ていない方は、結構楽しめる作品かもしれない。

興行的にも全く振るわず、全世界のトータルでも、製作費の4500万ドルの回収すらできなかった。

北米興行収入 $21,009,200
世界 $34,586,270

また、旧作の監督ロバート・アルドリッチの息子ウィリアム・オルドリッチが製作に参加している。

緊迫感や感動も、やや物足りなさを感じる中で、旧作で設計技師を演じたハーディ・クリューガーに似せた雰囲気で登場するジョバンニ・リビシの演技を見て、それを懐かしく思い出した方も多いはずだ。

旧作のジェームズ・ステュアートの役に比べると、やはり存在感や人間味に欠ける機長役デニス・クエイド、副操縦士タイリース・ギブソン、紅一点の油井現場監督のミランダ・オットー、責任者のヒュー・ローリー、作業員トニー・カランスコット・マイケル・キャンベルケヴォルク・マリキアンジャレッド・パダレッキ、コックのジェイコブ・バルガスなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020