4907 Movies

黒騎士 Ivanhoe (1952)

1819年に発表された、ウォルター・スコットの小説”アイヴァンホー”を基に製作された作品。
幽閉されているイングランドリチャード1世を救い出そうとする騎士アイヴァンホーの戦いを描く、監督リチャード・ソープ、主演ロバート・テイラーエリザベス・テイラージョーン・フォンテインジョージ・サンダースエムリン・ウィリアムズロバート・ダグラス他共演の歴史ドラマ。

アカデミー賞 ■ ストーリー ■ 解説


ドラマ(歴史劇)

エリザベス・テイラー / Elizabeth Taylor / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:リチャード・ソープ

製作:パンドロ・S・バーマン
原作:ウォルター・スコットアイヴァンホー
脚本:イーニアス・マッケンジー
脚色
マーガリット・ロバーツ(クレジットなし)
ノエル・ラングレー
撮影:フレディ・ヤング
編集:フランク・クラーク
音楽:ミクロス・ローザ

出演
ウィルフレッド・オブ・アイヴァンホー:ロバート・テイラー
レベッカ:エリザベス・テイラー
ロウィーナ:ジョーン・フォンテイン
ド・ボワ=ギルベール:ジョージ・サンダース
ワンバ/ナレーター:エムリン・ウィリアムズ
ヒュー・ド・ブレイシー卿:ロバート・ダグラス
セドリック:フィンレイ・カリー
アイザック:フェリックス・エイルマー
フロント・ド・ブーフ:フランシス・デ・ウルフ
リチャード1世ノーマン・ウーランド
ヴァルデマー・フィッツルス:ベイジル・シドニー
ロクスリー/ロビン・フッド:ハロルド・ウォレンダー
フィリップ・デ・マルボワシン:パトリック・ホルト
ラルフ・デ・ヴィポン:ロデリック・ラベル
タック修道士:セバスチャン・キャボット
ハンデバート:ジョン・ラドック
ボールドウィン:マイケル・ブレナン
アイザックの召使い:メグス・ジェンキンス
ノーマンガード:ヴァレンタイン・ダイアル
バーモンズリーのロジャー:ライオネル・ハリス
オーストリアの僧侶:カール・ジャフィ
ジョン親王:ガイ・ロルフ
エルギサ:メイ・ホーラット
城の警備:ロバート・ブラウン
ユダヤ人代表:マーティン・ベンソン
城壁の射手:ジャック・チャーチル

アメリカ/イギリス 映画
配給 MGM
1952年製作 107分
公開
イギリス:1952年6月13日
北米:1952年7月31日
日本:1952年10月1日
製作費 $3,842,000
北米興行収入 $6,258,000


アカデミー賞
第25回アカデミー賞

・ノミネート
作品・撮影(カラー)・作曲賞(ドラマ・コメディ)


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
12世紀。
イングランドリチャード1世は、十字軍の遠征からの帰途に消息を絶つ。

国内ではノルマン人サクソン人が対立し、国王は死んだものと考える者が多かった。

しかし、十字軍の騎士であるサクソン人のウィルフレッド・オブ・アイヴァンホー(ロバート・テイラー)は、長年仕えた国王を捜す。

オーストリアに着いたアイヴァンホーは、国王(ノーマン・ウーランド)が監禁されている場所を見つける。

国王が外に投げ捨てた手紙を確認したアイヴァンホーは、弟ジョン親王(ガイ・ロルフ)が、オーストリアレオポルト5世に身代金15万マルクの支払いを拒み、ノルマンの騎士と手を組み王座を狙う陰謀を企んでいることを知る。

シャーウッドの森
吟遊詩人に扮したアイヴァンホーは、ド・ボワ=ギルベール(ジョージ・サンダース)やヒュー・ド・ブレイシー卿(ロバート・ダグラス)らノルマンの騎士に出くわし、道と泊れる場所を訊かれる。

