4234 Movies

特攻大作戦 The Dirty Dozen (1967)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

第二次世界大戦下、札付きの凶悪犯が恩赦を条件に命懸けの任務に挑む姿を描く、監督ロバート・アルドリッチリー・マーヴィンアーネスト・ボーグナインチャールズ・ブロンソンジョン・カサヴェテスジム・ブラウンロバート・ライアンテリー・サヴァラスジョージ・ケネディドナルド・サザーランド他共演のアクション。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■
監督:ロバート・アルドリッチ
製作:ケネス・ハイマン
原作:E・M・ネイサンソン
脚本
ナナリー・ジョンソン
ルーカス・ヘラー
撮影:エドワード・スケイフ

編集:マイケル・ルチアーノ
音楽:フランク・デ・ヴォール

出演
リー・マーヴィン:ジョン・ライズマン少佐
アーネスト・ボーグナイン:ウォーデン少将
チャールズ・ブロンソン:ジョセフ・T・ウラディスロー
ジム・ブラウン:ロバート・T・ジェファーソン
ジョン・カサヴェテス:ヴィクター・R・フランコ
リチャード・ジャッケル:クライド・バウレン軍曹
ロバート・ライアン:エヴェレット・ダッシャー・ブリード大佐
クリント・ウォーカー:サムソン・ポウジー
テリー・サヴァラス:アーチャー・J・マゴット
ジョージ・ケネディ:マックス・アンブラスター少佐
ラルフ・ミーカー:スチュアート・キンダー大尉
ドナルド・サザーランド:ヴァーノン・L・ピンクリー
ロバート・ウェッバー:デントン准将
トリニ・ロペス:ペドロ・ヒメネス
トム・バスビー:ミロ・ヴラデク
ベン・カルーザス:グレン・ギルピン
スチュアート・クーパー:ロスコー・リーヴァー
コリン・メイトランド:セス・K・ソーヤー
アル・マンシーニ :ソス・R・ブラヴォス

アメリカ 映画
配給 MGM
1967年製作 149分
公開
北米:1967年6月15日
日本:1967年10月21日
北米興行収入 $45,300,000


アカデミー賞 ■
第40回アカデミー賞
・受賞
音響効果賞
・ノミネート
助演男優(ジョン・カサヴェテス)
編集・録音賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1944年、春、第二次世界大戦下のイギリスロンドン
ノルマンディー上陸作戦を控えて、アメリカ陸軍のジョン・ライズマン少佐(リー・マーヴィン)は、ウォーデン少将アーネスト・ボーグナイン)、デントン准将(ロバート・ウェッバー)、マックス・アンブラスター少佐(ジョージ・ケネディ)らの待つ司令部に呼ばれる。

ライズマンは、”大赦作戦”という、実刑の決まった札付きの凶悪犯12名で編成したコマンド部隊の指揮を任される。

そして、フランスレンヌにある、ドイツ軍士官の集結する別荘を襲い、上陸作戦を成功に導くためのゲリラ作戦を命ぜられる。

部隊への報酬はなく、厄介者を利用とする軍上層部のやり方を批判したライズマンは、ウォーデン少将から、功績のあった囚人の釈放などの約束を得る。

作戦に選ばれた、長期刑か死刑を宣告されていた元兵士極悪犯12人は、ジョセフ・T・ウラディスロー(チャールズ・ブロンソン)、ロバート・T・ジェファーソン(ジム・ブラウン)、ヴィクター・R・フランコ(ジョン・カサヴェテス)、サムソン・ポウジー(クリント・ウォーカー)、アーチャー・J・マゴット(テリー・サヴァラス)、ヴァーノン・L・ピンクリー(ドナルド・サザーランド)、ペドロ・ヒメネス(トリニ・ロペス)、ミロ・ヴラデク(トム・バスビー)、グレン・ギルピン(ベン・カルーザス)、ロスコー・リーヴァー(スチュアート・クーパー)、セス・K・ソーヤー(コリン・メイトランド)、タソス・R・ブラヴォス(アル・マンシーニ)を、早速ライズマンは基礎教練に向かわせる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

1965年に発表された、E・M・ネイサンソンのベストセラー小説を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
1944年、第二次世界大戦下。
ノルマンディー上陸作戦を控え、アメリカ陸軍のジョン・ライズマン少佐は、ウォーデン少将らの待つ司令部に呼ばれ、”大赦作戦”という、実刑の決まった、札付きの凶悪犯12名で編成したコマンド部隊の指揮を任される。
ライズマンは、フランスレンヌにあるドイツ軍士官の別荘を襲う、ゲリラ作戦を命ぜられる。
報酬もなく、厄介者を利用する軍上層部を批判したライズマンだったが、功績により囚人らが釈放されることを約束され、その役目を受けることになる。
そしてライズマンは、極悪犯の元兵士12人を基礎教練に向かわせ、一筋縄ではいかない一癖ある男達の、軍人としての再教育を始めるのだが・・・。
__________

ロバート・アルドリッチらしい男臭さとアクション、さらにはユーモアを交えた痛快な演出は、娯楽作として見応え十分だ。

第40回アカデミー賞では、音響効果賞を受賞した。
・ノミネート
助演男優(ジョン・カサヴェテス)
編集・録音賞

豪華キャストの中では、主演のリー・マーヴィンと生き残るチャールズ・ブロンソン、そして、やや呆気なく死んでしまう、アカデミー助演賞にノミネートされた、監督でもある性格俳優ジョン・カサヴェテス、異常な殺人鬼のようなテリー・サヴァラスが印象に残る。

本作では、三枚目に徹するロバート・ライアンをはじめ、皆、軍服が実によく似合う。

また、作戦を指揮するアーネスト・ボーグナインやその参謀のジョージ・ケネディ、茶目っ気のあるドナルド・サザーランドらが笑い誘い、大いに楽しませてくれる。

いつもは目立たず、少し気になる存在程度の小柄なリチャード・ジャッケルが、囚人部隊を鍛えるリー・マーヴィンの部下役で、好演している。
NFLのス-パースター、ジム・ブラウン、巨漢クリント・ウォーカー、軍のカウンセラー、ラルフ・ミーカー、司令部の准将ロバート・ウェッバーなども共演している。

戦争映画とはいえ、ドイツ軍兵士の他、別荘に居合わせた人々なども、地下に閉じこめて殺してしまうところなどは残忍な気もする。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020