4511 Movies

サバイビング・ピカソ Surviving Picasso (1996)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

天才画家パブロ・ピカソと彼が愛した女性達との関係を描く、監督ジェームズ・アイヴォリー、製作イスマイル・マーチャント、主演アンソニー・ホプキンスナターシャ・マケルホーンジュリアン・ムーア他共演のドラマ。


ドラマ

ジュリアン・ムーア / Julianne Moore / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ジェームズ・アイヴォリー
製作
イスマイル・マーチャント

デヴィッド・L・ウォルパー
製作総指揮
ドナルド・ローゼンフェルド

ポール・ブラッドリー
脚本:ルース・プラワー・ジャブヴァーラ

撮影:トニー・ピアース=ロバーツ
編集:アンドリュー・マーカス
音楽:リチャード・ロビンズ

出演
パブロ・ピカソアンソニー・ホプキンス

フランソワーズ・ジローナターシャ・マケルホーン
ドラ・マールジュリアン・ムーア
アンリ・マティスジョス・アクランド
サミュエル・M・クーツデニス・ボウトシカリス
ジャウメ・サバルテス:ピーター・エアー
オルガ・ホフロヴァジェーン・ラポテア
カーンワイラー:ジョゼフ・メイハー
ジロー:ボブ・ペック
ジャクリーヌ・ロックダイアン・ヴェノーラ
マリー=テレーズ・ワルテルスザンナ・ハーカー
フランソワーズの祖母:ジョーン・プロウライト
パウロ・ピカソ:ドミニク・ウェスト
マルセル:ピーター・ゲレッティ

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

1996年製作 125分
公開
北米:1996年9月20日
日本:1997年1月18日
製作費 $16,000,000
北米興行収入 $2,021,350


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1943年、パリナチス・ドイツ占領下。
高名な画家パブロ・ピカソアンソニー・ホプキンス)は、ナチスの将校に保管庫の絵画を見せるが、彼らは興味を示さない。

その後ピカソは、愛人である写真家兼画家のドラ・マールジュリアン・ムーア)と共カフェにに向かう。

ピカソは、その場にいた画家だと言う若い女性フランソワーズ・ジローナターシャ・マケルホーン)に声をかけてアトリエに誘う。

アトリエを訪ねたフランソワーズは、絵のことは口実であり、影響を受け過ぎることを警戒しつつ、その数週間後に再び彼を訪ねる。

ピカソは現れたフランソワーズを歓迎し、二人は40歳の年齢差も問題にせず親交を深める。
...全てを見る(結末あり)

 


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1943年、パリナチス・ドイツ占領下。
高名な画家パブロ・ピカソは、画家志望の学生フランソワーズ・ジローと出会う。
40歳の年齢差を問題にせず親交を深めた二人は同棲を始め、やがて男の子が産まれる。
オルガ・ホフロヴァ、最初の愛人マリー=テレーズ・ワルテル、二番目の愛人ドラ・マールらが、なぜピカソの影響を受けそして去って行ったのか、それを考えながら、フランソワーズは彼との生活を続けるのだが・・・。
__________

パートナーでもあるイスマイル・マーチャントジェームズ・アイヴォリーの”マーチャント・アイヴォリー・プロダクション”による製作作品。

天才と言われたパブロ・ピカソが、いかにして人に影響を与え、好かれて愛され、そして嫌われたか・・・それを克明に描く物語であり、実力派スターの個性を生かしたジェームズ・アイヴォリーの演出が見所の作品。

しかし、歴史的事実を順序立てて描いているだけの展開はやや単調で、”女性”の物語でもある内容に、もう少し深みを持たせてほしかったというのが感想だ。

魅力的なキャスティングにも拘わらず、商業的には失敗した作品。
製作費 $16,000,000
北米興行収入 $2,021,350

主人公を演ずるのは紛れもなく”アンソニー・ホプキンス”なのだが、時々見せる表情や仕草などがピカソに見間違うほどの、役になり切っている彼の演技は流石だ。

見かけはか弱い女性だが、全ての者が屈するピカソに服従することなく逞しく生きる3番目の愛人フランソワーズ・ジローナターシャ・マケルホーン、2番目の愛人ドラ・マールジュリアン・ムーアアンリ・マティスジョス・アクランドピカソの秘書ピーター・エアー、最初の妻オルガ・ホフロヴァジェーン・ラポテア、画商サミュエル・M・クーツデニス・ボウトシカリス、同じく画商ジョゼフ・メイハーフランソワーズの父親ボブ・ペック、祖母ジョーン・プロウライト、2番目の妻ジャクリーヌ・ロックダイアン・ヴェノーラ、最初の愛人マリー=テレーズ・ワルテルスザンナ・ハーカーピカソの息子ドミニク・ウェスト、使用人ピーター・ゲレッティなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021