4219 Movies

エアポート’80 The Concorde… Airport ’79 (1979)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★☆☆☆

人気パニック映画「エアポート」シリーズの第4作。
超音速旅客機コンコルドのアメリカ初飛行が巨大軍需産業の不正を隠すための陰謀のターゲットとなるという、主演アラン・ドロンスーザン・ブレイクリーロバート・ワグナーシルビア・クリステルジョージ・ケネディエディ・アルバート他共演、監督デビッド・ローウェル・リッチによるパニック・アクション。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■
監督:デビッド・ローウェル・リッチ
製作:ジェニングス・ラング
原作:アーサー・ヘイリー
脚本
ジェニングス・ラング

エリック・ロス
撮影:フィリップ・H・ラスロップ
編集:ドロシー・スペンサー

音楽:ラロ・シフリン

出演
ポール・メトラン:アラン・ドロン

マギー・ウィーラン:スーザン・ブレイクリー
ケヴィン・ハリソン:ロバート・ワグナー
イザベル:シルビア・クリステル
ジョー・パトローニ:ジョージ・ケネディ
イーライ・サンド:エディ・アルバート
フランシーヌ:ビビ・アンデルソン
ロバート・パーマー:ジョン・デイビッドソン
アリシア・ロゴフ:アンドレア・マルコビッチ
ボイジー・ジラード:ジミー・ウォーカー
エレイン:シシリー・タイスン
ピーター・オニール:デビッド・ワーナー
マルコフ:アヴェリー・シュレイバー
アンリ:ピエール・ジャルベール
ロレッタ:マーサ・レイ
マルガリータ:キャロ
ネリ:マーセデス・マッケンブリッジ

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ

1979年製作 113分
公開
北米:1979年8月17日
日本:1979年12月25日
製作費 $14,000,000
北米興行収入 $13,015,680


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ワシントンD.C.ダレス国際空港
ワールド・フェデレーション航空(WFA)が、アメリカ初導入を決めたコンコルドパリを飛び立ち、無事に着陸しようとしていた。

しかし、環境保護団体が、コンコルドの乗り入れを妨害しようとして、滑走路上空に気球を飛ばす。

コンコルドの機長ポール・メトラン(アラン・ドロン)は、副操縦士アンリ(ピエール・ジャルベール)から気球の存在を知らされ、何とかそれを回避する。

夜のニュースでは、人気キャスターのマギー・ウィーラン(スーザン・ブレイクリー)が、無事に着陸したコンコルドと、この後、プレ・オリンピックを控えるモスクワへのフライトは、予定通り行われると伝える。

同時にマギーは、軍事産業のハリソン社が、新型の攻撃ミサイルの開発に成功し、会長のケヴィン・ハリソン博士(ロバート・ワグナー)が、科学財団から功労賞を贈られることも報道する。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

参考:
・「大空港」(1970)
・「エアポート’75」(1974)
・「エアポート’77」(1977)
・「エアポート’80」(1979)

*(簡略ストー リー)
ワールド・フェデレーション航空(WFA)が、アメリカ初導入を決めたコンコルドが、パリを飛び立ちワシントンD.C.ダレス国際空港に到着する。
軍需産業ハリソン社は、新たな攻撃ミサイルを開発するが、不法に武器を輸出していることを、人気ニュース・キャスターのマギーは知ってしまう。
実はハリソン社の会長ハリソンと恋仲だったマギーは、情報を知ったために命まで狙われたことでショックを受ける。
マギーは、ハリソンに関与を否定されるものの、その証拠となる書類を入手し、コンコルドパリ向かい、事件を明らかにすることを彼に伝える。
WFAのチーフ・パイロット、パトローニは、フランス人機長メトランと共に、パリ経由モスクワ行きのコンコルドを離陸させる。
一方、窮地に立たされたハリソンは、マギーや証拠と共に、不正が暴かれることを阻止するため、コンコルド撃墜の命令を下すのだが・・・。
__________

残念ながら、興行的にも失敗に終わり、人気シリーズの最終作となった作品で、評価も低く、夢の超音速機コンコルドの勇姿だけが全てのような作品。

お決まりのオール・スターキャストも、その主人公的スターが、無難に役柄をこなしてはいるが、北米での知名度、人気がないアラン・ドロンシルビア・クリステルでは、荷が重いという感じを受ける。

また、憧れのコンコルド、その美しく洗練されたボディ・デザインなどは、今見ても古臭さを感じないが、機内の様子などは、優雅さなども全く感じられない、まるで乗り合いバスのような雰囲気には愕然としてしまう。

期待のラロ・シフリンの音楽も平凡であり、ファンとしては寂しいばかりだ。

4作全てに出演する、シリーズの顔であるパトローニを演ずるジョージ・ケネディが、前作では控えめな出演だったが、本作では主演と言っていい活躍で、騙されるものの、ラブ・シーンまで演じているのは驚きだ。

名優などが出演しているにも拘らず、様々な乗客が、ただ乗り合わせているというだけの出演陣、恋人の陰謀を知るニュース・キャスターのスーザン・ブレイクリー、巨大軍需産業のトップでありながら不正を知られ、その証拠を消そうとするロバート・ワグナー、航空会社社長エディ・アルバート、パトローニ(G・ケネディ)が”世話”をされる女性ビビ・アンデルソン、リポーターのジョン・デイビッドソン、彼と恋仲になるソ連の体操選手アンドレア・マルコビッチ、彼女のコーチ、マーセデス・マッケンブリッジ、意味不明なミュージシャン、ジミー・ウォーカー、心臓病の息子を案ずる女性シシリー・タイスン、機関士デビッド・ワーナーソ連人コーチのアヴェリー・シュレイバー、トイレにばかり入っている神経質な乗客マーサ・レイ、愛犬を連れていたため搭乗を拒否されるキャロ、冒頭の副操縦士、わずかな出演ながら、TVシリーズ「コンバット!」のケイジ/ケーリ役が懐かしいピエール・ジャルベール等が共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020