4315 Movies

パシフィック・リム: アップライジング Pacific Rim: Uprising (2018)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2013年に公開された「パシフィック・リム」(2013)の続編。
人類絶滅のために再び襲い掛かる怪獣に立ち向かうPPDC(環太平洋防衛軍)の勇士達の戦いを描く、製作ギレルモ・デル・トロ、監督、原案、脚本スティーヴン・S・デナイト、主演ジョン・ボイエガスコット・イーストウッドケイリー・スピーニー菊地凛子チャーリー・デイバーン・ゴーマンジン・ティエン他共演のSFアクション大作。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト
監督:スティーヴン・S・デナイト

製作
ジョン・ボイエガ
ケイル・ボイター
ギレルモ・デル・トロ
ジョン・ジャシュニ
フェミ・オーガンズ
メアリー・ペアレント
トーマス・タル
原案
スティーヴン・S・デナイト
T・S・ノーリン
原作
キャラクター創造
トラヴィス・ビーチャム
脚本
エミリー・カーマイケル
キラ・スナイダー
スティーヴン・S・デナイト
T・S・ノーリン
撮影:ダニエル・ミンデル
編集
ディラン・ハイスミス
ザック・ステンバーグ
音楽:ローン・バルフ

出演
ジェイク・ペントコスト:ジョン・ボイエガ
ネイサン・ランバート:スコット・イーストウッド
アマーラ・ナマーニ:ケイリー・スピーニー
森マコ:菊地凛子
ニュートン・ガイズラー:チャーリー・デイ
ハーマン・ゴットリーブ博士:バーン・ゴーマン
リーウェン・シャオ:ジン・ティエン
ジュールス・レジェス:アドリア・アルホナ
チュアン司令官:マックス・チャン
スレシュ訓練生:カラン・ブラル
ヴィクトリア訓練生:イヴァンナ・ザクノ
ジナイ訓練生:ウェスリー・ウォン
リョウイチ訓練生:新田真剣佑
レナータ訓練生:シャーリー・ロドリゲス
イリヤ訓練生:リーヴァイ・ミーデン
メイリン訓練生:リリー・ジー
タヒーマ訓練生:ラハート・アダムス
サニー:ニック・E・タラベイ
アマーラ・ナマーニ(少女期):マデリーン・マックグロウ

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
2018年製作 111分
公開
北米:2018年3月23日
日本:2018年4月13日
製作費 $150,000,000
北米興行収入 $59,874,530
世界 $290,930,150


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
異次元生命体”プリカーサー”が太平洋の海底から地上に送った”怪獣”と戦うために、人類は人型巨大兵器”イェーガー”を造り対抗した。

PPDC(環太平洋防衛軍)の司令官であるパイロットのスタッカー・ペントコスト(イドリス・エルバ)は、命を犠牲にして戦い世界を救った。

2035年、カリフォルニア州、サンタモニカ
人類が激戦に勝利してから10年が経過し、スタッカーの息子ジェイク(ジョン・ボイエガ)は、優秀なパイロットであったものの軍を除隊し、ブラック・マーケットでイェーガーのパーツなどを売買する日々を送っていた。

世界は平穏を取り戻したものの、怪獣の再来への不安を残すPPDCは新世代のイェーガーを開発し、若いパイロット達を訓練していた。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

参考:
・「パシフィック・リム」(2013)
・「パシフィック・リム: アップライジング」(2018)

*(簡略ストー リー)
2035年、カリフォルニア州、サンタモニカ
異次元生命体”プリカーサー”が送り込んだ”怪獣”との10年前の戦いで地球を救ったPPDC(環太平洋防衛軍)の司令官スタッカー・ペントコストの息子ジェイクは、優秀なパイロットであったものの軍を除隊し、ブラック・マーケットで盗品を売買する日々を送っていた。
ある日、イェーガー”スクラッパー”を自作している少女アマーラに出会ったジェイクは、PPDCに捕らえられる。
事務総長である義姉マコから、刑務所行きかパイロットに復帰するかを迫られてたジェイクは、仕方なくPPDCの基地に向かう。
同期である不仲のネイサンに迎えられたジェイクは、教官としてパイロット候補生の一員となったアマーラを指導することになる。
そんな中、正体不明の未登録イェーガー“オブシディアン・フューリー”が出現し、襲撃を受けたマコは死亡し、失意のジェイクは再び戦うことを誓うのだが・・・。
__________

ギレルモ・デル・トロが脚本を兼ねて監督した、巨大怪獣と人型ロボット”イェーガー”との戦いを描き世界的に大ヒットしたSFアクション「パシフィック・リム」(2013)の続編。

製作のみを担当したギレルモ・デル・トロに代わり、テレビ界で活躍するスティーヴン・S・デナイトが原案と脚本を兼ねて監督した作品。

人類と異次元生命体”プリカーサー”が送り込んだ”怪獣”との戦いから10年後の設定で、その戦争で、命を落としながら地球を救い英雄となったPPDC(環太平洋防衛軍)の司令官スタッカー・ペントコストの息子ジェイクを主人公とした内容になっている。

英雄である父と同じ道を歩むことを拒んだ、大人になり切れない考えの青年が、再び人類を襲う脅威に立ち向かいながら成長していく姿が描かれている。

登場人物や内容を含めて、悪く言えばキッズムービー的であり、荒唐無稽な物語は許せるものの、大人を満足させられる作品ではない。

クライマックスの戦いが東京であることは実に興味深いのだが、富士山の麓に東京が位置して高層ビルが立ち並ぶ映像などは、いくら作り物でも思わず笑ってしまう。

興行収入も前作から激減し、1億5000万ドルの製作費にも拘わらず北米興行収入は6000万ドル弱に留まり、全世界では約2億9100万ドルのヒットとなるものの、前作の4億1100万ドルには遠く及ばなかった。
*前作
製作費 $190,000,000
北米興行収入 $101,802,910

盗品売買の犯罪者から軍に戻り、地球を救うために戦う戦士となるジョン・ボイエガ、彼とは不仲ではあったものの、協力し合い共に戦うパイロットのスコット・イーストウッド、主人公と出会う孤独な少女でありながら、単独でイェーガーを造りパイロットとなり勇敢に戦う少女ケイリー・スピーニー、主人公の義姉で、PPDC(環太平洋防衛軍)の事務総長である菊地凛子、シャオ産業の研究チームのリーダーであるチャーリー・デイ、PPDCの科学士官バーン・ゴーマン、シャオ産業社長のジン・ティエン、イェーガー整備担当のアドリア・アルホナ、PPDC司令官のマックス・チャン、訓練生のカラン・ブラルイヴァンナ・ザクノウェスリー・ウォン新田真剣佑、シャーリー・ロドリゲス、リーヴァイ・ミーデン、リリー・ジー、ラハート・アダムス、主人公と共にイェーガーのパーツを盗もうとするニック・E・タラベイなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020