4213 Movies

パシフィック・リム Pacific Rim (2013)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

”怪獣”により絶滅の危機となった人類が、巨大人型ロボットで立ち向かう壮絶な戦いを描く、監督、脚本ギレルモ・デル・トロ、主演チャーリー・ハナム菊地凛子イドリス・エルバロン・パールマン他共演のSFアクション大作。


アクション/アドベンチャー


スタッフ キャスト ■
監督:ギレルモ・デル・トロ
製作
ジョン・ジャッシニ

メアリー・ペアレント
トーマス・タル
製作総指揮:カラム・グリーン
原案:トラヴィス・ビーチャム
脚本
トラヴィス・ビーチャム

ギレルモ・デル・トロ
撮影:ギレルモ・ナヴァロ
編集
ピーター・アムンドソン

ジョン・ギルロイ
音楽:ラミン・ジャヴァディ

出演
ローリー・ベケット:チャーリー・ハナム

スタッカー・ペントコスト:イドリス・エルバ
森マコ:菊地凛子
ニュートン・ガイズラー:チャーリー・デイ
チャック・ハンセン:ロブ・カジンスキー
ハーク・ハンセン:マックス・マーティーニ
ハンニバル・チャウ:ロン・パールマン
ハーマン・ゴットリーブ:バーン・ゴーマン
森マコ(幼少期):芦田愛菜
テンドー・チョイ:クリフトン・コリンズJr.
ヤンシー・ベケット:ディエゴ・クラテンホフ

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ

2013年製作 131分
公開
北米:2013年7月12日
日本:2013年8月9日
製作費 $190,000,000
北米興行収入 $101,802,910
世界 $411,002,910


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
2013年。
太平洋の海底から出現した地球外生命体”怪獣:アックスヘッド”はサンフランシスコを襲撃する。

その後も怪獣は、次々と太平洋地域の都市を襲い、人類はそれを迎え撃ち、巨大人型ロボット兵器”イェーガー”を開発する。

二人のパイロットが乗り込んだイェーガーは、神経とマシンを接続する”ドリフト”方式で操縦される。

イェーガーのパイロットは怪獣を倒して有名人となり、ロボットのキャラクター商品も爆発的に売れて、危機は去ったと思われた。

2020年7月、アラスカ
怪獣”ナイフヘッド”が出現して、パイロットの兄弟ヤンシー・ベケット(ディエゴ・クラテンホフ)とローリー(チャーリー・ハナム)ではイェーガー”ジプシー・デンジャー”出撃する。

環太平洋防衛軍(PPDC)司令官スタッカー・ペントコスト(イドリス・エルバ)の命令を受けて、指令センター”ロクセント”の管制官テンドー・チョイ(クリフトン・コリンズJr.)の指示を受けたベケット兄弟はナイフヘッドに立ち向かう。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

参考:
・「パシフィック・リム」(2013)
・「パシフィック・リム: アップライジング」(2018)

*(簡略ストー リー)
太平洋の海底から出現した地球外生命体”怪獣”は各都市を襲い、迎え撃つ人類は、パイロットが二人で制御する巨大人型ロボット”イェーガー”を開発して反撃に出る。
その後、イェーガーは有効な対抗策ではなくなるが、環太平洋防衛軍(PPDC)司令官ペントコストは、兄を戦闘で亡くした元パイロットのローリー・ベケットを復帰させて総攻撃の準備を始める。
ローリーは、日本人研究員のマコに迎えられて、彼女がイェーガーへの同乗を希望していることを知るが、ペントコストはそれを許可しない。
マコの能力を認めたローリーは、イェーガーのシュミレーションを許可された彼女との、神経とマシンを接続する”ドリフト”で隠されマコの過去を知る。
そして、再び現れた怪獣は、人類に容赦なく襲い掛かる・・・。
__________

鬼才ギレルモ・デル・トロが監督と脚本を担当し、映画界に功績を残したレイ・ハリーハウゼン本多猪四郎に捧げられた作品であり、モンスター映画へのオマージュが込められている。

人類に襲い掛かるモンスターを日本語の”怪獣”と呼び、ヒロインも日本人女性だという、敬意が感じられるところが嬉しい。

鑑賞前の予想として誰もが考える、どう見ても”トランスフォーマー・シリーズ”の亜流だろうと思いきや、ロボットや怪獣の造形が新しくも感じ、またどことなく古風である微妙な感覚がなかなかよろしい。

難しい話を排除した、単純に侵略者との戦いを描いた物語、英知を結集して作った先端ロボットを動かす人間の勇気をストレートに描いた内容、最新の映像技術を駆使した大迫力の映像なども楽しめる。

製作費は1億9000万ドル、北米ではやや期待を下回るものの、興行収入は1億ドルを突破し、全世界では約4億1100万ドルのヒットとなった。

人類を救うために命を懸けるパイロットを熱演するチャーリー・ハナム、環太平洋防衛軍(PPDC)司令官のイドリス・エルバ、軍研究者の菊地凛子、生物学者役のチャーリー・デイ、パイロットのロブ・カジンスキーとその父親マックス・マーティーニ、闇市の黒幕ロン・パールマン、物理学者バーン・ゴーマン、ヒロインの少女期役の芦田愛菜、指令センター管制官クリフトン・コリンズJr.、主人公の兄ディエゴ・クラテンホフなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020