4350 Movies

アイ・アム・レジェンド I Am Legend (2007)

■ 作品情報へ ■
スタッフ・キャスト/製作年/製作費/上映時間/興行収入
・アカデミー賞
全ストーリー(結末あり)
解説(簡略ストーリー)
★★★☆☆

1954年に発表された、リチャード・マシスンの小説”I Am Legend”を基にした3度目の映画化。
ウィルス感染による人類絶滅寸前の状況下で、感染を食い止めようとする一人の科学者の戦いを描く、主演ウィル・スミスアリシー・ブラガ他共演、監督フランシス・ローレンスによるSF大作。


SF

ウィル・スミス / Will Smith 作品一覧


スタッフ キャスト ■
監督:フランシス・ローレンス
製作総指揮
マイケル・タドロス

アーウィン・ストッフ
デイナ・ゴールドバーグ
ブルース・バーマン

製作
アキヴァ・ゴールズマン
デイビッド・ヘイマン
ジェームズ・ラシター
ニール・H・モリッツ

原作:リチャード・マシスン
脚本
マーク・プロトセヴィッチ
アキヴァ・ゴールズマン
撮影:アンドリュー・レスニー
編集:ウェイン・ウォーマン
音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード

出演
ウィル・スミス:ロバート・ネヴィル
アリシー・ブラガ:アナ・モンテス
チャリー・ターハーン:イーサン
ダッシュ・ミホク:アルファ・メイル
サリー・リチャードソン:ゾーイ・ネヴィル
ウィロウ・スミス:マーリー・ネヴィル
エマ・トンプソン:アリス・クリピン博士

アメリカ 映画
配給 ワーナー・ブラザーズ
2007年製作 100分
公開
北米:2007年12月14日
日本:2007年12月14日
製作費 $150,000,000
北米興行収入 $256,386,220
世界 $584,155,430


*詳細な内容、結末が記載されています。
ストーリー ■
2009年。
あるウィルスを利用して新薬を開発したアリス・クリピン博士(エマ・トンプソン)は、それにより、癌を克服したことをテレビ・インタビューで語る。

2012年9月、ニューヨークマンハッタン
ウィルス感染で、世界の60億の殆どの人々が絶滅したのだが、元アメリカ陸軍中佐でウィルス学者のロバート・ネヴィル(ウィル・スミス)は、その場で唯一人生き残り、愛犬サムと共に”ワシントン・スクエア・パーク”の近くで日々を過ごしていた。

ネヴィルはその日も、日没と同時に厳重な戸締りをして身を潜める。
__________

3年前。
ニューヨークが感染源のウィルスを、ネヴィルは食い止められず、妻ゾーイ(サリー・リチャードソン)と娘マーリー(ウィロウ・スミス)だけを避難させて、ワクチン開発のために、自分は残る決心をする。
__________

...全てを見る(結末あり)


解説 評価 感想 ■

旧2作とは違い、本作は小説の原題をそのまま使っている。
参考:
・「地球最後の男」(1964年)
・「地球最後の男 オメガマン」(1971年)

*(簡略ストー リー)
2012年、ニューヨーク
ウィルス感染により世界の殆どの人々が絶滅し、元アメリカ陸軍中佐でウィルス学者のロバート・ネヴィルは、その場で唯一人生き残り、愛犬サムと暮らしていた。
ネヴィルは、3年前に発生したウィルス感染を食い止められず家族を失い、地下の研究室で感染を防ぐ血清を作ろうとしていた。
ネヴィルは、クリピン博士が開発したウィルスで感染し、凶暴化した”ダーク・シーカー”の女性を捕らえて、ワクチンを投与してみるが効果はなかった。
ある日ネヴィルは、”ダーク・シーカー”の罠にはまり傷を負い、愛犬サムが感染犬に噛まれてしまう。
ネヴィルのワクチンは効果がなく、彼は已む無くサムを絞め殺す。
唯一の家族のサムを失ったネヴィルは、”ダーク・シーカー”を退治しようとするものの、逆に襲われて、生存者のアナに助けられる。
アナは、生存者のいる場所に少年と向かおうとしていた。
ネヴィルは、科学者としての使命を果たすために街に残ることにするのだが、秘密だったはずの彼の家が、”ダーク・シーカー”に発見されてしまう・・・。
__________

ドル箱スターのウィル・スミス主演ということで話題になり、北米だけで約2億5600万ドル、全世界では約5億8400万ドルの興行収入をあげる大ヒットとなった、製作費1億5000万ドルをかけたSFアクション大作。

前作がロサンゼルスに対し今回はニューヨークに舞台が変わり、荒廃した街並みの様子は、実際に交通閉鎖して行われたシーンと、CG処理をされた映像とで見事に映し出される。

アクション場面はあるが、登場人物がほとんどいない中で、元軍人で科学者という設定のウィル・スミスが、ただのヒーローではなく、使命感に燃える人間味のある主人公として描かれ、彼もそれに応え、シリアスな演技に徹している。

但し、何でもCGで作れる現状を考えると、やや荒削りな「地球最後の男 オメガマン」(1971)の方が、現実味とストーリーに面白味があり、主演のチャールトン・ヘストンの、野性味溢れる主人公に軍配をあげたい気もする。

生存者の村に、主人公に託された血清を持参してたどり着くソニア・ブラガの姪アリシー・ブラガ、同行する少年チャリー・ターハーン、感染者の男性ダッシュ・ミホク、主人公の妻サリー・リチャードソン、その娘役で、ウィル・スミスの実の娘ウィロウ・スミス、ウィルスの開発者で、テレビ・インタビューのシーンのみの出演となるエマ・トンプソンなどが共演している。


Translate / 翻訳
Scroll Up
About TMT        Privacy Policy        Sitemap
That's Movie Talk! © 2020