4452 Movies

円卓の騎士 Knights of the Round Table (1953)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1485年に発表された、トマス・マロリーの著書”アーサー王の死”を基に製作された、”アーサー王物語”をテーマにした作品。
アーサー王に仕える円卓の騎士ランスロットと王妃グィネヴィアの恋を描く、監督リチャード・ソープ、主演ロバート・テイラーエヴァ・ガードナーメル・ファーラーアン・クロフォードスタンリー・ベイカー他共演の歴史恋愛ドラマ。

トマス・マロリー,アーサー王の死,アーサー王物語,リチャード・ソープ,ロバート・テイラー,エヴァ・ガードナー,メル・ファーラー,アン・クロフォード,スタンリー・ベイカー,Richard Thorpe,Le Morte D’Arthur,Sir Thomas Malory,Robert Taylor,Ava Gardner,Mel Ferrer,Stanley Baker,Knights of the Round Table,


ドラマ(歴史劇)

エヴァ・ガードナー / Ava Gardner / Pinterest


スタッフ キャスト
監督:リチャード・ソープ

製作:パンドロ・S・バーマン
原作:トマス・マロリーアーサー王の死
脚本
タルボット・ジェニングス
ジャン・ラスティグ
ノエル・ラングレー
撮影
フレディ・A・ヤング
スティーヴン・デイド
編集:フランク・クラーク
美術・装置
アルフレッド・ジュネ
ハンス・ペーターズ
ジョン・ジャーヴィス
音楽:ミクロス・ローザ

出演
ランスロット:ロバート・テイラー
グィネヴィア:エヴァ・ガードナー
アーサー王/アーサー・ペンドラゴン:メル・ファーラー
モーガン・ル・フェイ:アン・クロフォード
モドレッド:スタンリー・ベイカー
マーリン:フェリックス・アイルマー
エレイン:モーリン・スワンソン
パーシヴァル:ガブリエル・ウルフ
ガレス:アンソニー・フォーウッド
ガウェイン:ロバート・アーカート
緑の騎士:ナイアル・マクギニス
ヴィヴィアン:パトリシア・オーウェンズ
ナン:アン・ハンスリップ
ブロンウィン:ジル・クリフォード
アグラヴェイン:スティーブン・ヴァーコー
サイモン:ハワード・マリオン=クロフォード
ベディヴィア:ジョン・ブルッキング
司教:ピーター・ゴーソーン
ヘラルド:デスモンド・リュウェリン
スチュワード:アラン・ティルバーン
ランバート:ジョン・シャーマン
モーガン・ル・フェイの召使:ダナ・ウィンター
ブリギッド:メアリー・ジェルメイン
ジョン:マーティン・ワイデック
緑の騎士バリー・マッケイ
緑の騎士:デレク・タンズリー

アメリカ 映画
配給 MGM
1953年製作 115分
公開

イギリス:年月日
北米:1953年12月22日
日本:1954年5月1日
製作費 $2,600,000


アカデミー賞
第26回アカデミー賞

・ノミネート
美術(カラー)・録音賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー
ローマ帝国軍の退去により、イングランドには暗雲が立ち込め、内戦が続いていた。

君主アーサー・ペンドラゴン(メル・ファーラー)は、対立する異母姉モーガン・ル・フェイ(アン・クロフォード)と夫のモドレッド(スタンリー・ベイカー)に会い、戦いを終わらせるための話し合いをする。

王政復興を提案するアーサーは、国王の正当な子孫であることを主張するモーガンの意見を聞く。

話し合いをお膳立てしていたアーサーの補佐である魔術師マーリン(フェリックス・アイルマー)は、アーサーが側室の子であっても王の子であることに違いないと言って、両者にある試練を与えようとする。

金床に埋め込まれた剣”エクスカリバー”の元に案内したマーリンは、剣を引き抜くことができた者がイングランドの真の君主になると両者に伝える。

モドレッドはそれを引き抜くことができなかったが、アーサーは難なく剣を引き抜く。

偽物であり魔術だと言ってモドレッドが納得しないため、マーリンは、諸侯を招集して、協議により王を決める提案をする。

協議で会うことを約束したモドレッドとモーガンはその場を去り、アーサーは自分が王であることを宣言する。

マーリンから、行動でそれを証明するべきだと言われ、剣を金床に戻すよう指示されたアーサーは、それに従う。

フランスの騎士ランスロット(ロバート・テイラー)は、ガレス(アンソニー・フォーウッド)、ガウェイン(ロバート・アーカート)らと共にアーサーの元に向かおうとしていた。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想

*(簡略ストー リー)
異母姉モーガンと王位を争っていたアーサー・ペンドラゴンは、フランスの騎士ランスロットと出会う。
モーガンの夫モドレッドとの戦いに勝利したアーサーは王となり、王妃グィネヴィアを迎えることになる。
さらわれたグィネヴィアを救い出したランスロットは、彼女の美しさに心奪われる。
敗北を認めアーサーに忠誠を誓っていたモドレッドとモーガンは、ランスロットとグィネヴィアの関係に気づき、それを利用して王位を奪う方法を考えるのだが・・・。
__________

トマス・マロリーの著書”アーサー王の死”を基にした”アーサー王物語”をテーマにした歴史劇。

物語に登場する円卓の騎士ランスロットと王妃グィネヴィアの恋を中心に、王位を狙う陰謀と内戦などによる激動の時代を描く作品。

見せ場である戦いや剣術のシーンはやや迫力に欠けるものの、城のセット及びそれを映しだす映像は素晴らしい。

いかにもミクロス・ローザらしい、後の「ベン・ハー」(1959)を思わせる勇壮な音楽も印象に残る。

第26回アカデミー賞では、美術(カラー)、録音賞にノミネートされた。

主演のロバート・テイラーは、アーサー王に忠誠と友情を誓う円卓の騎士ランスロットを雰囲気ある演技で好演し、王妃グィネヴィアを演ずるエヴァ・ガードナーの異次元の美しさが画面に映える。

激動する情勢下で国家を治めるアーサー王/アーサー・ペンドラゴンのメル・ファーラー、その異母姉で王位を狙うモーガン・ル・フェイのアン・クロフォード、彼女と共に陰謀を企む夫モドレッドのスタンリー・ベイカー、アーサー王を支える魔術師マーリンのフェリックス・アイルマー、主人公ランスロットを愛し妻となるエレインのモーリン・スワンソン、その兄で円卓の騎士であるパーシヴァルのガブリエル・ウルフ、ランスロットと行動を共にする円卓の騎士ガレスのアンソニー・フォーウッド、同じくガウェインのロバート・アーカート、緑の騎士のナイアル・マクギニス、ランスロットと親しくなる女性パトリシア・オーウェンズ、エレインの侍女アン・ハンスリップ、モドレッド側につく円卓の騎士アグラヴェインのスティーブン・ヴァーコー、司教のピーター・ゴーソーン、騎士のデスモンド・リュウェリン、モーガン・ル・フェイの召使いダナ・ウィンター他、ハワード・マリオン=クロフォードメアリー・ジェルメインマーティン・ワイデックバリー・マッケイなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2021