4217 Movies

ダイヤモンドの犬たち Killer Force (1976)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

世界有数のダイヤモンド会社の厳重な警備下で保管されたダイヤモンド強奪計画を描く、主演テリー・サヴァラスピーター・フォンダクリストファー・リーヒュー・オブライアンO・J・シンプソンモード・アダムス他共演、監督ヴァル・ゲストによるサスペンス・アクション。


ドラマ(サスペンス/犯罪)


スタッフ キャスト ■
監督:ヴァル・ゲスト
製作
ナット・ワックスバーガー

パトリック・ワックスバーガー
脚本
ヴァル・ゲスト

マイケル・ウインダー
ジェラルド・サンドフォード
撮影:デイヴィッド・ミリン
編集:ビル・バトラー
音楽:ジョルジュ・ガルヴァランツ

出演
ウェッブ:テリー・サヴァラス

マイク・ブラッドリー:ピーター・フォンダ
ルイス:ヒュー・オブライアン
チルトン:クリストファー・リー
アレグザンダー:O・J・シンプソン
クレア:モード・アダムス
ネルソン:ヴィクター・メレニー
ロバーツ:リチャード・ローリング
ダニエル:マリナ・クリステリス

アメリカ/アイルランド/スイス 映画
配給 ユナイテッド・アーティスツ

1976年製作 101分
公開
北米:1976年1月14日
日本:1976年9月4日


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
南西アフリカ
世界有数のダイヤモンド会社である”SDC/シンジケーテッド・ダイヤモンド・コーポレーション”に警備室長のウェッブ(テリー・サヴァラス)が到着する。

ウェッブは、管理室にいた社長の娘クレア(モード・アダムス)のチャックも必要だと言って、警備主任ネルソン(ヴィクター・メレニー)に、例外を認めないことを伝える。

軽飛行機の着陸を知ったウェッブは、それを破壊するよう命ずる。

飛行機を降りた二人は、砂の中に隠されていたダイヤの原石を確認する。

しかし、二人は飛行機を爆破されたため、警備隊が到着する前にその場を離れる。

警備隊員マイク・ブラッドリー(ピーター・フォンダ)は、二人の男が逃げたことを知らされて現場に向かう。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
南西アフリカ
世界有数のダイヤモンド会社SDC警備室長ウェッブは、不穏な動きを察知し厳重な警備を更に強化する。
警備主任ネルソンは、元傭兵のルイスらが現れたことを知り、部下ブラッドリーに囮作戦を命ずる。
会社からダイヤを奪ったと見せかけて、ルイスらが接触してくるのを待ち、必ず仕掛けてくる強奪計画に加わるようネルソンはブラッドリーに指示する。
それを受けたブラッドリーは、計画通りルイスの仲間に加わりダイヤ強奪を決行する。
その頃ウェッブは、ブラッドリーの恋人クレアに探りを入れて、ダイヤ強奪計画に備えるのだが・・・。
__________

1970年代半ばの作品ということもあり、今観るとB級ぽさがまた魅力である、なかなか味のある快作に仕上がっている。

どう見ても悪党にしか見えない警備のトップ、テリー・サヴァラスが何とも言えない不思議なキャラクターで、全てを支配するような雰囲気で画面を圧倒する。

当時を考えるとアクションもまずまずで、砂漠というロケーションをうまく活かした、スケール感のある内容もよろしい。

キャストも魅力的で、要領がよく行動派の警備隊員ピーター・フォンダと美しいモード・アダムスの関係描写も興味深い。

強奪団のリーダー、ヒュー・オブライアン、90歳を過ぎた現在でも活躍を続けるクリストファー・リーの殺し屋もファンとしては涙もので、当時、映画界で活躍していたO・J・シンプソンの出演も嬉しい。

警備主任ヴィクター・メレニー、警備室長に部下リチャード・ローリング、協力者の娼婦マリナ・クリステリスなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020