4216 Movies

父の祈りを In the Name of the Father (1993)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★★

1974年にイギリスギルフォードで起きたIRAによる爆破テロ事件を基に、犯人として服役したジェリー・コンロンの自叙伝”The Story of Gerry Conlon of the Guildford Four”を基に製作された作品。*事件詳細
爆破テロ事件の犯人として、無実でありながら父親と共に服役した青年の闘いの日々を描く、製作、監督、脚本ジム・シェリダン、主演ダニエル・デイ=ルイスピート・ポスルスウェイトエマ・トンプソン他共演による社会派ドラマの秀作。


ドラマ(社会派)

ダニエル・デイ=ルイス / Daniel Day-Lewis / Pinterest


スタッフ キャスト ■
監督:ジム・シェリダン
製作:ジム・シェリダン
製作総指揮:ガブリエル・バーン
原作:ジェリー・コンロン”The Story of Gerry Conlon of the Guildford Four”
脚本
ジム・シェリダン

テリー・ジョージ
撮影:ピーター・ビジウ
編集:ジェリー・ハンブリング
音楽:トレヴァー・ジョーンズ

出演
ジェリー・コンロンダニエル・デイ=ルイス

ジュゼッペ・コンロン:ピート・ポスルスウェイト
ギャレス・ピアース:エマ・トンプソン
ポール・ヒル:ジョン・リンチ
キャロル・リチャードソン:ビーティ・エドニー
パディ・アームストロング:マーク・シェパード
ジョー・マクアンドリュー:ドン・ベイカー
ロバート・ディクソン:コリン・レッドグレイヴ
バーカー看守長:ジョン・ベンフィールド
チャーリー・バーク:ジョー・マクパートランド
コミューンのヒッピー女性:サフロン・バロウズ

アイルランド/イギリス/アメリカ 映画
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ

1993年製作 133分
公開
アイルランド:1993年12月12日
イギリス:1993年12月13日
北米:1993年12月29日
日本:1994年4月16日
製作費 $13,000,000
北米興行収入 $25,096,860
世界 $65,796,860


アカデミー賞 ■
第66回アカデミー賞
・ノミネート
作品・監督
主演男優(ダニエル・デイ=ルイス)
助演男優(ピート・ポスルスウェイト)
助演女優(エマ・トンプソン)
脚色・編集賞


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
1974年10月5日、イギリスギルフォード
パブで爆破テロが起き、兵士と市民5人が死亡して74人が負傷する。

数か月前、北アイルランドベルファスト
職にも就かず盗みなどを続けるジェリー・コンロン(ダニエル・デイ=ルイス)は、イギリス兵を挑発して騒ぎを起こす。

IRAは、ジェリーの行動が活動妨害になると判断して目を付けていたため、彼を連行してそれを追求する。

ジェリーの父ジュゼッペ(ピート・ポスルスウェイト)は、IRA側と話をして息子を釈放させる。

ジュゼッペは、イギリスに向かうようジェリーに指示し、乗船する船に向かい息子を見送る。
・・・全てを見る


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)
1974年。
イギリスギルフォードIRAによる爆破テロが起きる。
数か月前、北アイルランドベルファスト
自堕落な生活を続ける青年ジェリー・コンロンは、イギリス兵を挑発したためIRAに目を付けられる。
ジェリーは父ジュゼッペの指示に従いロンドンに向かい、同行したポールと共に、幼友達でヒッピーのパディやキャロルと共に共同生活を始める。
その頃、IRAの活動がイギリス国内で活発化し、ジェリーとポールは共同生活者に非難され追い出される。
ジェリーらが、公園でホームレスのチャーリーに小銭を恵んでいた頃、ギルフォードで爆破テロ事件は起きる。
テロ対策本部のディクソン警部は、ヒッピー仲間の情報で、ベルファストに戻っていたジェリーらを逮捕しイギリスに連行する。
無実を訴えるものの聞き入れられないジェリーは、父を殺すとまで言われ、仕方なく自供書にサインしてしまう。
ジュゼッペは息子ジェリーを救うためにロンドンに向かうのだが、彼も共謀者として逮捕され、二人は同じ監房に入れられてしまう・・・。
__________

北アイルランド問題をストレートに描いたジム・シェリダンは、アイルランド人である彼の目線で、微妙にすれ違う親子の関係や絆を描きながらも、厳しい現実を直視した鋭い演出を見せる。

大きな問題となった冤罪事件を中心に描く物語なのだが、自堕落な青年が長い年月をかけながらも、父親の生き方を見て成長していく姿なども感動的なヒューマン・ドラマでもある。

第66回アカデミー賞では、作品、監督、主演男優(ダニエル・デイ=ルイス)、助演男優(ピート・ポスルスウェイト)、助演女優(エマ・トンプソン)、脚色、編集賞にノミネートされ、基にした第44回ベルリン国際映画祭では金熊賞を受賞した。

ジム・シェリダンとは「マイ・レフトフット」(1989)でも組んで、アカデミー主演賞を受賞していたダニエル・デイ=ルイスは、「ボクサー」(1997)でも再び彼の作品の主演ということになる。

単なる不良青年として登場するダニエル・デイ=ルイスは、父親役のピート・ポスルスウェイトと刑務所内で共同生活を送ることで、徐々にではあるが、人生を見つめ直し成長する人物を熱演し演技派としての実力を見せつけてくれる。

自堕落な息子を見捨てることなく、信念を貫く姿勢で、彼を正しい道に導こうとするピート・ポスルスウェイトの力強い演技も光る。

終盤にかけて活躍する弁護士を好演するエマ・トンプソン、犯人にされるジョン・リンチビーティ・エドニーマーク・シェパードIRAのメンバーで爆破テロの実行犯ドン・ベイカー、テロ対策本部の責任者コリン・レッドグレイヴ、看守長のジョン・ベンフィールド、ホームレスの老人役のジョー・マクパートランド、主人公と親交を深めるヒッピーの女性(サフロン・バロウズ)などが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020