4234 Movies

慕情 Love is a Many-Splendored Thing (1955)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1952年に発表された、ハン・スーイン女史によるベストセラー自叙伝小説”A Many-Splendoured Thing”を基に製作された作品。
妻帯者のアメリカ人特派員と英中の混血の女医の愛を描く、監督ヘンリー・キング、主演ウィリアム・ホールデンジェニファー・ジョーンズによるメロドラマ。


ドラマ(ロマンス)

ジェニファー・ジョーンズ / Jennifer Jones / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ヘンリー・キング
製作:バディ・アドラー
原作:ハン・スーインA Many-Splendoured Thing
脚本:ジョン・パトリック
撮影:レオン・シャムロイ
編集:ウィリアム・H・レイノルズ
衣装デザイン:チャールズ・ルメア
音楽:アルフレッド・ニューマン
主題歌
Love Is a Many-Splendored Thing
作詞:ポール・フランシス・ウェブスター
作曲:サミー・フェイン

出演
ウィリアム・ホールデン:マーク・エリオット
ジェニファー・ジョーンズハン・スーイン
イソベル・エルソム:アデライン・パーマー=ジョーンズ
ジョージャ・カートライト:スザンヌ
トリン・サッチャー:ハンフリー・パーマー=ジョーンズ
マーレイ・マシソン:ジョン・キース医師
スー・ヤン:ノラ・ハン
ヴァージニア・グレッグ:アン・リチャーズ
リチャード・ロー:ロバート・ハン
ジェームズ・ホンハン・スーインの兄弟

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
1955年製作 102分
公開
北米:1955年8月18日
日本:1955年11月22日


アカデミー賞 ■
第28回アカデミー賞
・受賞
衣装デザイン
歌曲”Love Is a Many-Splendored Thing
音楽賞
・ノミネート
作品
主演女優(ジェニファー・ジョーンズ)
撮影(カラー)・美術(カラー)・録音賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
香港
中国イギリス人の混血女性のハン・スーイン(ジェニファー・ジョーンズ)は、夫を戦争で亡くし、 医師の不足している病院で休む間もなく働く優秀な医師だった。

ある日、スーインは、同僚医師ジョン・キース(マーレイ・マシソン)に誘われ気晴らしに、病院理事ハンフリー・ パーマー=ジョーンズ(トリン・サッチャー)のパーティに出席する。

理事夫人のアデライン(イソベル・エルソム)に歓迎されたスーインは、その場に居合わせたアメリカ人特派員マーク・エリオット(ウィリアム・ホールデン)に出会う。

エリオットは、スーインに一目惚れしてしまい食事に誘うが、彼女は仕事のためにそれを断ってしまう。

帰りの車の中でスーインは、エリオットを知るキースから、彼にはシンガポールに妻がいて、夫婦仲は悪いことを知らされる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
中国イギリスの混血女性医師ハン・スーインは、香港の病院で激務をこなし、多忙な毎日を送っていた。
そんな時スーインは、アメリカ人特派員エリオットと出会う。
別居中の妻がいるエリオットだったが、彼は一目惚れしたスーインを食事に誘う。
その後も、忙しい合間を縫って親交を深める二人だったが、スーインは、混血だということを気にし、エリオットとの愛に戸惑う。
その後も、真摯な態度でスーインへの愛を貫こうとするエリオットの気持ちを、ついに彼女も受け入れる。
しかし、祖国を捨てる覚悟を決めかねるスーインと、妻との離婚問題を抱えるエリオットに、大きな壁が立ちはだかる・・・。
__________

混血の女医と妻帯者の愛を描く、メロドラマ風のラブ・ロマンスは、当時、女性を中心に受けて大ヒットした。

その要因の一つとなるのは、アカデミー賞に輝いた、ポール・フランシス・ウェブスター作詞、サミー・フェイン作曲の主題歌である”Love Is a Many-Splendored Thing”で、この曲なしには本作のヒットはなかったと言ってもいい。

第28回アカデミー賞では、歌曲賞、そして音楽賞と衣装デザイン賞を受賞した。
・ノミネート
作品
主演女優(ジェニファー・ジョーンズ)
撮影(カラー)・美術(カラー)・録音賞

作品賞にはノミネートされたものの、作品自体の評価はそれほど高くなかったのも事実だ。

監督のヘンリー・キングの演出も平凡とは言われたが、クライマックス、そしてラストに向けての盛り上がりは、上記の主題歌と共に、映画史上に残る名シーンとして永遠に語り継がれるだろう。

主演のウィリアム・ホールデンは、あまり気乗りしないで出演したと伝えられる、2年前の「第十七捕虜収容所」(1953)でオスカーを獲得し、正に全盛期を迎えている頃の作品でもあり、男性の目から見ても、清潔感のある真摯な行動などが魅力的な人物を好演している。

作品のもう一つの魅力、アカデミー主演賞にノミネートされたジェニファー・ジョーンズの美しさは出色だ。

当時、デヴィッド・O・セルズニック夫人として大作に出演が続く中、絶頂を極める彼女の美しさは輝いている。

その美しさを際立たせる、こちらもアカデミー衣装デザイン賞を受賞した、チャールズ・ルメア担当による、彼女が着る多彩なチャイナドレスなども素晴しい。

同じくアカデミー賞を受賞する、アルフレッド・ニューマンのドラマチックな音楽、美しい香港をを映し出したレオン・シャムロイの撮影も見事だ。
(撮影賞はノミネートに終わる)

病院理事夫人イソベル・エルソム、理事トリン・サッチャー、同じ混血であるスーイン(J・ジョーンズ)の友人ジョージャ・カートライト、友人ヴァージニア・グレッグ、スー・ヤン、その夫リチャード・ルー、同僚医師マーレイ・マシソンスーインの弟ジェームズ・ ホンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020