4553 Movies

海の征服者 The Black Swan (1942)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

カリブ海イングランド船を襲う海賊の討伐を命ぜられた海賊の活躍を描く、監督ヘンリー・キング、主演タイロン・パワーモーリン・オハラレアード・クリーガートーマス・ミッチェルジョージ・サンダースアンソニー・クイン他共演のアクション・アドベンチャー。


アクション/アドベンチャー

アンソニー・クイン / Anthony Quinn / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:ヘンリー・キング

製作:ロバート・バスラー
原作:ラファエル・サバティーニ”The Black Swan”
脚本
ベン・ヘクト
シートン・I・ミラー
撮影:レオン・シャムロイ
編集:バーバラ・マクリーン
音楽:アルフレッド・ニューマン

出演
ジェイミー・ウェアリング:タイロン・パワー
マーガレット・デンビー:モーリン・オハラ
ヘンリー・モーガンレアード・クリーガー
トム・ブルー:トーマス・ミッチェル
ビリー・リーチ:ジョージ・サンダース
ウォーガン:アンソニー・クイン
デンビー卿:ジョージ・ザッコ
ドン・ミゲル:フォーチュニオ・ボナノヴァ
ロジャー・イングラム:エドワード・アシュレイ
枢機卿:アーサー・シールズ

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
1942年製作 85分
公開
北米:1942年12月4日
日本:1950年6月23日
製作費 $1,493,800
北米興行収入 $1,012,600


アカデミー賞
第15回アカデミー賞

・受賞
撮影賞(カラー)
・ノミネート
特殊効果・ドラマ音楽賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
17世紀、カリブ海
海賊のジェイミー・ウェアリング(タイロン・パワー)は、ビリー・リーチ(ジョージ・サンダース)と共にある町を襲い金品を略奪する。

悪名高き海賊ヘンリー・モーガンレアード・クリーガー)が、来週、死刑になることを考えていたジェイミーは、スペイン兵に襲われて捕らえられる。

ドン・ミゲル(フォーチュニオ・ボナノヴァ)に拘束されて拷問を受けたジェイミーは、モーガンレアード・クリーガー)の居場所を訊かれてもまともに答えない。

憤慨したドン・ミゲルだったが、押し入って来たジェイミーの仲間トム・ブルー(トーマス・ミッチェル)に剣を向けられる。

解放されたジェイミーは、ドン・ミゲルを拷問しようとするものの、そこにジャマイカ総督のデンビー卿が現れる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想
1932年に発表された、ラファエル・サバティーニの小説”The Black Swan”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
17世紀、イングランド国王チャールズ2世の恩赦で死刑を免れた悪名高き海賊ヘンリー・モーガンは、ジャマイカ総督に任命されカリブ海の海賊討伐を始める。
仲間の海賊ジェイミー・ウェアリングを補佐にして、イングランドの宝船を襲う海賊の討伐を命じたモーガンだったが、その情報が漏れてしまう。
前総督デンビーの部下ロジャーの策略で、その情報が海賊のリーチに伝わり、彼らは宝船を襲い財宝を略奪する。
情報が漏れていると考えたジェイミーは一旦、引き返すものの、モーガンから再び海賊の捜索を命ぜられる。
そんなジェイミーは、デンビーの娘マーガレットに惹かれていたために、ロジャーとの結婚を控えた彼女を強引に連れ去り出航するのだが・・・。
__________

歴史小説で知られるラファエル・サバティーニの原作を基に、監督ヘンリー・キング、彼のお気に入りのスター、タイロン・パワー主演、モーリン・オハラ共演による海洋冒険活劇。

イングランド国王チャールズ2世の恩赦により、死刑を免れジャマイカ総督に任命された、悪名高き海賊ヘンリー・モーガンの物語を中心に、彼の仲間である海賊の争いが描かれた作品。

当時は、ヨーロッパでは第二次大戦が激化し、真珠湾攻撃が行われ日米開戦して間もないころに製作された作品であることに注目したい。

この時代に、ユーモアを交えた娯楽の要素満載のこのような映画が多く作られていた、アメリカの国力を感じさせれれる作品である。

第15回アカデミー賞で撮影賞(カラー)を受賞したレオン・シャムロイによる美しい映像、海戦の迫力を伝える特殊効果、軽快且つ勇壮でもあるアルフレッド・ニューマンの音楽なども素晴らしい、見応えある作品に仕上がっている。

アカデミー賞では、特殊効果、ドラマ音楽賞にもノミネートされた。

主演のタイロン・パワーは、豪放磊落、勇猛果敢な海賊を見事に演じ、荒くれ者の中で一際輝くモーリン・オハラの美しさも際立つ。
二人が夫婦役を演じ、タイロン・パワーの演技力が高く評価されたジョン・フォードの名作「長い灰色の線」(1955)が忘れられない。

悪名高き海賊でありながら、イングランド国王チャールズ2世の恩赦によりジャマイカ総督に任命されたヘンリー・モーガンを豪快に演ずるレアード・クリーガー、主人公の部下である酔いどれの海賊を愉快に演ずるトーマス・ミッチェルヘンリー・モーガンの考えに従わずに略奪を続ける海賊のジョージ・サンダース、その部下アンソニー・クイン、ヒロインの父親である前ジャマイカ総督ジョージ・ザッコ、その部下で、海賊に情報を流すヒロインの恋人エドワード・アシュレイスペインの役人フォーチュニオ・ボナノヴァ、司教役のアーサー・シールズなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021