4504 Movies

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語 Little Women (2019)

  •  
  •  
  • 22
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1868年に発表された、ルイーザ・メイ・オルコットの小説”若草物語”を基に製作された作品。
家族の愛に包まれながら成長する四姉妹の絆を描く、監督、脚本グレタ・ガーウィグ、主演シアーシャ・ローナンエマ・ワトソンフローレンス・ピューエリザ・スカンレンローラ・ダーンティモシー・シャラメメリル・ストリープクリス・クーパー他共演のドラマ。


ドラマ(家族愛)

シアーシャ・ローナン / Saoirse Ronan / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:グレタ・ガーウィグ
製作
エイミー・パスカル
デニーズ・ディ・ノヴィ
ロビン・スウィコード
製作総指揮
アーノン・ミルチャン
アダム・メリムズ
エヴリン・オニール
レイチェル・オコナー
原作:ルイーザ・メイ・オルコット若草物語
脚本:グレタ・ガーウィグ
撮影:ヨリック・ル・ソー
衣装デザイン:ジャクリーン・デュラン
編集:ニック・フーイ
音楽:アレクサンドル・デスプラ

出演
ジョセフィン”ジョー”マーチ:シアーシャ・ローナン
マーガレット”メグ”マーチ:エマ・ワトソン
エイミー・マーチ:フローレンス・ピュー
エリザベス”ベス”マーチ:エリザ・スカンレン
マーチ夫人:ローラ・ダーン
セオドア”ローリー”ローレンス:ティモシー・シャラメ
マーチ伯母さん:メリル・ストリープ
ダッシュウッド:トレイシー・レッツ
マーチ:ボブ・オデンカーク
ジョン・ブルック:ジェームズ・ノートン
フリードリヒ・ベア:ルイ・ガレル
ローレンス:クリス・クーパー
ハンナ:ジェイン・ハウディシェル
フリードリヒの友人:ラファエル・シルヴァ
フレッド・ヴォーン:ダッシュ・バーバー
サリー・ガーディナー・モファット:ハドリー・ロビンソン
アニー・モファット:アビー・クイン
カーク夫人:メアリーアン・プランケット
ローレンスの使用人:エドワードフレッチャー
フンメル夫人:サシャ・フロロワ
デイヴィス先生:ビル・ムートス

アメリカ 映画
配給 Sony Pictures Releasing
2019年製作 135分
公開
北米:2019年12月25日
日本:2020年6月12日
製作費 $40,000,000
北米興行収入 $108,101,210
世界 $216,601,210


アカデミー賞
第92回アカデミー賞

・受賞
衣装デザイン賞
・ノミネート
作品
主演女優(シアーシャ・ローナン
助演女優賞(フローレンス・ピュー
脚色・作曲賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
1868年、ニューヨーク
家庭教師をしている小説家志望のジョセフィン”ジョー”マーチ(シアーシャ・ローナン)は、出版社のダッシュウッド(トレイシー・レッツ)を訪ね、友人に頼まれたと言って原稿を渡す。

