4213 Movies

オズ はじまりの戦い Oz the Great and Powerful (2013)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

ライマン・フランク・ボームの児童文学”オズの魔法使い”を基に製作された作品。
ペテン師に近い奇術師が竜巻み引き込まれてたどり着いた”オズの国”で、魔法使いに間違われながら悪い魔女を追い払い人々に幸せをもたらすまでを描く、監督サム・ライミ、主演ジェームズ・フランコミシェル・ウィリアムズレイチェル・ワイズミラ・キュニス他共演のファンタジー・アドベンチャー。


ファンタジー


スタッフ キャスト ■
監督:サム・ライミ
製作:ジョー・ロス
製作総指揮
グラント・カーティス

パラク・パテル
フィリップ・ステュアー
ジョシュア・ドーネン
脚本
ミッチェル・カプナー

デヴィッド・リンゼイ=アベアー
原作:ライマン・フランク・ボームオズの魔法使い
撮影:ピーター・デミング

編集:ボブ・ムラウスキー
音楽:ダニー・エルフマン

出演
オスカー”オズ”ディグス:ジェームズ・フランコ

魔女セオドラ:ミラ・キュニス
魔女エヴァノラ:レイチェル・ワイズ
南の魔女グリンダ/アニー:ミシェル・ウィリアムズ
フィンリー(声)/フランク:ザック・ブラフ
陶器の少女(声)/車いすの少女:ジョーイ・キング
メイ:アビゲイル・スペンサー
ティンカー:ビル・コッブス
ナック:トニー・コックス
マジックを疑う観客:テッド・ライミ
ウィンキーの門番:ブルース・キャンベル

アメリカ 映画
配給 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ

2013年製作 130分
公開
北米:2013年3月8日
日本:2013年3月8日
製作費 $215,000,000
北米興行収入 $234,911,830
世界 $493,311,830


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1905年、カンザス
巡業サーカスの一員である、しがない奇術師オスカー”オズ”ディグス(ジェームズ・フランコ)は、客の入りが少ないことを気にしながら、助手のフランク(ザック・ブラフ)とメイ(アビゲイル・スペンサー)と共にステージに上がる。

メイに催眠術をかけて空中に浮かべ消し去ったオスカーは、車いすの少女(ジョーイ・キング)から歩けるようにしてほしいと頼まれる。

戸惑うオスカーが今はできないと答えたため、彼は客から罵倒されステージを降りる。

楽屋に戻ったオスカーは、心を寄せるアニー(ミシェル・ウィリアムズ)が現れたため彼女を歓迎する。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

世界中の人々に愛される児童文学である、1900年に発表されたライマン・フランク・ボームオズの魔法使い”を基に製作された作品。

*(簡略ストー リー)
1905年、カンザス
巡業サーカスの奇術師オスカー”オズ”ディグスは、気球で飛びったった後に竜巻に引き込まれある国にたどり着く。
魔女セオドラから、魔法使いが現れる予言通りになったと言われたオスカーは、宮殿や財宝が手に入ると知らされる。
魔法使いだと偽ったオスカーは、翼を持つ猿のフィンリーを助け、セオドラとエメラルド・シティに着き、彼女の姉エヴァノラに歓迎される。
悪い魔女を退治しなければ黄金が手に入らないことを知ったオスカーは、フィンリーと共に南の国に向かう。
途中オスカーは、陶器の町で家族を失った少女を助け、南の国の魔女グリンダに遭遇する。
グリンダが良い魔女で、エヴァノラの悪事を知ったオスカーは、ティンカーやマンチキン達と協力し合い対抗策を考えるのだが・・・。
__________

スパイダーマン・シリーズでコンビを組んだサム・ライミジェームズ・フランコが、ディズニーとのジョイントで完成させた、製作費2億1500万ドルをかけた超豪華キャストによる超大作。

よく知られる、カンザスの農家の少女”ドロシー”が登場する物語ではなく、彼女が関わる占い師を奇術師に置き換えた、彼が主人公として”オズの魔法使い”となるストーリー。

1939年の傑作ミュージカル「オズの魔法使」の前日譚的な内容であり、それを意識したシーンが随所に挿入されオマージュとして凝った雰囲気に仕上がっている。

旧作では、家族や故郷の大切さを伝える描写が強調されていたが、本作は、夢を追い続けるしがない奇術師の心の成長を描いている。

北米興行収入は約2億3500万ドル、全世界では約4億9300万ドルのヒットとなった。

ロバート・ダウニーJr.やジョニー・デップも候補にあがった主人公を演ずるジェームズ・フランコは、人間味溢れる人物を魅力的に演じている。

初心で善良な心が傷つき、邪悪な魔女に変わってしまうミラ・キュニス、その姉レイチェル・ワイズ、良い魔女のミシェル・ウィリアムズ、主人公の助手と翼を持つ猿の声を担当するザック・ブラフ、陶器でできているところがどこか悲しげであり、冒頭で車いすの少女も演ずるジョーイ・キング、主人公のショーの助手のアビゲイル・スペンサー、南の国の住人で何でも作るビル・コッブス、紋章官のトニー・コックス、主人公を疑う客テッド・ライミ、ウィンキーの門番ブルース・キャンベルなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020