4311 Movies

ニューオーリンズ New Orleans (1947)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

まったく新しい音楽として”ジャス”を世間に広めようとした人々の努力と一組の男女のロマンスを描く、監督アーサー・ルービン、主演アルトゥーロ・デ・コルドヴァドロシー・パトリックマージョリー・ロードアイリーン・リッチリチャード・ヘイゲマンルイ・アームストロング”サッチモ”ビリー・ホリデイウディ・ハーマン他共演のミュージカル・ドラマ。


ドラマ(ミュージカル)


スタッフ キャスト
監督:アーサー・ルービン

製作
ジュールス・レヴィ
ハーバート・J・ビーバーマン
原作
エリオット・ポール
ハーバート・J・ビーバーマン
脚本
エリオット・ポール
ディック・アーヴィング・ハイランド
撮影:ルシアン・アンドリオ
音楽
ナサニエル・フィンストン
ウディ・ハーマン

出演
ニック・デュケイン:アルトゥーロ・デ・コルドヴァ
ミラリー・スミス:ドロシー・パトリック
グレース・ヴォイセル:マージョリー・ロード
ラトリッジ・スミス:アイリーン・リッチ
マカードル大佐:ジョン・アレクサンダー
ヘンリー・ファーバー:リチャード・ヘイゲマン
ビフ・ルイス:ジャック・ランバート
本人:ルイ・アームストロング”サッチモ”
エンディ:ビリー・ホリデイ
本人:ウディ・ハーマン
ドラム奏者:ズティ・シングルトン
クラリネット奏者:バーニー・ビガード
トロンボーン奏者:キッド・オリー
ギタリスト:バド・スコット
ベース奏者:レッド・カレンダー
ピアノ奏者:チャーリー・ビール
ピアノ奏者:ミード・ルクス・ルイス
トランペット奏者:マット・キャリー
ホームブライト:シェリー・ウィンタース
トミー・レイク:バート・コンウェイ
コンスタンス・ヴィジル:ジョアン・ブレア

アメリカ 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ
1947年製作 90分
公開
北米:1947年4月18日
日本:未公開


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1917年、ニューオリンズストーリーヴィルベイスン・ストリート
”オーフィウム・キャバレー”の経営者であるニック・デュケイン(アルトゥーロ・デ・コルドヴァ)は、ルイ・アームストロング”サッチモ”と彼のバンドの演奏を聴く。

ニックは、現れた部下のトミー・レイク(バート・コンウェイ)から、客のマカードル大佐(ジョン・アレクサンダー)が、街に住むことになった富豪夫人ラトリッジ・スミス(アイリーン・リッチ)に湿地帯を売りつけようとしていることを知らされる。

蒸気船の事業者であるボルチモアから来たラトリッジを大佐から紹介されたニックは、彼女から負けた1万ドル分の小切手を受け取るものの、挽回のチャンスを与える。

負けたニックはラトリッジに小切手を返し、彼女を見送る。

蒸気船で到着したラトリッジの娘ミラリー(ドロシー・パトリック)は、船に乗ろうとしたニックとぶつかってしまい謝罪する。

大佐と共に現れたラトリッジは、ミラリーを迎える。

蒸気船に乗り込んだニックは、ギャンブラーのビフ・ルイス(ジャック・ランバート)と話し、彼を牽制する。

街に到着したラトリッジらだったが、大佐の車が故障してしまい、通りがかったニックが彼女らを自分の車で送ろうとする。

ラトリッジからニックを紹介されたミラリーは、紳士的な彼に惹かれてしまう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
1917年、ニューオリンズストーリーヴィルベイスン・ストリート
”オーフィウム・キャバレー”の経営者であるニック・デュケインは、バンドリーダーのルイ・アームストロング”サッチモ”らが演奏する音楽を楽しんでいた。
街で暮らすことになった富豪夫人のラトリッジは、オペラ歌手である娘のミラリーが、クラシック以外の音楽に接することを嫌う。
ミラリーが、音楽と共にニックにも興味を持っていることを知ったラトリッジは、娘の将来を考えて彼を街から追い出そうとするのだが・・・。
__________

コメディ他、様々な名作を残したアーサー・ルービンの監督作品。

ジャズの誕生から黎明期を描き、その代表的なミュージシャンが登場することで話題になった作品であり、新たな音楽を世に広めようとした人々の苦悩と努力と共に、あるカップルのロマンスが描かれている。

バンドリーダーとして登場するルイ・アームストロングが本人役として重要な役を演じ、故郷ニューオーリンズでの下積みからシカゴで頭角現す、彼自身の歩んだ道をモデルにした物語に仕上がっている。

更に、多くのミュージシャンがバンドメンバーを演じ、ビリー・ホリデイウディ・ハーマンのパフォーマンスを含め、ファンにはたまらない内容となっている

カジノ経営者として成功しているやり手のビジネスマンで、思慮深い考えの紳士でもある主人公を好演するアルトゥーロ・デ・コルドヴァニューオーリンズの音楽に興味を持ち主人公に惹かれる富豪令嬢ドロシー・パトリック、良家の子女でありながら主人公に惹かれ、交通事故死してしまうマージョリー・ロード、娘の将来を考えるヒロインの母親である富豪夫人アイリーン・リッチ、彼女からの依頼で主人公を街から追い出す大佐ジョン・アレクサンダー、ヒロインの伴奏者である音楽家役で、多くの映画音楽を担当していることでも知られるリチャード・ヘイゲマン、ギャンブラーのジャック・ランバート、主人公の部下バート・コンウェイ、本人役でルイ・アームストロング、彼のバンドに加わることになる富豪夫人のメイド役ビリー・ホリデイ、バンドメンバーでピアノのチャーリー・ビール、トロンボーンのキッド・オリー、ドラムのズティ・シングルトン、クラリネットのバーニー・ビガード、ギタリストのバド・スコット、ベースのレッド・カレンダー、本人役でウディ・ハーマン、ピアノ奏者のミード・ルクス・ルイス、トランペット奏者のマット・キャリー、そして、主人公の秘書役でシェリー・ウィンタースが端役出演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020