4216 Movies

チャンプ The Champ (1979)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1931年に公開された、キング・ヴィダーの監督による「The Champ」のリメイク作品で、フランシス・マリオンの同作の脚本が原作。
落ちぶれたボクシングの元世界チャンピオンが、息子のために再起を目指す姿を描く、監督フランコ・ゼフィレッリ、主演ジョン・ヴォイトフェイ・ダナウェイリッキー・シュローダージャック・ウォーデン他共演による親子愛のドラマ。


ドラマ(家族愛)


スタッフ キャスト ■
監督:フランコ・ゼフィレッリ
製作:ダイソン・ロヴェル
原作:フランシス・マリオン
脚本:ウォルター・ニューマン
撮影:フレッド・コーネカンプ
編集:マイケル・J・シェリダン
音楽:デイヴ・グルーシン

出演
ビリー・フリン:ジョン・ヴォイト

アニー・フィリップス:フェイ・ダナウェイ
ティモシー・ジョセフ”T.J.”フリン:リッキー・シュローダー
ジャッキー:ジャック・ウォーデン
マイク・フィリップス:アーサー・ヒル
ドリー・ケニイオン:ジョーン・ブロンデル
ライリー:ストローザー・マーティン
ジョージー:エリシャ・クックJr.
ホワイティ:アラン・ミラー
ホッフマスター:ダナ・エルカー
ローランド・バウワーズ:ランドール“テックス”コッブ

アメリカ 映画
配給 MGM

1979年製作 122分
公開
北米:1979年4月4日
日本:1979年7月7日
北米興行収入 $30,441,740


アカデミー賞 ■
第52回アカデミー賞
・ノミネート
作曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
フロリダ州、ハイアリア
プロ・ボクシングの元チャンピオンだったビリー・フリン(ジョン・ヴォイト)は、競馬場の厩舎で働き、今では酒とギャンブルに溺れた生活を送っていた。

ビリーは、妻のアニー(フェイ・ダナウェイ)に去られて、8歳の息子ティモシー・ジョセフ”TJ”(リッキー・シュローダー)と暮らしていた。

TJは、ビリーを”チャンプ”と呼び、リングから遠ざかっている父が、再び闘う気になったことを知り喜ぶ。

様子を見ると言うビリーは、それを知った厩舎仲間のライリー(ストローザー・マーティン)から、37歳という年齢と7年間のブランクを心配される。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
元世界チャンピオンのボクサー、ビリー・フリンは、競馬場の厩舎で働き、酒とギャンブルに溺れて落ちぶれていた。
妻アニーは去り、一人で8歳の息子TJを育てていたビリーは、息子や周囲が再起を期待することをプレッシャーに感じる。
そんなビリーは、デザイナーとして成功したいたアニーが、TJに気づき親子の絆を深めたいことを知る。
その後ビリーは、TJに贈った馬をギャンブルで賭けてしまい、負けた末にそれを奪われそうになる。
警察沙汰を起こしたビリーは、TJを引き取りたいというアニーの元に、突き放した彼を向かわせる。
しかし、アニーが母親だと知ったTJは、ショックを受けてビリーの元に戻る。
ビリーはTJに謝罪し、彼が望むカムバックのためにトレーニングを開始する・・・。
__________

前年の「帰郷」(1978)でアカデミー主演賞を獲得したジョン・ヴォイトが主演ということと、天才子役と言われたリッキー・シュローダーの演技が絶賛され、公開当時、涙なしには観られない作品として話題になった。

男臭いボクシングの世界も描いた作品ではあるが、人の持つ”優しさ”がしみじみと伝わる、フレッド・コーネカンプの脚本とフランコ・ゼフィレッリの演出により、心打たれる感動作に仕上がっている。

第52回アカデミー賞では、デイヴ・グルーシンが作曲賞にノミネートされた。

人間味溢れる主人公を演ずるジョン・ヴォイトの演技に引き込まれるのだが、10歳にも達しない少年に、こんな演技ができるのだろうかと、誰もが納得するリッキー・シュローダーの熱演に驚いたことを思い出す。

登場場面の殆どで涙しているのも印象的であるリッキー・シュローダーは、ジョン・ヴォイトと共にゴールデングローブ賞にノミネートされ、見事に新人賞を受賞した。

訳あって別れたものの、痛々しいほどの子供への愛・・・母親を好演するフェイ・ダナウェイ、主人公のトレーナー役のジャック・ウォーデン、アニー(F・ダナウェイ)の夫役アーサー・ヒル、馬主の老婦人ジョーン・ブロンデル、厩舎仲間ストローザー・マーティン、トレーナー、エリシャ・クックJr.、主人公の借金相手アラン・ミラー、弁護士ダナ・エルカー、主人公の対戦相手役ランドール“テックス”コッブなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020