ダッシュウッドは、それがジョーの原稿だと気づきながら内容をチェックし、娯楽にする条件でそれを書いとる。

”友人”に伝えるようにと言うダッシュウッドは、主人公が女性なら結婚する結末で書くようにとジョーに助言する。

下宿に戻ったジョーは、大学教授のフリードリヒ・ベア(ルイ・ガレル)に声をかけられる。

ジョーは、女主人のカーク夫人(メアリーアン・プランケット)の子供たちに勉強を教えようとする。

ベアから、小説を書くのは金のためではないはずだと言われたジョーは、妹のエイミー(フローレンス・ピュー)が大富豪と結婚するまで、自分が稼ぐ必要があると彼に伝える。

伯母マーチ(メリル・ストリープ)と共にヨーロッパに滞在していたマーチ家の四女エイミーは、姉エリザベス”ベス”(エリザ・スカンレン)の病気のことが気になる。

エイミーを裕福な実業家フレッド・ヴォーン(ダッシュ・バーバー)と婚約させてから帰国するつもりの伯母は、習っている絵のコースも終わっていないと彼女に伝える。

故郷の隣人セオドア”ローリー”ローレンス(ティモシー・シャラメ)を見かけたエイミーは驚く。

ジョーにプロポーズをして断られたローリーは、その件は気にしていないとエイミーに伝える。

ローリーは、年越しパーティーに誘ってくれたエイミーを迎えに行くことになる。

マーチ家の長女マーガレット”メグ”(エマ・ワトソン)は、貧しい教師のジョン・ブルック(ジェームズ・ノートン)と結婚していた。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
マサチューセッツ州、コンコード
マーチ家の4姉妹、長女メグ、次女ジョー、三女ベス、四女エイミーは、牧師である父が南北戦争に出征中であるため、母と共に暮らしていた。
隣人の富豪のローレンスは気難しい老人だったが、両親を亡くした孫のローリーはマーチ家の姉妹と仲良くなる。
屋敷で寂しく暮らすローリーは、にぎやかで仲がいいマーチ家を羨ましく思い、小説家志望で快活なジョーに惹かれるのだが・・・。
__________

何度も映画化されたルイーザ・メイ・オルコットの小説”若草物語”を基に製作された作品。

脚本を兼ねたグレタ・ガーウィグの監督作品ということで注目され、シアーシャ・ローナン他、実力派若手スターとベテランによる豪華競演も話題になった作品。

上記のように何度も映画、ドラマ化されているあまりにも有名な物語であるため、本作は、次女ジョーがニューヨークで下宿生活をしている時点からストーリーは始まり、過去を振り返りながら、時系列が前後するという、従来とは違う展開で進行する内容となっている。

当初はサラ・ポーリーの監督で企画が進められたということなので、彼女の演出でも観たかったと思う方も多いはずだ。

古典的名作の映画化であるために、グレタ・ガーウィグの脚本と演出は注目され、時代を超えた家族愛の姿を見事に映し出して期待に応えた本作は各方面で絶賛された。

第92回アカデミー賞では作品賞以下6部門でノミネートされ、衣装デザイン賞を受賞した。
・ノミネート
作品、主演女優(シアーシャ・ローナン)、助演女優賞(フローレンス・ピュー)、脚色、作曲賞

北米興行収入は1億ドルを超え、全世界では約2億1700万ドルのヒットとなった。

主演のシアーシャ・ローナンは、若手女優ナンバーワン実力者に相応しい貫禄も感じさせる演技を披露し、快活で多感な次女ジョーを見事に演じている。

体裁を気にする長女メグを演ずるエマ・ワトソン、自由奔放に生きながら、家族を支えるために良縁を求める四女エイミーのフローレンス・ピュー、病気で亡くなる三女ベスのエリザ・スカンレン、牧師である夫(ボブ・オデンカーク)の留守中に家族を守る母親ローラ・ダーン、マーチ家と親しくなる隣人の富豪ローレンスのクリス・クーパー、その孫で姉妹と仲良くなるローリーのティモシー・シャラメ、気難しい姉妹の伯母メリル・ストリープ、ジョーの原稿を買い取る出版社の編集長トレイシー・レッツ、メグと結婚する教師ジョン・ブルックのジェームズ・ノートン、ジョーに率直に意見する大学教授フリードリヒ・ベアのルイ・ガレル、マーチ家のお手伝いハンナのジェイン・ハウディシェル、エイミーがプロポーズされる富豪の御曹司ダッシュ・バーバー、メグの友人ハドリー・ロビンソンアビー・クイン、ジョーの下宿の女主人カーク夫人メアリーアン・プランケット、マーチ家の隣人である貧しい夫人サシャ・フロロワ、教師のビル・ムートスなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021