アイヴァンホーは、ロウィーナ王女(ジョーン・フォンテイン)の後見人である、ロザーウッドのセドリック卿(フィンレイ・カリー)の館を紹介して案内することになる。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストーリー)
12世紀。
イングランドリチャード1世は、十字軍の遠征からの帰途に消息を絶つ。
長年国王に仕える騎士でサクソン人のウィルフレッド・オブ・アイヴァンホーは、オーストリアで幽閉されている国王を見つける。
アイヴァンホーは、国王の弟ジョン親王が、オーストリアが要求する身代金15万マルクの支払いを拒み、ノルマン人の騎士ボワ=ギルベールらと組み王位を奪おうとしている企みを知る。
イングランドに戻り、吟遊詩人に扮してボワ=ギルベールらに接触したアイヴァンホーは、不仲の父セドリックの元に向かうものの、身代金の話を聞いてもらえない。
その後アイヴァンホーは、セドリックが後見人の王女ロウィーナや、ユダヤ人の商人アイザック、そして彼の娘レベッカの協力を得て何とか国王を救おうとするのだが・・・。
__________

ウォルター・スコットの小説”アイヴァンホー”を基に製作された作品。

幽閉されているイングランドリチャード1世を救い出そうとする、騎士アイヴァンホーの戦いを描く歴史ドラマ。

MGMによる、リチャード・ソープロバート・テイラーが組んだ非公式の3部作の最初の作品であり、本作に続き「円卓の騎士」(1953)、「古城の剣豪」(1955)が製作された。

脚本を担当したマーガリット・ロバーツは、下院非米活動委員会によりブラックリストに載ったために、MGMは彼の名前をクレジットから削除した経緯がある。

中世の雰囲気を伝える古城での撮影も素晴らしく、ミクロス・ローザの勇壮な音楽も印象に残る。

第25回アカデミー賞では、作品、撮影(カラー)、作曲賞(ドラマ・コメディ)にノミネートされた。

リチャード1世が弟ジョンの陰謀に巻き込まれ、国王に仕えた騎士アイヴァンホーや、彼に協力するロビンフッド、そして美しい王女やユダヤ人商人の娘が登場し、冒険やアクションが展開する見応えある作品に仕上がっている。

主人公のウィルフレッド・オブ・アイヴァンホーを演ずるロバート・テイラーは、正義感溢れる勇気ある騎士を見事に演じている。

主人公に惹かれるエリザベス・テイラー(撮影当時19歳)と、主人公と愛し合う王女を演ずるジョーン・フォンテインの、美しさ際立つ姿はテクニカラーに映える。

主人公と敵対するノルマン人の騎士ド・ボワ=ギルベールのジョージ・サンダース、主人公に仕えるワンバとナレーターを担当するエムリン・ウィリアムズノルマン人の騎士ヒュー・ド・ブレイシー卿のロバート・ダグラス、主人公の父セドリックを豪快に演するフィンレイ・カリーユダヤ人の商人アイザックのフェリックス・エイルマーノルマン人の騎士フロント・ド・ブーフのフランシス・デ・ウルフ、同じくフィリップ・デ・マルボワシンのパトリック・ホルト、ラルフ・デ・ヴィポンのロデリック・ラベル、国王リチャード1世ノーマン・ウーランドジョン親王のガイ・ロルフ、その相談役ベイジル・シドニー、主人公に協力するロクスリー/ロビン・フッドのハロルド・ウォレンダー、タック修道士のセバスチャン・キャボット、その仲間ジョン・ラドックマイケル・ブレナン、アイザックの召使いメグス・ジェンキンスオーストリアの僧侶カール・ジャフィ、セドリックの召使いメイ・ホーラット、城の警備ロバート・ブラウンユダヤ人の代表マーティン・ベンソン、城壁の射手ジャック・チャーチルヴァレンタイン・ダイアル、イオネル・ハリスなどが共演している。


Translate / 翻訳
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2022