That's Movie Talk!     4101 Movies

くたばれ!ユナイテッド The Damned United (2009)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

2006年に発表された、デイヴィッド・ピアースの小説”The Damned Utd”を基に製作された作品。
歯に衣着せぬ発言(暴言)で世間を騒がすものの、イングランド・サッカー界に偉大なる功績を残した名将ブライアン・クラフの苦難と栄光を描く、監督トム・フーパー、主演マイケル・シーンティモシー・スポールジム・ブロードベント他共演のヒューマン・ドラマ。


ドラマ(ヒューマン)


スタッフ キャスト ■
監督:トム・フーパー
製作:アンディ・ハリース
原作:デイヴィッド・ピアースThe Damned Utd
脚本:ピーター・モーガン

撮影:ベン・スミサード
編集:メラニー・オリヴァー
音楽:ロバート・レイン

出演
ブライアン・クラフマイケル・シーン

ピーター・テイラーティモシー・スポール
サム・ロングサン:ジム・ブロードベント
ドン・レヴィーコルム・ミーニイ
ジミー・ゴードン:モーリス・ローヴ
ビリー・ブレムナースティーヴン・グレアム
ジョニー・ジャイルズピーター・マクドナルド
マニー・カッシンスヘンリー・グッドマン
サム・ボルトン:デヴィッド・ローパー
オースティン・ミッチェル:マーク・ベイズリー
デヴィッド・マッカイブライアン・マッカーディー

イギリス 映画
配給 コロンビア・ピクチャーズ

2009年製作 97分
公開
イギリス:2009年3月27日
北米:2009年10月9日
日本:未公開
製作費 $10,000,000
北米興行収入 $449,870
世界 $4,091,380


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1974年7月。
ワールドカップ”(西ドイツ)に出場できなかった責任を取り、”ワールドカップ・イングランド大会”のイングランド・チーム優勝監督アルフ・ラムゼイが退陣する。

代表監督の後任を承諾したドン・レヴィー(コルム・ミーニイ)は、それに伴い”リーズ・ユナイテッド”監督を辞任する。

そして、かつての名選手ブライアン・クラフ(マイケル・シーン)の、リーズ監督就任が発表される。

クラフは、レヴィーの下で輝かしい成績を残したチームを、自分ならさらに素晴らしいものに出来ると豪語する。

リーズの重役会議に顔を出したクラフは、会長のマニー・カッシンス(ヘンリー・グッドマン)に、暴言に近い発言を歓迎していないことを伝えられる。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
自信過剰発言や行き過ぎた行動で注目されるブライアン・クラフが、イングランド1部リーグ(当時)の強豪チーム”リーズ・ユナイテッド”の監督に迎えられる。
前監督ドン・レヴィーが、代表監督に就任したための抜擢だったのだが、クラフがそこに行き着くまでには、様々な苦難の道があった。
クラフは、盟友でもあったコーチのピーター・テイラーと対立して、彼なしで乗り込んだ監督就任だったが、選手達との溝は埋まらず成績を残せないでいた・・・。
__________

英国王のスピーチ」(2010)でアカデミー監督賞を受賞した、トム・フーパーの注目作。

賛否両論あるものの、イングランド・サッカー界の”至宝”とも言える、ブライアン・クラフの活躍を描いた痛快作。

人気はあるものの、映画の世界では日本では馴染みのない、イングランド・サッカー界の裏話やイギリス人気質などを丹念に描写した、トム・フーパーの”母国愛”が感じられる素晴らしい作品だ。

当時、日本ではプロ・サッカーすらなく、ワールド・カップなど夢また夢の時代、既に長い歴史を持つイングランド・サッカーの熱狂振りが見事に描かれ、なんと言っても、1960年代後半からから70年代の、その雰囲気はファンにはたまらない。

当時のフィルム映像などを使い、ユニフォームなども再現した細やかな演出も見逃せない。
若きスーパースター、ケビン・キーガンの登場場面など、当時を知る者にとっては涙もので、拍手を贈りたくなってしまうほどだ。

そして、クライマックスの”宿敵”クラフレヴィーのTVインタビューの場面は、試合以上の緊張感が味わえる。

実際のインタビュー
http://www.youtube.com/watch?v=xxsRt2yG8Es

独り善がり?で、ドン・レヴィーへの”復讐”に執念を燃やす、”猪突猛進”タイプの熱血マネージャーを演ずるマイケル・シーンは、愛すべき人物であるブライアン・クラフを熱演し、時々、本人と見間違うほどの笑顔を見せるのも印象的だ。

彼を支え、対立もするものの、美しい友情で締めくくってくる温厚なコーチ、ピーター・テイラーを演ずる、ティモシー・スポールの好演も光る。

主人公を迎え撃つ、マイペースであり実績抜群のドン・レヴィーを演ずるコルム・ミーニイダービー・カウンティの会長ジム・ブロードベントら、イギリスを代表する個性派の競演も見所の一つだ。

トレイナー兼アシスタント、モーリス・ローヴクラフを嫌うリーズのクラブ選手ビリー・ブレムナー役のスティーヴン・グレアムジョニー・ジャイルズ役のピーター・マクドナルド、会長マニー・カッシンスヘンリー・グッドマンなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2020 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up