4240 Movies

なんだかおかしな物語 It’s Kind of a Funny Story (2010)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  
■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

2006年に発表された、ネッド・ヴィジーニヤングアダルト小説”It’s Kind of a Funny Story”を基にして製作された作品。
2004年11月に、ネッド・ヴィジーニ自身がうつ病で入院した体験による作品でもある。
ごく普通に見える高校生が、将来に対するプレッシャーや心を寄せる女性への気持ちなどで混乱し始め、自殺願望により精神科に入院し、再びそこで悩みながらも、自分の進む道を見つけるまでを描く、キーア・ギルクリストエマ・ロバーツザック・ガリフィアナキスヴィオラ・デイヴィスジェレミー・デイビス共演のコメディ・ドラマ。


ドラマ(コメディ)


スタッフ キャスト ■
監督
ライアン・フレック

アンナ・ボーデン
製作総指揮
ジェレミー・キップ・ウォーカー

マイケル・マー
ピーター・ロウリンソン
パトリック・ベイカー
製作
ケヴィン・ミッシャー

ベン・ブラウニング
原作:ネッド・ヴィジーニIt’s Kind of a Funny Story
脚本
ライアン・フレック

アンナ・ボーデン
撮影:アンドリー・パレーク
編集:アンナ・ボーデン
音楽:ブロークン・ソーシャル・シーン

出演
クレイグ・ギルナー:キーア・ギルクリスト

ノエル:エマ・ロバーツ
ボビー:ザック・ガリフィアナキス
イーデン・ミネルバ医師:ヴィオラ・デイヴィス
ニア:ゾーイ・クラヴィッツ
アーロン・フィッツカラルド:トーマス・マン
リン・ギルナー:ローレン・グレアム
ジョージ・ギルナー:ジム・ガフィガン
スミティ:ジェレミー・デイビス
マフムード医師:アーシフ・マンドヴィ
ムクターダ:バーナード・ホワイト

アメリカ 映画
配給 フォーカス・フィーチャーズ

2010年製作 101分
公開
北米:2010年10月8日
日本:未公開
製作費 $8,000,000
北米興行収入 $6,363,630
世界 $6,491,240


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
ニューヨークブルックリン橋
16歳のうつ病の高校生クレイグ・ギルナー(キーア・ギルクリスト)は自殺しようとするが、両親ジョージ(ジム・ガフィガン)とリン(ローレン・グレアム)そして妹が現れ、勝手に死ぬのは無責任だと言われてしまう。

次の瞬間、足を踏み外したクレイグは、川に落ちてしまうことを想像する。

日曜日。
再び自殺したいと思ったクレイグは病院に向かい、待合室で、医師と思われる男性(ザック・ガリフィアナキス)に話しかけられる。

クレイグはマフムード医師(アーシフ・マンドヴィ)の診察を受け、自分の自殺願望の明確な理由を答えられない。

問題ないと診断されたクレイグは、通院をするように指示されるが食下がり、精神科に入院することが許可される。

クレイグは、職員のスミティ(ジェレミー・デイビス)に北3号棟に案内され、スケジュール表などを渡される。

スミティに主治医イーデン・ミネルバ(ヴィオラ・デイヴィス)を紹介されたクレイグは、待合室であったボビー(ザック・ガリフィアナキス)に施設内を案内される。
...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
才能ある生徒が集まる公立高校に通うものの、将来への希望や心を寄せるクレスメイトへの思いなどで混乱する、うつ病のクレイグ・ギルナーは、自殺願望が抑えきれずに病院に向う。
無理矢理に入院させてもらったクレイグだったが、成人の精神科病棟に入れられて困惑し、即、退院したくなってしまう。
妻子に見捨てられる寸前の患者ボビーに気に入られたクレイグだったが、5日間の観察期間を主治医ミネルバに言い渡され、仕方なくそれに従う。
そんな時クレイグは、自傷壁のある同世代の患者ノエルに出会い、心触れ合うようになる。
その場から逃れたいだけのクレイグだったが、様々な趣向のセミナーなどに参加し、意外にもイラストの才能を見出され、次第に周囲に馴染み、人生の方向性が見え始めてくる・・・。
__________

日本では劇場未公開、DVD化もされていないのは惜しい作品。

精神科病棟を扱った作品自体は、目新しいものではないが、純真な少年の心の変化や夢などを、アニメーションやイラストで表現したりする、凝った手法は印象的だ。

また、サポート役ではあるが、いつもはどこか拍子抜けのナンセンスギャグばかりで、とぼけた役柄が殆どのザック・ガリフィアナキスの、シリアスな演技は注目だ。

主人公の主治医役で登場する、実力派スター、ヴィオラ・デイヴィスの思慮深さ、その少年の変化を感じ取る際の、表情、眼差しだけの演技も素晴らしい。

入院により、自身にとっては劇的な心の変化を得て、希望を抱くことができるようになる主人公を柔和な表情で演じ切るキーア・ギルクリスト、彼と心通わせるようになる、キュートな笑顔が魅力的な、自傷壁のある患者エマ・ロバーツ、主人公が心を寄せる、クラスメイトのゾーイ・クラヴィッツ、彼女と付き合うトーマス・マン、主人公の両親ジム・ガフィガンローレン・グレアム、精神科病棟の職員ジェレミー・デイビス、主人公を診察する医師アーシフ・マンドヴィ、主人公と同室のエジプトバーナード・ホワイトなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020