4218 Movies

大陸横断超特急 Silver Streak (1976)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

監督アーサー・ヒラー、名コンビ、ジーン・ワイルダーリチャード・プライアーの初共演作。
ヒッチコック作品を髣髴させるサスペンスとロマンス、全編を通しての抜群のユーモア・センス、さらにはクライマックスで驚きの大スペクタクルという、ジル・クレイバーグパトリック・マクグーハンネッド・ビーティ他共演の娯楽作。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■
監督:アーサー・ヒラー
製作
トーマス・L・ミラ
エドワード・K・ミルキス
製作総指揮
フランク・ヤブランス

マーティン・ランソホフ
脚本:コリン・ヒギンズ
撮影:デヴィッド・M・ウォルシュ
編集:デヴィッド・ブレザートン
音楽:ヘンリー・マンシーニ

出演
ジーン・ワイルダー:ジョージ・コールドウェル
ジル・クレイバーグ:ヒルデガード”ヒリー”バーンズ
リチャード・プライアー:グローヴァー・マルドゥーム
パトリック・マクグーハン:ロジャー・デヴェロー
ネッド・ビーティ:ボブ・スウィート/スティーヴンス
レイ・ウォルストン:エドガー・ホワイニー
リチャード・キール:リース
スキャットマン・クローザース:ラルストン
クリフトン・ジェームズ:オリヴァー・チョンシー保安官
ルシール・ベンソン:リタ・バブトゥリー
ステファン・ギーラシュ:シュライナー教授/ジョンソン
ヴァレリー・カーティン:プレイン・ジェーン
フレッド・ウィラード:ジェリー・ジャービス

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
1976年製作 113分
公開
北米:1976年12月3日
日本:1977年4月16日
北米興行収入 $51,079,060


アカデミー賞 ■
第49回アカデミー賞
・ノミネート
録音賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ロサンゼルス
編集者のジョージ・コールドウェル(ジーン・ワイルダー)は、シカゴ行きの特急列車”シルバー・ストリーク”に乗車する。

ジョージは車中のバーで、セールスマンのボブ・スウィート(ネッド・ビーティ)から、列車の旅の楽しみ方を教えられる。

スウィートは、カウンターにいた女性ヒルデガード”ヒリー”バーンズ(ジル・クレイバーグ)に声をかけるが相手にされなかった。

その後、既に隣部屋ということで顔を合わせていたジョージとヒリーは、食堂車で同席することになる。

ジョージは、ヒリーが美術史学者シュライナー教授(ステファン・ギーラシュ)の秘書だと知り、自分が出版の仕事をしていることを告げる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
編集者ジョージ・コールドウェルは、ロサンゼルスからシカゴ行きの特急列車”シルバー・ストリーク”に乗車する。
美しい女性秘書ヒリーと知り合ったジョージは、彼女と楽しい時間を過ごすのだが、列車の窓の外に男の死体を目撃してしまう。
それは、ヒリーが秘書をする美術史学者シュライナー教授だと分かる。
ジョージはそれを確かめようとして謎の男ホワイニーと大男リースに襲われ、列車から放り出されてしまう。
何とか列車に戻ったジョージは、美術商デヴェローの部下が起こした間違いだったことと、教授が生きていることを知る。
自分の勘違いだと気づくジョージだったが、車内で知り合った、実はFBI捜査官だったスウィートから、教授がデヴェローの陰謀にはまり、殺されたことが事実だとを知らされる・・・。
__________

ドタバタコメディに、これだけ多くの娯楽の要素が盛り込まれている作品は珍しい。
特に、クライマックスで特急列車が駅に突入していくシーンは圧巻であり、パロディ映画「フライングハイ」(1980)でも使われるなど、その迫力ある映像は評判になった。

ある愛の詩」(1970)などのアーサー・ヒラーの演出はシャープ且つスピード感があり、多くの登場人物のキャラクターを活かした見事な仕上がりとなっている。
同じ主演コンビで13年後に「見ざる聞かざる目撃者」(1989)も監督している。

思わぬヒットとなった本作は、北米興行収入だけで5000万ドルを突破した。

第49回アカデミー賞では、録音賞にノミネートされた。

ヘンリー・マンシーニの、広大な大陸を横断する列車をイメージさせる、力強い主題曲も素晴しい。

主演のジーン・ワイルダーは、美女に惚れ殺人事件に巻き込まれ、3度も列車から放り出されるという、アクションスター顔負けの大奮闘を見せてくれるが、危機に直面しながら、真顔でそれに立ち向かおうとする姿が実に可笑しい。

ヒロインのジル・クレイバーグは、嫌味のない大人の女性の魅力を漂わせ、ストーリーにアクセントを加えている。

ドラマ半ば過ぎまで登場しない、若々しいリチャード・プライアーは、覚めたギャグも抜群に冴えている。

紳士的な悪党パトリック・マクグーハンFBI捜査官ネッド・ビーティ、殺し屋には見えないものの印象的に悪人を演ずるレイ・ウォルストン、巨漢リチャード・キール、ベテランの名脇役、車掌のいキャットマン・クローザース、そして”007”シリーズの保安官役でも印象に残るクリフトン・ジェームズなど、共演者の充実振りも見ものだ。

主人公に協力して、複葉機を操縦する勇ましい婦人ルシール・ベンソン、教授と殺し屋の二役ステファン・ギーラシュ、ロマンスに絶望感を感じている乗客の女性役のヴァレリー・カーティン、駅の係官役フレッド・ウィラード等も共演していいる。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020