4216 Movies

黄昏 On Golden Pond (1981)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1979年にブロードウェイで初演されたアーネスト・トンプソンの戯曲”On Golden Pond”を基に製作された作品。
湖畔でのひと夏を過ごす老夫婦と父と娘の関係修復を描く、共にアカデミー主演賞を受賞した名優キャサリン・ヘプバーンヘンリー・フォンダジェーン・フォンダダブニー・コールマン他共演、監督マーク・ライデルによる家族愛のドラマ。


ドラマ(家族愛)


スタッフ キャスト ■
監督:マーク・ライデル
製作:ブルース・ギルバード
原作:アーネスト・トンプソン(戯曲)”On Golden Pond
脚本:アーネスト・トンプソン

撮影:ビリー・ウィリアムズ
編集:ロバート・L・ウォルフ
音楽:デイヴ・グルーシン

出演
エセル・セアー:キャサリン・ヘプバーン

ノーマン・セアーJr.:ヘンリー・フォンダ
チェルシー・セアー・ウェイン:ジェーン・フォンダ
ビリー・レイ:ダグ・マッケオン
ビル・レイ:ダブニー・コールマン
チャーリー・マーティン:ウィリアム・ラントゥ
サムナー・トッド:クリストファー・ライデル

アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ

1981年製作 109分
公開
北米:1981年12月4日
日本:1982年4月10日
製作費 $15,000,000
北米興行収入 $119,285,430


アカデミー賞 ■
第54回アカデミー賞
・受賞
主演男優(ヘンリー・フォンダ)
主演女優(キャサリン・ヘプバーン)
脚色賞
・ノミネート
作品・監督
助演女優(ジェーン・フォンダ)
撮影・編集・録音・作曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューハンプシャー
”ゴールデン・ポンド”と呼ばれる湖のほとりの別荘を、引退していた大学教授ノーマン・セアーJr.(ヘンリー・フォンダ)と妻エセル(キャサリン・ヘプバーン)が訪れる。

80歳間近で物忘れも酷くなったノーマンは、自分の衰えを感じながら、マイペースでひと夏を過ごそうとする。

そんな、頑固で偏屈なノーマンを気遣いながら、エセルは美しい自然に中での日々を楽しもうとする。

ある日、ノーマンにイチゴ摘みを頼んだエセルは、一人娘チェルシー(ジェーン・フォンダ)からの手紙を、知人の郵便配達人チャーリー・マーティン(ウィリアム・ラントゥ)から受け取る。

森の中で迷いそうになったノーマンは、何んとか別荘に戻り、チャーリーと共に、チェルシーからの手紙の内容をエセルから知らされる。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
ニューハンプシャー州。
80歳に近づく引退した大学教授のノーマン・セアーJr.は、妻エセルと共に、ゴールデン・ポンド”と呼ばれる湖の別荘で、ひと夏を過ごそうとする。
衰えを感じるノーマンは、不安を抱えながら日々を過ごすが、エセルは夫を励ます。
頑固で偏屈なノーマンは、エセルや誰にでも毒舌を吐き、マイペースを貫く。
そんなノーマンは、不仲の一人娘チェルシーが、誕生日に訪ねて来ることをエセルから知らされる。
チェルシーと恋人のビル、彼の息子ビリーを、エセルと共に歓迎したノーマンは、彼女らと相容れない時間を過ごす。
その後、チェルシーとビルがヨーロッパに旅立つため、ノーマンとエセルはビリーを預かることになる。
子供を相手にすることを不満に思うノーマンだったが、意外にもビリーと気が合い、二人は親交を深める・・・。
__________

私生活で不仲が有名だったヘンリー・フォンダジェーン・フォンダ親子なのだが、彼女が、自分達の関係に似たアーネスト・トンプソンの戯曲の映画化権を取得したと言う経緯がある。

結果、作品は批評家を含めて絶賛され、二人の親子関係は修復した。
長い芸歴の末、初めてアカデミー主演賞を受賞したヘンリー・フォンダは、体調不良のため授賞式は欠席し、ジェーン・フォンダが代わりにオスカーを受取り父親を称えたスピーチに、人々は惜しみない拍手を贈った。

その5カ月後に他界したヘンリー・フォンダは、この受賞が功労賞的とも言う意見もあるが、私はそうは思わない。
衰えを隠せない老人役、舞台経験も豊富な彼の演技は、言葉の一つ一つに重みがある。
序盤の偏屈さを強調させるセリフ回しなどは、上質なコメディを観ているようで、その役作りの素晴らしさは秀逸だ。

舞台となるニューハンプシャー州湖畔の美しい自然を生かした、マーク・ライデルの演出は、舞台劇をベースにしているだけあり、穏やかな中にも、役者の演技には力強さを感じる見事な仕上がりとなっている。

第54回アカデミー賞では、主演男優(ヘンリー・フォンダ)、主演女優(キャサリン・ヘプバーン)脚色賞を受賞した。
・ノミネート
作品・監督
助演女優(ジェーン・フォンダ)
撮影・編集・録音・作曲賞

キャサリン・ヘプバーンは史上最多、4度目の主演賞受賞となった。

興行的にも大成功した作品で、北米のみで約1億1900万ドルの大ヒットとなった。

頑固な夫の操縦方法を心得て、娘との関係を修復させるキャサリン・ヘプバーンの自然な演技、ギクシャクする親子関係を、実父と絶妙に演ずるジェーン・フォンダの演技も見逃せない。

主人公と親交を深める少年ダグ・マッケオン、その父親ダブニー・コールマン、郵便配達人ウィリアム・ラントゥ、町の青年役でマーク・ライデルの息子クリストファー・ライデルなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020