4751 Movies

愚かなり我が心 My Foolish Heart (1949)

1948年に”ザ・ニューヨーカー”に掲載された、J・D・サリンジャーの短編”コネティカットのひょこひょこおじさん”を基に製作された作品。
学生時代に知り合った男性との関係を忘れられない女性の揺れ動く女心を描く、製作サミュエル・ゴールドウィン、監督マーク・ロブソン、主演ダナ・アンドリューススーザン・ヘイワードケント・スミスロイス・ウィーラージェシー・ロイス・ランディスロバート・キース他共演の恋愛ドラマ。

アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


ドラマ(ロマンス)


スタッフ キャスト
監督:マーク・ロブソン
製作:サミュエル・ゴールドウィン
原作:J・D・サリンジャーコネティカットのひょこひょこおじさん
脚本
ジュリアス・J・エプスタイン
フィリップ・G・エプスタイン
撮影:リー・ガームス
編集:ダニエル・マンデル
音楽:ヴィクター・ヤング

出演
ウォルト・ドライザー:ダナ・アンドリュース
エロイーズ・ウィンターズ・ウェングラー:スーザン・ヘイワード
ルイス・H・ウェングラー:ケント・スミス
メリー・ジェーン:ロイス・ウィーラー
マーサ・ウィンタース:ジェシー・ロイス・ランディス
ヘンリー・ウィンターズ:ロバート・キース
ラモーナ・ウェングラー:ジジ・ペルー
ミリアム・ボール:カリン・ブース
ミリアムのエスコート:トッド・カーンズ
ルーシー軍曹:フィリップ・パイン
ナイトクラブの歌手:マーサ・ミアーズ
ディーン・ホワイティング:エドナ・ホランド
アッシャー:ジェリー・パリス
グレイス:マリエッタ・キャンティ
赤十字の受付係:バーバラ・ウッデル
ミー・クランドール:レジーナ・ウォレス
フットボールゲームの観客:ネヴィル・ブランド(クレジットなし)
添乗員:エドワード・ペイルSr.(クレジットなし)

アメリカ 映画
配給 RKO
1949年製作 98分
公開
北米:1950年1月21日
日本:1953年1月15日


アカデミー賞
第22回アカデミー賞
・ノミネート
主演女優(スーザン・ヘイワード
歌曲賞


ストーリー
エロイーズ・ウェングラー(スーザン・ヘイワード)は、不仲の夫ルイス”ルー”(ケント・スミス)から離婚することを求められるが、驚きもしなかった。
娘ラモーナ(ジジ・ペルー)だけを生き甲斐にしていたエロイーズは、親権を求めるルーに反発する。
親友のメリー・ジェーン(ロイス・ウィーラー)は、学生時代ルー付き合っていたのだが、今ではエロイーズの良き相談相手だった。
学生時代に着たドレスを見たエロイーズは、ルーには話せない秘密のことを考えながら過去を思い出す。
ニューヨーク
田舎から大学に進学したエロイーズは、寮のルームメイトのメリー・ジェーンと学生生活を楽しんでいた。
ルーと付き合っていたメリー・ジェーンと共にパーティーに出席したエロイーズは、ミリアム・ボール(カリン・ブース)から、田舎で買ったドレスが時代くれだと言われて苛立つ。
ウォルト・ドライザー(ダナ・アンドリュース)に声をかけられたエロイーズは、ドレスを褒めて落ち込む自分を慰めてくれる彼と意気投合する。
2人は自然に惹かれ合い、やがてエロイーズはウォルトの愛を受け入れる。
その後、徴兵されたウォルトは陸軍航空軍に入隊し、休暇で戻った彼はエロイーズとの時間を楽しむ。
ウォルトに寮にお送ってもらったエロイーズは、寮監に見つかってしまい、それが問題になり退学させられる。
迎えに来た両親(ロバート・キース/ジェシー・ロイス・ランディス)に会ったエロイーズは、嘆く母マーサに批判される。
娘を信じる父ヘンリーは、エロイーズと自分たちに会いに来たウォルトの気持ちを理解する。
故郷に戻る列車内でエロイーズは、やがて出征するウォルトの傍にいたいことをヘンリーに伝え、ニューヨークに戻るのだが・・・。


解説 評価 感想

J・D・サリンジャーの短編”コネティカットのひょこひょこおじさん”を基に、製作サミュエル・ゴールドウィン、監督マーク・ロブソンダナ・アンドリューススーザン・ヘイワードの共演も話題になった作品。

サミュエル・ゴールドウィンから映画化権の購入の話があり、J・D・サリンジャーは、良質な作品に仕上がると考えて躊躇しなかったものの、その出来の悪さにショックを受け、二度とハリウッドに原作を提供しようとしなかった。

学生時代に知り合った男性との関係を忘れられない女性の揺れ動く女心を描く恋愛ドラマ。

その男性との間の秘密を夫に話せないことが不仲の原因でもある主人公は、すべてを知る親友に助言されながら、自分の態度を反省しながら過去を振り返る展開で進行していく。

批評家の評価も低かったものの、過去の思い出に苦しむ主人公を見事に演じたスーザン・ヘイワードの演技は絶賛され、第22回アカデミー賞では主演女優賞にノミネートされた。
また、随所で流れる主題曲”My Foolish Heart”も歌曲賞にノミネートされた。

ダナ・アンドリュースはファーストクレジットではあるが主人公はスーザン・ヘイワードであり、彼女の心の中で思い出として残る男性を好演している。

主人公の秘密を知らないまま離婚を考える夫のケント・スミス、その元恋人である主人公の親友ロイス・ウィーラー、主人公の両親で、問題を起こした娘の行動を嘆く母親ジェシー・ロイス・ランディス、それとは対照的に娘を信じて理解する父親ロバート・キース、主人公の娘ジジ・ペルー、主人公に嫌味を言う同級生のカリン・ブース、そのエスコート役トッド・カーンズ、ウォルト(ダナ・アンドリュース)の軍の同僚フィリップ・パイン、ナイトクラブの歌手マーサ・ミアーズ赤十字の受付係バーバラ・ウッデル、フットボールゲームの観客役でネヴィル・ブランド他、エドナ・ホランドジェリー・パリスマリエッタ・キャンティレジーナ・ウォレスエドワード・ペイルSr.などが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022