That's Movie Talk!     4098 Movies

愛しのベス・クーパー I Love You, Beth Cooper (2009)

  •  
  •  
  •  
  •  
  •  

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★☆☆☆

卒業式のスピーチで、憧れのクラスメイトに愛の告白をしてしまった優等生の一夜の騒動を描く、監督クリス・コロンバスヘイデン・パネッティーアポール・ラスト共演のコメディ。


コメディ


スタッフ キャスト ■

監督:クリス・コロンバス
製作総指揮
ジェニー・C・ブルーム
ラリー・ドイル
マイケル・フリン
製作
クリス・コロンバス
マーク・ラドクリフ
マイケル・バーナサン
脚本:ラリー・ドイル
撮影:フィル・エイブラハム
編集:ピーター・ホーネス
音楽:クリストフ・ベック

出演
ベス・クーパー:ヘイデン・パネッティーア
デニス・クーヴァーマン:ポール・ラスト
リチャード”リッチ/ディック”マンチ:ジャック・カーペンター
キャミー・アルコット:ローレン・ロンドン
ケヴィン・マイケルズ:ショーン・ロバーツ
トリース・キルマー:ローレン・ストーム
クーヴァーマン:アラン・ラック
クーヴァーマン夫人:シンシア・スティーヴンソン
グリーソン:アンドレア・サヴェージ
コンビニの店員:サム・レヴァイン

アメリカ 映画
配給 20世紀FOX
2009年製作 102分
公開
北米:2009年7月10日
日本:未公開
製作費 $18,000,000
北米興行収入 $14,793,904


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■

ワシントン州、タコマ
”バッファロー・グレン”高校でトップの成績ののデニス・クーヴァーマン(ポール・ラスト)は、思いを寄せるベス・クーパー(ヘイデン・パネッティーア)のことで、積極的になれずにいた。

デニスの親友リチャード”リッチ”マンチ(ジャック・カーペンター)は、卒業式で自分の気持ちをベスに伝えてしまうことを提案する。

そして卒業式当日、卒業生総代としてスピーチを始めたデニスは、リッチのアドバイス通り、ベスへの愛を告白してしまう。

ベスのボーイフレンドである、陸軍に入隊するケヴィン・マイケルズ(ショーン・ロバーツ)に恥をかかせ、リッチがゲイだとまで告白してしまったデニスは、 意外にもベスに好意的に受け入れられ、彼女を自宅のパーティーに招待する。

デニスは、ケヴィンに因縁をつけられて、痛めつけられそうになるものの、教師のグリーソン(アンドレア・サヴェージ)が現れ騒ぎを鎮める。

帰宅したデニスは、リッチと共にパーティーの仕度を始め、父親(アラン・ラック)に”男”になる心の準備をするよう言われる。

その後、ベスと親友のキャミー・アルコット(ローレン・ロンドン)、トリース・キルマー(ローレン・ストーム)が、”トヨタ・ヤリス”で現れる。

三人は自分達しかいないパーティーでシラケたムードの中、帰ろうとするが、そこにケヴィンが”ハマーH2”で現れ家に押し入る。

ケヴィンに襲われたデニスとリッチは痛めつけられるが、家から脱出してベスの車で逃走する。

5人は途中、ビールなどを買って楽しい時間を過ごし、デニスはベスの名前が、ハードロックファンの両親が、”キッス”の曲”ベス”から取って付けたことを知る。

その後、ベスの乱暴な運転で、デニスの両親が愛し合っている車に接触などしながら、5人はあるパーティーに向かう。

デニスは、その場にいたケヴィンに見つかり痛めつけられそうになる。

しかし、ベスがケヴィンの車で家に突入し、デニスらを救い学校に向かう。

追ってきたケヴィンらをリッチが撃退し、5人はトリースの父親のキャビンに向かうことにする。

ベスとデニスは、湖畔に朝日を見に行き、リッチは、キャミーとトリースに迫られて愛し合う。

医者になる勉強を始めるデニスに対し、ベスは自分の今後を悲観してしまう。

そんなベスをデニスは励まし、そして二人はキスをする。

自宅に送られたデニスは、両親に迎えられて謝罪し、ベスと同窓会での再会を約束して別れる。


解説 評価 感想 ■

*(簡略ストー リー)

学年でトップの成績のデニスは、親友のリッチのアドバイスを受けて、卒業式のスピーチで、憧れのクラスメイト、ベス・クーパーに愛の告白をしてしまう。
デニスは、意外にもベスに好意的に受け止められ、彼女を自宅のパーティーに招待する。
しかしデニスは、ベスのボーイフレンドで陸軍に入隊するケヴィンに因縁をつけられてしまう。
自宅でパーティーの準備をしたデニスとリッチは、現れたベスらを歓迎するものの、そこにケヴィンが現れ痛めつけられそうになる。
何とか難を逃れたデニスとリッチは、ベスの車で逃走するのだが・・・。
__________

秀才だが全く冴えない主人公の、淡い恋を描いた単なるラブ・コメディということで、新鮮味もなく、若者らしくない主人公ポール・ラストの風貌も今一の、クリス・コロンバス作品にしては平凡な作品。

破天荒なヒロインを演ずるヘイデン・パネッティーアに期待をかけたが、こちらも残念ながらインパクト不足は否めない。

主人公の友人役のジャック・カーペンターが、大の映画好きで、各映画の有名なシーンや名文句などが飛び出すところに興味ありと言ったところだろうか。

興行収入も北米で、製作費1800万ドルを回収できない1500万ドル弱に終わってしまった。

ヒロインの友人ローレン・ロンドンローレン・ストーム、乱暴なボーイフレンドのショーン・ロバーツ、主人公の両親アラン・ラックシンシア・スティーヴンソン、教師アンドレア・サヴェージ、コンビニの店員のサム・レヴァインなどが共演している。


That's Movie Talk! © 2020 Frontier Theme
Translate / 翻訳
Scroll Up